人気ブログランキング |

肥薩おれんじ鉄道:日奈久温泉駅、ホッとハート南九州最優秀賞に /熊本

http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/kumamoto/news/20070703ddlk43040025000c.html

 八代市の肥薩おれんじ鉄道日奈久温泉駅が、南九州観光調査開発委員会(委員長、石原進・JR九州社長)の「ホッとハート南九州キャンペーン」で最優秀賞に選ばれた。窓口業務を受託している地元の女性グループ「日奈久おきん女(じょ)会」の“もてなしの心”が評価された。メンバーは「心地よく利用できる駅を引き続き目指したい」と話している。

 日奈久温泉駅は八代駅などとともに、04年3月のおれんじ鉄道開業当初からNPO法人・ネット八代が窓口業務を受託している。「おきん女会」は日奈久温泉駅の担当として昨年12月に独立した。毎週水、木曜を除く午前7時50分から午後3時40分まで、60代の女性6人が交代で切符を売ったり、駅舎の清掃などにあたっている。

 同委員会は九州の行政や観光関係者などで構成しており、表彰は今年で3回目。昨年11月~今年3月、鹿児島、宮崎、熊本県内の宿泊施設や交通機関などの利用者からメールやはがきで寄せられたエピソード計952件について、委員16人が審査した。同駅は、列車の運休を知った急ぎの乗客を最寄りのバス停まで送ったり、待ち時間にお茶が出たりといった心温まる応対が評価された。

 「おきん女会」の佐藤タエ代表(60)は「メンバーは主婦ばかりで、我が家に来た客のように利用者をもてなしている。会話が弾み、使ってよかったなあと思われる駅をこれからも目指したい」と話している。【西貴晴】

毎日新聞 2007年7月3日
by mo_gu_sa | 2007-07-03 17:01 | 熊本


<< 開催地・蔵王テーマにシンポ 日... 温泉施設の安全対策検討へ=東京... >>