『観光医療』で学会設立 独協医大と日光東照宮 来月9日に学術総会

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20100917/CK2010091702000066.htmle0113829_1253959.jpg

 外国人観光客らを対象とした「観光医療」が広まっていることを受け、独協医科大(壬生町)は日光東照宮と連携し、社団法人「国際観光医療学会」を設立した。日光東照宮で十月九日に第一回学術総会が開かれる予定で、病院や介護施設、旅行会社などの関係者が多数出席するという。

 同大は日光医療センター(日光市高徳)に四月、鬼怒川温泉などの恵まれた観光資源を生かし、全国でも珍しい「観光医療科」を新設した。中国人看護師を常駐させて「ホテル宿泊型人間ドック」を実施し、これまでに中国人二人が受診。帰国後のケアのため上海の病院と協定も結んだ。

 同学会副理事長を務める日光医療センターの中元隆明病院長は「国際的視野に立って、諸般の課題に対する研究発表や情報交換の場にしたい」と総会に向けた意気込みを唱え、日光東照宮の稲葉久雄宮司は「観光医療は時代を先取りした取り組み。地域振興につながっていくことを期待する」と話した。 (宮本斎)

【写真】来月の総会に向けて抱負を語る中元病院長=日光市で
[PR]
by mo_gu_sa | 2010-09-17 00:00 | その他


<< ニホンイシガメ一緒に守ろう “... 「悪人」など11作品をござで寝... >>