人気ブログランキング |

福願い もちまき 玉名・立願寺温泉稲荷神社 37年ぶり初午大祭復活 熊本市ではロアッソ選手も

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/kumamoto/20080213/20080213_004.shtmle0113829_12461473.jpg

 県内の稲荷(いなり)神社で12日、初午(はつうま)大祭があった。玉名市の立願寺温泉稲荷神社は37年ぶりに大祭が復活し、熊本市の高橋稲荷神社ではJリーグ2部(J2)のロアッソ熊本の選手が参加。参拝客は商売繁盛や家内安全を祈願した。

 立願寺温泉稲荷神社は現在、新築移転の工事が進められ、拝殿が上棟したことに合わせて大祭があった。大祭は1971年の台風で参道が崩壊して以来、行われていなかった。玉名温泉観光旅館協同組合などが新築移転を計画、昨年7月から約100メートル東側の土地への新築工事が行われている。この日は約300人が訪れ、縁起物のもちまきを楽しみ、豚汁やぜんざいを味わった。

 高橋稲荷神社には、約7万一1000個の福もちを求めて多くの参拝客が集まった。ともに大津高校出身でロアッソ熊本の山口武士選手とルーキーの網田慎選手がもちまきをして、スポンサーの和菓子「武者がえし」を境内で配り、交流を深めた。

【写真】熊本市の高橋稲荷神社の初午大祭ではロアッソ熊本の選手たちも参拝客に和菓子を配った

=2008/02/13付 西日本新聞朝刊=
by mo_gu_sa | 2008-02-13 17:25 | 熊本


<< 小浜市でフィーバーする「スーパ... 小浜温泉あげてオバマ候補応援!... >>