<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大分)温泉に毎日 疾病予防の可能性大 九大など調査

http://www.asahi.com/articles/ASG585D46G58TPJB010.htmle0113829_13545853.jpg

 別府市と市医師会、九州大病院別府病院が65歳以上の市民2万人に実施した温泉と健康に関するアンケートで、温泉に毎日入る人は過去に高血圧や腎臓病、うつ病などにかかった例が少なく、これらの疾患が予防できる可能性があると報告した。医療専門家は「同様に例が少ない不整脈やぜんそく、糖尿病は現段階で医学的に説明しにくく、意外な結果だ」とも述べた。

 前田豊樹・同病院准教授(内科)らが市役所で報告。昨年5月は、代表的な14疾病のうち心疾患や脳卒中の既往者が少ないと公表したが、今回は毎日入る人とそうでない人の病気にかかった割合も男女で異なり、男性は腎臓病、女性はうつ病で毎日入浴した人の罹患(りかん)率が特に低いといった傾向が表れたという。「まだ医学的に説明しにくい部分がある」とし、今後の研究に委ねた。

 今回の結果は11日に京都市で始まる温泉や医学に関する国際学会で報告する。

【写真】アンケートの報告をする九州大病院別府病院内科の前田豊樹准教授(右)ら=別府市役所
[PR]
by mo_gu_sa | 2014-05-09 03:00 | 温泉一般

「温泉」と「健康」の関係は?

http://www.tostv.jp/news/index.php?nno=15153

 温泉と健康との関係について別府市などが8日に新しい調査結果を報告しました。温泉に毎日入っている人はそうでない人に比べうつ病や喘息など8つの病気になる割合が低くなる可能性があることということです。

 九州大学病院別府病院や別府市では温泉と健康との関連性を調べるため65歳以上の市民2万人を対象に平成24年温泉に入る頻度や入浴時間、これまでかかった病気などについてのアンケートを実施しました。

 平成25年に行われた報告では毎日温泉に入る人はそうでない人に比べ脳卒中や心筋梗塞、狭心症になる割合が低くなる可能性があるとされていました。

 8日の中間報告ではこれに加えうつ病や喘息、不整脈、糖尿病それに腎臓病や高血圧になる割合も低くなる可能性があることが分かりました。

 また40年以上毎日温泉に入り続けている人は男性の腎臓病と女性の不整脈で10年未満の人よりも病気にかかる割合が低いことや単純温泉とそのほかの温泉など利用する泉質によって効能がある病気が違う可能性も明らかになったといいます。

 別府市などでは今後市内に10種類ある泉質ごとの効果や入浴時間との関連など詳しい分析を行い平成27年3月に最終的な報告を行うことにしています。
[PR]
by mo_gu_sa | 2014-05-08 18:00 | 温泉一般

おんせん県 新CM制作へ

http://www.tostv.jp/news/index.php?nno=15152

 ユニークな演出などが話題となった「おんせん県おおいた」のコマーシャルなんですが県は8日に新たなコマーシャルを制作すると発表しました。

 平成25年、県が制作し福岡や関西などのテレビで放送された「おんせん県おおいた」のコマーシャルはそのユニークな演出で話題を集めました。

 また、商標登録をめぐる一連の騒動は多くのメディアで取り上げられ広告効果は平成26年3月まででおよそ11億7300万円に上るということです。

 こうした中、広瀬知事は8日の会見で「おんせん県おおいた」の新たなコマーシャルを制作すると発表しました。総事業費は5500万円で9月までに制作し福岡と関西のテレビで放送する予定だということです。
[PR]
by mo_gu_sa | 2014-05-08 00:00 | 大分