人気ブログランキング |

ひな飾り:江戸時代の人形、表情の違い楽しんで--八代市であすから /熊本

http://mainichi.jp/area/kumamoto/news/20090130ddlk43040629000c.html

 八代城主だった松井家に伝わる資料などを集めた八代市北の丸町の「松濱軒(しょうひんけん)」で、31日から始まる江戸時代のひな飾り展示の準備が続いている。ひな祭りシーズンの恒例行事で、3月末まで。

 松井家は肥後細川藩の家老で八代城を預かった。ひな飾りは嫁いできた女性が持ち込んだり、女児誕生時にあつらえたもので、家具や調度品のミニチュアなど約100点を展示する。

 市内の商店街や日奈久温泉街などを会場に開かれるイベント「城下町やつしろのお雛(ひな)祭り」の一つ。担当者は「現代の人形と見比べ、表情の違いなどを楽しんでほしい」と話している。

 一般300円、小中学生150円。月曜休館。松濱軒0965・33・0171。

毎日新聞 2009年1月30日 地方版
by mo_gu_sa | 2009-01-30 16:01 | 熊本


<< 観光キャンペーン:ガチャぽんで... 別府で禁煙ツアー >>