人気ブログランキング |

越冬の喜び 阿蘇にあふれ 13日から7市町村で「火まつり」 火振り神事や新酒を堪能

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/149969e0113829_016344.jpg

 阿蘇地域に早春の足音を告げる「阿蘇の火まつり」が、13日-3月14日に高森町である「第22回新酒とふるさとの味まつり」を皮切りに、各地で始まる。阿蘇市と阿蘇郡6町村、阿蘇広域行政事務組合による実行委の主催。越冬の喜びが地域を包む。

 新酒とふるさとの味まつりは、高森町内の飲食店や宿泊施設で地元の新酒と一品料理を楽しんでもらう催し。この間、南阿蘇鉄道は2月13、20、27日の各土曜日、乗客が新酒を味わえる特別列車を走らせる。

 3月は夜の斜面に火文字を浮かばせる「阿蘇の大火文字焼き」(13日、阿蘇市)、神様の婚儀を祝う「火振り神事」(23日、阿蘇市・阿蘇神社)など、多くの観光客を呼ぶ祭りが続く。

 このほか、期間中は次の催しが行われる。

 山ノ神まつり(3月中旬-下旬、西原村・萌の里周辺)=山開き神事、夜の野焼きなど▽神楽とそば手打ち体験交流(同21日、阿蘇市波野)▽南阿蘇桜さくら植木まつり(3月下旬-4月上旬、南阿蘇村)▽杖立温泉鯉(こい)のぼり祭り(4月1日-5月上旬、小国町)▽うぶやま健康ウオーキング(5月上旬、産山村)▽鍋ケ滝ライトアップ(5月1日-5日、小国町)▽南阿蘇さわやかウオークinアスペクタ(5月下旬、南阿蘇村)

 問い合わせは実行委事務局=0967(24)5117。

【写真】多くの観光客が見守る中で行われる阿蘇神社の「火振り神事」(昨年の神事から)

=2010/02/02付 西日本新聞朝刊=
by mo_gu_sa | 2010-02-02 01:10 | 熊本


<< 夫婦にっこり「人間おひな」 ひ... 日本一なが~い足湯、雲仙にオープン >>