人気ブログランキング |

30泊で全国一周バスの旅 JR北海道が募集

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080203/trd0802031854011-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080203/trd0802031854011-n2.htme0113829_1591961.jpg

【写真】全国一周バスの旅に出発するJR北海道バス=札幌市中央区

 JR北海道は3月19日から4月18日まで30泊31日の日程で、北海道から鹿児島県までを走破する「全国一周バスの旅」を企画し、参加者を募集している。約7200キロのうち、津軽海峡など一部を除き、大半をバスで移動する強行軍。平成4~18年に15回実施し、昨年は行わなかったが、「旅の道連れで親しい友達ができた」「30泊で体力の自信がついた」など再開を望む声が寄せられた。評判に押され、コースをリニューアルし、2年ぶりに走ることになった。

 旅は札幌市を起点に、最初の宿は7月に主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)が行われる洞爺湖町のザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ。行きは主に日本海側を南下、新潟県から内陸に入り、日光東照宮(栃木県)、白川郷(岐阜県)、五箇山(富山県)などを回る。8日目は石川県和倉温泉の有名旅館「加賀屋」に宿泊。世界遺産の石見銀山(島根県)を通り、16日目にコースの最南端・鹿児島県指宿温泉に到達する。

 帰りは宮島・厳島神社、原爆ドーム(いずれも広島県)から四国を経由し、姫路城(兵庫県)、法隆寺(奈良県)、熊野古道(和歌山県)などを巡り、太平洋側を北上しながら桜前線を追いかける。東京での宿泊は帝国ホテルだ。

 全国14カ所の世界遺産のうち9カ所を訪れ、有名な温泉旅館や各地の高級ホテルに泊まり、海の幸、山の幸を堪能する。

 長旅のため途中、4回の健康診断を行うほか、運転手は2人1組で4チームが交代。訪問先の地元のバスガイドやベテラン添乗員が案内する。「参加者の体調や興味を見ながら案内方法やイベントを随時変える」(西村貴文・JR北海道鉄道事業本部国内旅行企画グループチーフ)という。

 過去15回の参加者は延べ553人、平均年齢は66・7歳。「毎回、OB会ができ、時々懇親会を開いている。その中にはやり遂げた感激からリピーターになる人も多い」(竹谷英一・同本部営業課長)そうだ。

 今回は、前半の18泊19日が終わる福岡県から飛行機で北海道に戻る「満喫! 日本海の幸とぐるり九州19日間」を設定。また、札幌駅4月3日発のリゾート寝台特急「トワイライトエクスプレス」で京都駅まで行き、1泊の後、東海道・山陽新幹線で北九州市に入り、本体に合流する15泊16日の「ぽかぽか太平洋名所めぐり16日間」も用意されている。

 3つのコースの全員が集まる4月5日には北九州市で盛大なパーティーも予定している。

 費用は全行程2人で参加した場合、毎日3食付きで1人120万円。1人でも参加できる。問い合わせは(電)011・219・5489。
by mo_gu_sa | 2008-02-03 18:54 | その他


<< 事件は実在の温泉地で起きている... 湯気に漂う 甘夏の香り 水俣・... >>