八代市:来年度の当初予算案、一般会計502億円 /熊本

http://mainichi.jp/area/kumamoto/archive/news/2009/02/27/20090227ddlk43010540000c.html

 八代市は26日、総額502億1400万円の09年度一般会計当初予算案を発表した。前年度より11億6200万円(2・4%)増えた。旧6市町村合併後は前年度比マイナスの緊縮予算が続いてきたが、景気や雇用対策に重点を置き、積極型に転じた。

 歳入のうち市税は137億9800万円で前年より3%減った。歳出では、特産の畳表加工促進などふるさと雇用再生特別基金事業で4500万円▽緊急雇用創出基金事業で2800万円--を盛り込んだほか、中小企業資金融資に備える預託金を前年度の5億円から8億円にした。

 その他の主な新規事業は、アサリ養殖に悪影響を与える八代海のエイ駆除など環境生態系保全事業費200万円▽関東地区での八代農産物PR事業費350万円▽日奈久温泉センター改築に伴う7月のオープニング関連経費350万円--など。【西貴晴】
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-02-27 15:00 | 熊本


<< 温泉学会:「世界遺産と温泉」テ... 一足お先。定額給付『ユーロ』の... >>