総務省「ふるさとケータイ創出推進事業」の2009年度実施先3件を採択

http://mainichi.jp/life/electronics/cnet/archive/2009/08/31/20399131.html

 総務省は2009年度に実施する「ふるさとケータイ創出推進事業」の委託先を決定した。

 ふるさとケータイ創出推進事業は、携帯電話を活用して、地域の高齢者や児童の安全・安心をサポートするサービスだ。2009年度は総事業費1億5000万円を計上し、地方再生に資するテーマの事業を、4月10日から5月15日までの間、各市町村から公募していた。

 その結果、委託先に選定されたのは、全国の自治体3団体。「市内の店舗や企業情報をまとめたオホーツクポータルサイトの構築」(北海道紋別市)、「軽症の糖尿病患者に対する在宅健康サービスの構築」(石川県能美市)、「温泉街の観光客に対する観光・イベント情報の配信サービスの構築」(石川県七尾市)の3件が採択された。

2009年08月31日 11時59分
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-08-31 11:59 | 温泉一般


<< 長湯温泉街に大きな招き猫 べっぷ浜脇薬師祭り 「花魁道中」 >>