湯平にマドンナ集まれ/来月婚活イベント

http://mytown.asahi.com/oita/news.php?k_id=45000001002270002e0113829_2349397.jpg

 映画「男はつらいよ」のロケ地にもなった由布市湯布院町の湯平温泉で3月14日、婚活イベントが開かれる。その名も「湯平の“男はつらいよ”マドンナ大集合」。温泉地の男性たちが独身女性(20~45歳)を募集している。(黒川真里会)

 湯平温泉は歴史も古く、旅館業の独身男性は3、4代目になる。出会いの場は少なく、女性客は大勢訪れるが、接客業のプロとしてはプライベートで声をかける機会はない。湯平温泉観光協会の二宮謙児事務局長は「寅さんのように魅力的な男性が多いが、寅さんと同じように女性と縁遠いことが、地域の悩みの一つでした」と話す。

 そこで“マドンナ”との出会いを求め、ホワイトデーに婚活パーティーを企画した。地元の料理人が地元の食材を使って、腕をふるった料理が並ぶ。温泉地らしく、卓球などのゲームも計画中。女性参加者には、ボンネットバスによる送迎や、女将(おかみ)さんたちが手作りした人気商品「ゆのひらんアイス」も贈られ、男女の出会いだけでなく、湯平の魅力も味わってもらう。

 1982年に公開された30作目には、湯平駅で寅さんとマドンナがベンチに座り、恋愛について語る場面がある。撮影に使われたベンチを、「縁結びのベンチ」と名付け、イベントのシンボルにした。普段は駅構内に設置しているベンチを、会場内に持ち込み、カップルが成立したら座ってもらう。

 二宮さんは「古き良き湯治場の雰囲気があるからこそ、当時もロケ地となった。今でも残るその風情を、若い女性にも肌で感じてほしい」。参加する男性約15人は、湯平など旧湯布院町に在住の20~30代で、旅館業や会社員など。募集しているのは女性参加者のみ。応募方法などの問い合わせは湯平温泉観光総合事務所(080・1786・8134)へ。

【写真】JR湯平駅にある縁結びのベンチ。映画「男はつらいよ」の撮影で使用された=由布市湯布院町
[PR]
by mo_gu_sa | 2010-02-27 00:00 | 大分


<< 由布院温泉観光協会 米軍訓練の... 【全国国民宿舎巡り】異国情緒あ... >>