人気ブログランキング |

「人吉球磨」ご当地検定 4月19日 受験者を募集 国宝、焼酎、川下り… 熊本県・人吉商議所が初実施

http://www.nishinippon.co.jp/webclub/kimonoclub/event/20090214/20090214_0002.shtmle0113829_4381925.jpg

 人吉市の人吉商工会議所は、人吉球磨地方の歴史、文化などの知識を問う「人吉球磨検定」を4月19日に初めて実施する。同月25日からの蒸気機関車「SL人吉」(熊本‐人吉)運行を前に、多彩な魅力をもつ人吉球磨地方への関心を高めてもらうのが狙い。

 県内のご当地検定は「くまもと『水』検定」などに次ぎ4番目。今回は基本レベルの3級のみで行い、熊本市や人吉市などで受験できる。

 試験時間は90分。五肢択一で50問を回答、70点以上で合格となる。相良家700年の歴史や国宝・青井阿蘇神社などの観光地、11月に全線開通100周年を迎えるJR肥薩線沿線の産業遺産、球磨川の自然などが「出題範囲」になりそうだ。

 受け付けは3月27日までで、受験料は3150円(消費税込み)。今月20日には「人吉球磨検定公式テキストブック」(2100円)も販売されるほか、郷土史家による講座など1泊2日の直前対策セミナーもある。

 1、2級は来年度以降の実施を予定。問い合わせは検定事務局・マインド=096(324)7600。

【写真】国宝に指定された青井阿蘇神社。人吉球磨検定でも出題が予想される

=2009/02/14付 西日本新聞朝刊=
by mo_gu_sa | 2009-02-14 00:00 | 熊本


<< 高岡選手と走ろう 4月、佐賀市... 温泉名人の県警警務部長 200湯制覇 >>