きじ馬、ゆるキャラに変身 熊本・人吉温泉観光協会

http://www.asahi.com/national/update/0731/SEB200907310028.htmle0113829_13482648.jpg

 熊本県人吉市の人吉温泉観光協会(尾方芳樹会長)は31日、郷土玩具「きじ馬」をモチーフにした着ぐるみのマスコットキャラクターを発表した。名前は公募する。県外での観光宣伝や市内の祭りや催しで活躍してもらう。同協会の北昌二郎さんは「ゆるキャラブームに乗り、観光キャンペーンに役立つ華のある存在に育ってほしい」と期待する。グッズも作る計画だ。

 きじ馬は、鳥をかたどった車輪付きの木製玩具。赤、黄、緑の鮮やかな色づかいが特徴だ。源平合戦で敗れた平家の落人が人吉球磨の山あいに隠れ住み、作り始めたと言い伝えられている。愛称公募の問い合わせは同協会(0966・22・5610)へ。

【写真】きじ馬のマスコットキャラクター=人吉市役所別館
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-08-04 19:16 | 熊本


<< 八代・日奈久温泉「本湯通り」 ... 泉都にどう生かす 「現代芸術フ... >>