SL人吉:知って! PRグッズ続々登場--人吉市 /熊本

http://mainichi.jp/area/kumamoto/news/20090204ddlk43040724000c.html

 4月25日に運行が始まる「SL人吉」(熊本-人吉間)をより多くの人に知ってもらおうと、人吉市や人吉温泉観光協会などが「SLグッズ」を続々と作製し、PR活動に力を入れ始めた。

 人吉温泉観光協会と県球磨地域振興局などで作る肥薩線100周年記念実行委員会は、九州新幹線やSL人吉の客車のデザインを手がけた水戸岡鋭治氏(東京都)に依頼した特製ののぼりを450本作った。人吉駅前や市中心部で掲げる予定。また、沿線の観光地などを紹介する観光リーフレットも12万枚作製し、九州各県のJRの駅などで配布する。

 国宝・青井阿蘇神社とSLのイラストが入ったうちわ、SLをかたどったミニマグネットも完成した。現在は旅行業界関係者向けの宣伝用で非売品だが、4月25日の一番列車の乗客に記念品として配る予定という。

 人吉市観光振興課は「SL運行を観光振興につなげたいが、特に県外での認知度が低い。JRなどと協力してSL人吉の存在を広めたい」としている。【高橋克哉】

毎日新聞 2009年2月4日 地方版
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-02-04 17:03 | 熊本


<< 自然界の刺激による「ヒト」生体... 「温泉玉子丼」を指宿名物に、飲... >>