天井板落下:温泉施設の浴場で女性が軽いけが--指宿 /鹿児島

http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20090221ddlk46040554000c.html

 指宿市営の温泉保養施設「レジャーセンターかいもん」(同市開聞川尻)で、浴場の天井板が、約5メートル下に落下し、客の女性(56)が足にすり傷など軽いけがをしたことが20日、分かった。市は28日まで営業休止し、補修点検を進める。

 市などによると、事故は15日午後6時ごろで、約20人が温泉を利用していた。落ちた天井板は3枚で、幅30センチ、長さ約2メートルから70センチのプラスチック製。天井板のすき間から入った蒸気で、内側の鉄骨が腐食し、ビスが外れたらしい。毎週水曜、職員が目視点検していたが、異変には気付かなかったという。

 市観光課の下吉耕一課長は「大変申し訳ない。安全管理を徹底し、二度とこのようなことが起きないようにしたい」と話した。センターは92年開業。事故が起きた部分は97年に増築された。【村尾哲】
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-02-21 00:00 | 鹿児島


<< 雑記帳:人吉温泉のおかみらが創... 大分の魅力、ネットで配信 >>