人気ブログランキング |

朝顔でつながろう 日比野さん、杖立で交流

http://kumanichi.com/news/local/index.cfm?id=20070825200014&cid=maine0113829_12103775.jpg

 朝顔の種で全国の人と地域をつなげる「明後日(あさって)朝顔プロジェクト」を提唱する美術作家の日比野克彦さんが二十四日、阿蘇郡小国町の杖立温泉を訪れ、同プロジェクトに賛同して地域で朝顔を育てている地元住民らと交流した。

 同プロジェクトは二〇〇三(平成十五)年、新潟県十日町市で始まり、住民が育てた朝顔の種を別の地域に運ぶ形で全国に波及した。今年は十県十四地域に広がり、中でも熊本は十二月から日比野さんの個展を開く熊本市現代美術館の呼び掛けで、同市と天草市、杖立温泉の三地域が参加。商店街や陶磁器の窯元などで朝顔を育てている。

 交流会は同プロジェクトや日比野さんの個展について知ってもらおうと、地元の「杖立朝顔プロジェクトX」(石橋範敏代表)と同館が企画。杖立温泉の土産品開発に取り組む熊本市の熊本デザイン専門学校生や住民ら約八十人が参加した。

 日比野さんは学生らとともに、朝顔が育てられている広場や橋を見学した後、旧下城小学校杖立分校でプロジェクトの経緯や趣旨を説明。「朝顔の種は、育てた人たちの思いを時間と空間を超えて届ける船。花を咲かせるだけでなく、種を採って別の地域に届けることを大切にしたい」と語った。(小林義人)

【写真】明後日朝顔プロジェクトについて説明する日比野克彦さん=阿蘇郡小国町の下城小学校杖立分校跡
by mo_gu_sa | 2007-08-25 20:28 | 熊本


<< 江戸時代の「旅」紹介 武雄市図... ヤフードームを“大分一色”に ... >>