人気ブログランキング |

県関心度:スザンヌさん効果で上昇も…九州・沖縄で依然6位--近畿、中国 /熊本

http://mainichi.jp/area/kumamoto/news/20090613ddlk43040556000c.htmle0113829_15104846.jpg

 県は、九州新幹線全線開業をにらんだ「KANSAI戦略」でターゲットとしている近畿圏や中国地方の人たちが、熊本県をどう見ているかを探ったイメージ調査結果を公表した。熊本への関心度は、前回調査(07年1月)より大きく高まったものの、九州・沖縄の中では6位と下位に甘んじている。

 調査は県立大に委託し、3月中旬の1週間、インターネットで実施された。大阪府や京都府、兵庫県、岡山県、広島県の計700人から回答を得た。

 「興味・関心がわく」は21%で、前回調査より8ポイント上がった。タレントのスザンヌさんを「県宣伝部長」に起用したことや、蒲島郁夫知事によるトップセールス、九州全体で関西圏に向けたPRを強めたことが要因とみられる。ただ各県とも上昇しており、順位は前回と同じ6位だった。

 九州各県のイメージを比べると、熊本は「山がよい」で断然トップ、「水がおいしい」や「雄大な感じ」でも1位だった。「温泉がよい」は大分に次ぐ2位。「食べ物がおいしい」は6位と低く、「歴史を感じる」や「文化を感じる」は長崎や鹿児島などに続く4位、5位にとどまった。

 県くまもとブランド推進課は「関心度が上昇したのはうれしいが、各県とも上がっており、まだまだ頑張らないといけない」と気を引き締めていた。【笠井光俊】

【写真】熊本県「宣伝部長」としても活躍するスザンヌさんだが…。
by mo_gu_sa | 2009-06-13 19:39 | 熊本


<< 知りたい:宮若の福岡藩犬鳴御別... 壁画:別府の「混浴温泉世界」出... >>