おおいたCampusCafe:別府でまちづくり講演会 地域活性化って /大分

http://mainichi.jp/area/oita/news/20090716ddlk44100522000c.html

 別府市の竹瓦温泉2階で7月4、5の両日「まちづくり×インターンシップチャレンジプロデューサー講演会」が行われた。別府まちづくり推進委員会の主催で、学生の参加者がほとんど。NPOなど6団体の話に聴き入った。

 NPO「G-net」の秋元洋治さんが進行役になり、各講師に「そもそも、地域活性化ってどういうこと? どうなれば成功といえるのか」などと質問。株式会社「ハウインターナショナル」の正田英樹さんは「活動している本人はがんばっているが、周りの住民は自分には関係ないと思っているケースが少なくない。一部の人が一部の人のためだけに行ってもだめだ」と答えていた。

 講師も学生も真剣な目で、メッセージを伝えようとし、また、感じようとしていた。(文と写真、芸短大・中島公大)

毎日新聞 2009年7月16日 地方版
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-07-16 00:00 | 大分


<< 新幹線開業控え 県筑後公園に8... 療養効果を研究、温泉PRへ連携... >>