別府の女性絞殺:あすから市道封鎖 防犯カメラ、街灯を設置 /大分

http://mainichi.jp/area/oita/news/20100923ddlk44040602000c.html

 別府市明礬(みょうばん)の雑木林で、神戸市の看護師、横手宏美さん(28)の絞殺体が見つかった事件を受け、市や地元自治会、観光団体は22日、対策会議を開き、現場周辺の無人の露天温泉「鍋山の湯」「へびん湯」へ続く市道を24日午後2時から封鎖することを決めた。防犯カメラや街路灯などを設置した後、解除を検討する。

 この日開かれた「明礬地区秘湯防犯対策関係者会議」では、市が取りまとめた防犯対策案を説明。当面、国道500号から約700メートル入った地点にフェンスを設置して車両通行止めにした後、防犯カメラを計3基設置する。街路灯計6基も新設・改修することなどを説明した。また、夜間や女性だけでの立ち入りを注意する日本語と英語の看板を計4カ所に設置するという。

 高性能の防犯カメラを設置するためには新たに電線が必要。電線設置工事の時間を含め、通行止め解除までには少なくとも数カ月はかかる見通しだという。【祝部幹雄】

毎日新聞 2010年9月23日 地方版
[PR]
by mo_gu_sa | 2010-09-23 15:23 | 大分


<< 3年間で400カ所巡った! 佐... 「ザビエルの道」 たどろう先人の歩み >>