べっぷ浜脇薬師祭り 「花魁道中」

http://www.oita-press.co.jp/localNews/2009_125159659616.htmle0113829_201673.jpg

 「べっぷ浜脇薬師祭り」の名物行事「花魁(おいらん)道中」が29日夜、別府市の市営浜脇温泉周辺であった。地元名士らが花魁や芸者にふんして練り歩き、多くの見物客でにぎわった。
 メーンの花魁役は「別府太夫」の浜田博市長と「浜脇太夫」の田代幹雄・浜脇記念病院長。市幹部や地域の代表、留学生ら20人が芸者や男衆などになった。
 地元の旅館「二幸荘」の主人、近(ちか)馨(かおる)さんの化粧であでやかに着飾った一行が登場すると、見物客は大喜び。ゆっくりと進む一行にカメラのフラッシュを浴びせ、歓声を上げていた。
 祭り最終日の30日は午後7時半から、薬師音頭大会がある。

【写真】華やかな衣装で練り歩く参加者=29日午後8時半ごろ、別府市
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-08-30 10:42 | 大分


<< 総務省「ふるさとケータイ創出推... やはり景色が売り 飯田高原の観... >>