雑記帳:謎の組織が食べ歩きラリー 大分・別府

http://mainichi.jp/life/today/news/20100324k0000m040129000c.htmle0113829_3441888.jpg

 大分県別府市の名物B級グルメを日夜調査している謎の組織「とり天Bメン」と「冷麺団」が23日、おすすめの25店を食べ歩く「ビンゴラリー」を始めると発表した。

 二つの組織は、年齢、職業不詳の市民らで構成。ビンゴゲーム方式のスタンプ帳で1列分5店を制覇すると特製缶バッジ、全店制覇すると巨大な金の缶バッジをもらえる。

 別府の魅力は、複雑に入り組んだ路地裏と、そこに息づく温泉と飲食店の雑然としたにぎわい。好みの店に出会えたら、まさにビンゴ?! 【祝部幹雄】

【写真】とり天&冷麺ビンゴラリーのPRに向けて気勢を上げる冷麺団(手前)ととり天Bメン(奥)ら=大分県別府市で2010年3月23日、祝部幹雄撮影

毎日新聞 2010年3月24日 0時28分
[PR]
by mo_gu_sa | 2010-03-24 00:28 | 大分


<< 別府の熱意結実 県内初の文化庁... 下呂温泉の河原露天風呂で水着着... >>