人気ブログランキング |

レジオネラ菌:安全衛生管理を一元化 玉名市が対応策 /熊本

http://mainichi.jp/area/kumamoto/news/20081030ddlk43040463000c.html

 玉名市は市営温泉施設で有害なレジオネラ菌などが見つかった問題で、施設の安全衛生管理を一元化するなどの対応策をまとめた。

 レジオネラ菌などは市内7施設のうち3施設から検出された。ところが、施設管理は市民福祉課、商工観光課、各総合支所などに分かれ、安全衛生対策はバラバラだった。検討の結果、衛生管理の担当を健康保険課と決めた。また、定期点検のためのチェックシートや緊急連絡体制の整備など統一マニュアルを作成し、職員の安全管理教育も実施する。

毎日新聞 2008年10月30日 地方版
by mo_gu_sa | 2008-10-30 16:01 | 熊本


<< 福岡嬉野のバス便試行 韓国観... 韓国人集客へ 嬉野直通バス 下... >>