人気ブログランキング |

春の彩り 温泉客出迎え ケイオウザクラが満開 玉名市

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/76328e0113829_12339.jpg

 玉名市天水町の温泉施設「草枕温泉てんすい」の玄関口で、展示用のケイオウザクラが早くも満開となった。淡紅色の花々の“お出迎え”に、来館者は一足早い春の訪れを感じている。2月下旬まで見ごろ。

 ケイオウザクラは「支那桜桃(しなおうとう)」と「彼岸桜」を交配した品種。露地栽培では3月中旬ごろに開花するが、同施設は毎年、促成栽培で開花を早めた桜を飾っている。

 展示用は長さ約3メートルに枝切りした。付近にはひな壇も飾り付けて、早春の雰囲気を彩っている。ケイオウザクラは地元特産の「てんすい桜」と銘打って、施設内で切り花を販売している。

【写真】見ごろを迎えたケイオウザクラ

=2009/02/10付 西日本新聞朝刊=
by mo_gu_sa | 2009-02-10 00:58 | 熊本


<< シカ肉 8割超「おいしい」 県... 別府現代芸術フェスタ:4月11... >>