朝風呂大好き同好会:マナーアップ図り安全入浴--小郡の温泉 /福岡

http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20090215ddlk40040221000c.html

 ◇「心遣いで気持ちいい」

 小郡市二森の市総合保健福祉センター・あすてらす内の温泉「満天の湯」で、入浴のマナーアップを図り、安全な入浴方法を広める活動をしているグループがある。小郡大刀洗広域シルバー人材センターの会員有志25人でで作る「朝風呂大好き同好会」。結成から1年を迎え、14日、満天の湯で記念例会を開いた。

 満天の湯は年間約18万人が利用する人気の温泉。会員たちは、入浴客が気持ちよく温泉を利用できるよう、洗面器や椅子の片付けなどを率先して実施。入浴時の健康管理にも気を配り、冬場は急激な温度変化を体に与えないよう、足先からのかかり湯などを入浴客に勧めている。

 昨年は、湯につかりすぎて気を失った高齢者3人を救助したという。このため、記念例会では、会員全員が自動体外式除細動器(AED)の操作や心肺蘇生法を習得し、安全な入浴に役立てることを決めた。

 真田勝会長(68)は「温泉はくつろぎの場。お互いのちょっとした心遣いで、さらに気持ちがいい温泉になると思う。『満天の湯』を日本一マナーがいい温泉にしたい」と張り切っている。【松尾雅也】

==============

 ◇温泉での主な心遣い

 (1)洗い場を使った後はせっけんの泡を流し、洗面器は伏せて置く
 (2)湯船につかる前にかかり湯をする
 (3)タオルを湯船につけない
 (4)上がる際は体をふいて脱衣所へ
 (5)節水を心掛ける
 (6)裸で歩く時は前を隠す

〔筑後版〕

毎日新聞 2009年2月15日 地方版
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-02-15 14:01 | 福岡


<< 薬石ミネラル湯:18日にオープ... 別府アジアビエンナーレ 各国か... >>