<   2012年 03月 ( 63 )   > この月の画像一覧

温泉熱発電で携帯電話の充電

http://www.nnn.co.jp/today/120331/20120331081.html

兵庫県新温泉町の湯村温泉で31日、温泉熱発電で携帯電話を充電するサービスを開始。
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-03-31 16:35 | その他

別府八湯温泉まつり:厳かに採火 きょう扇山でともす /大分

http://mainichi.jp/area/oita/news/20120331ddlk44040646000c.html

 湯の町に春を告げる別府八湯温泉まつりが30日、開幕した。別府市朝見の八幡朝見神社に市や観光業界、自治会代表らが集まり、開会神事。温泉神社の祭神に浜田博市長らが温泉を捧げ、神職が昔ながらに木製の火きりで火をおこした。

 採火した神火は31日午後6時半、扇山である火まつりで使われる。市内各地の高台などから見られ、今年は市中心部の海門寺公園でジャズ演奏と共にライブ映像も楽しめる。

 4月3日まで。雨天時などの問い合わせは090・2087・3673。【祝部幹雄】

毎日新聞 2012年3月31日 地方版
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-03-31 15:13 | 大分

温泉療養の拠点に 「御前湯」新装オープン

http://www.oita-press.co.jp/localNews/2012_133315857341.htmle0113829_19455334.jpg

 竹田市直入町の長湯温泉療養文化館「御前湯」が30日、リニューアルオープンした。
 同施設は1998年に造られ、市内外から多くの温泉客が訪れている。建物の一部が老朽化したため、2月から休館して外壁の塗装を施したり、シロアリ被害のあった柱を取り換えたりした。事業費は約2100万円。
 現地であった記念セレモニーには地域住民ら約30人が集まり、首藤勝次市長らが「温泉療養の拠点として役割を果たすと同時に、多くの人に愛される施設になると期待している」とあいさつ。くす玉を割って祝った。
 4月1日までの間、来館者全員に無料入浴券を配る。

【写真】くす玉を割って祝う関係者ら=30日
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-03-31 10:47 | 大分

日南観光の窓口一本化 温泉事業は北郷町協会へ

http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=44771&catid=5&blogid=2e0113829_1943030.jpg

 日南市の北郷町温泉観光協会(理事長・倉岡清美副市長)は4月、温泉事業と観光事業のうち、観光事業を日南市観光協会(清水満雄会長)に移管・統合し、北郷町温泉協会に名称を変更する。温泉協会は温泉供給、施設管理事業のみを引き継ぐ。市観光協会は昨年3月に南郷町観光協会と合併しており、窓口の一本化によって日南観光の強化を狙う。

 北郷町温泉観光協会は1978(昭和53)年、同町大藤に開設した北郷温泉郷の施設管理・運営を目的に財団法人として設立。猪八重渓谷が森林セラピー基地の認定を受けるなど、徐々に観光事業を担うようになった。

【写真】北郷町温泉観光協会が協賛した昨年8月の北郷温泉広渡まつり。来年度からは祭りなどの観光イベントは市観光協会の事業の一環となる
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-03-30 19:38 | 宮崎

別府八湯温泉まつり:ジモ泉でいい湯を--きょうから /大分

http://mainichi.jp/area/oita/news/20120330ddlk44040587000c.html

 別府八湯温泉まつりが30日~4月3日にある。昨年は東日本大震災で中止し2年ぶり。地元住民専用温泉(ジモ泉)を含む100カ所以上の温泉も1~3日に無料開放される。

 市街地を見下ろす扇山を野焼きする「火まつり」は31日午後6時半から。2日は別府駅東口と別府八湯を結ぶ湯けむり巡回バス(500円)や巡回タクシー(1台2000円)も運行。鉄輪、堀田、明礬、亀川各地区でお菓子などのお接待も。

 お楽しみ抽選会には新キャラ「別府八湯戦隊スパエイト」のタオルも景品に加わった。

 その他の主なイベントは次の通り。

 フラダンスなどステージショー=31日11時~21時、松原公園▽レッドヒーローショーやジャズ演奏・火まつりライブ中継=31日11時~21時、海門寺公園▽湯けむり総パレード=1日13時、別府駅前

 温泉開放はパンフレットやホームページhttp://www.beppu-navi.jp/onsenmatsuriで場所と日程確認を。実行委090・2087・3673。【祝部幹雄】

毎日新聞 2012年3月30日 地方版
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-03-30 15:04 | 大分

ワクワク2年ぶり 別府八湯温泉まつり

http://www.oita-press.co.jp/localNews/2012_133308461039.htmle0113829_1940860.jpg

 泉都に春の訪れを告げる第98回「別府八湯温泉まつり」(大分合同新聞共催)が30日、始まった。4月3日まで。昨年は東日本大震災の影響で中止となったため、2年ぶりの開催。
 期間中、別府市内10会場で、湯かけまつりや湯けむりお接待などの多彩なイベントが催される。「温泉感謝の日」の1日からは、市内約100カ所の温泉が無料開放される。
 同市朝見の八幡朝見神社では、まつりの幕開けとなる開会奉告祭があり、関係者約30人が出席。神事があり、浜田博市長、三ケ尻裕己実行委員長が「献湯の儀」で温泉の湯をささげ、まつりの盛況を祈った。
 31日夜に予定されている「扇山火まつり」の火入れに使う「御神火」の採火式もあった。

【写真】「扇山火まつり」の火入れに使う御神火を採火=30日午前、別府市の八幡朝見神社
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-03-30 14:15 | 大分

やまびこの湯再開楽しむ

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saga/news/20120329-OYT8T01149.htme0113829_1957854.jpg

 佐賀市三瀬村の「三瀬温泉やまびこの湯」の大規模な改修工事が終了し、地元住民を無料招待した内覧会が29日に開かれ、再開を心待ちにしていたお年寄りらが入浴を楽しんだ。4月1日にオープンする。

 同施設は、旧三瀬村が建設し、1996年4月に開館。市町村合併後は、佐賀市が管理運営してきた。

 露天風呂や休憩棟の増築で、年間利用者数は2001年度に約26万人を記録したが、その後は伸び悩み、10年度は約14万人まで落ち込んだ。老朽化も目立ってきていたことから、市は利用者数の回復を図るために、約1億7300万円をかけて、昨年10月から改修を進めていた。

 今回の改修では、露天風呂やサウナの数を増やしたほか、バリアフリー(段差なし)対応の家族風呂を増設。展望レストランも設けた。また、指定管理者制度を導入し、福岡市のビルメンテナンス会社「安田建物管理」が運営するようにした。野口彰夫支配人(64)は「福岡県内からも日帰り旅行で楽しめるプチリゾート施設として、初年度は17万人の利用者達成を目標にしたい」と話した。

 友だちと一緒に入浴していた三瀬小6年の小副川拓臣君(12)は「温かくて気持ちいい」と喜んでいた。

 入館料は中学生以上500円、4歳以上250円。家族風呂は入館料別で1時間1000円。営業は午前10時~午後10時。定休日は毎月第2水曜(祝日の場合は翌日)。問い合わせは、やまびこの湯(0952・56・2223)へ。

【写真】新設されたバリアフリー対応の家族風呂

(2012年3月30日 読売新聞)
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-03-30 00:00 | 佐賀

武雄温泉駅で発足25周年ストラップを配布 JR九州

http://www.saga-s.co.jp/news/machi-wadai.0.2181480.article.html
e0113829_114462.jpge0113829_115523.jpg
 JR九州は、発足25周年を記念し、武雄市と共同で駅名標記念ストラップを制作した。1日に武雄温泉駅で乗車券などを購入した先着200人に配布する。

 駅名標はホームに立っていたり、ホームの上からつるされている駅名表示のこと。配布するのは波佐見焼の窯元で製作した縦3センチ、横5センチの磁器製で、表に武雄温泉駅の名前、裏には市のキャラクター「美味暮(おしくら)マン」と武雄温泉のロゴが入っている。

 JR九州は1日午前10時から、乗車券類(ホーム入場券含む)、旅行商品などを購入した人に配布。「1日でなくなりそう。初めての取り組みでいい記念になると思う」と話す。問い合わせはJR九州佐世保事業部、電話0956(38)5755へ。

2012年03月29日更新

【写真左】JR九州が配布する駅名標記念ストラップの表面
【写真右】JR九州が配布する駅名標記念ストラップの裏面
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-03-29 00:00 | 佐賀

【九重新聞】 七不思議 高原を満喫

http://www.oita-press.co.jp/localNews/2012_133289871102.htmle0113829_21402875.jpg

 大自然の空気を吸いながら不思議な伝説が残る地を巡りませんか―。九重町の九重飯田高原デザイン会議と飯田地区まちづくり協議会は、地区に伝わる「朝日長者伝説」の七不思議の地に立つ看板を21年ぶりに新調。「高原観光の目玉になってほしい」と期待している。

 1991年に設置した看板が古くなったため新調。県の補助金(計81万円)などを利用し、118万円で立て直した。併せてパンフレット2千部を製作し、町内の観光案内所などで配布。看板にはそれぞれの七不思議の説明が書かれており、地図を掲載したパンフレットを片手に巡れば、半日ほど楽しむことができる。
 伝説の主人公「朝日長者」は、神功皇后の新羅(しらぎ)征伐で軍功を挙げ、玖珠郡に領地を賜ったとされる浅井氏の17代目・長治。大金持ちの長治が神聖な餅に矢を射ったことをきっかけに衰退する物語だが、同様のストーリーが8世紀前半に成立したとされる「豊後国風土記」に記されている。
 ただ、風土記には飯田高原の地名を表す「田野」という名は出てくるが「朝日長者」という言葉は出てこない。同会議の高橋裕二郎会長は「伝説は風土記などを基に、高原に住む住民らが話を膨らませたりして語り継いできたものではないか」と推測する。江戸時代、九重町に住んでいた俳人の長野馬貞は長者の七不思議を題材に詩集「七異跡集」を発表。この頃には伝説は出来上がっていたとみられる。
 高橋会長は「大吊橋やタデ原だけで終わる観光ではなく、高原に滞在してほしいとの思いで看板を設置した。七不思議をゆっくりと巡って高原を満喫してほしい」と呼び掛けている。

 「朝日長者伝説」の七不思議の地は飯田高原の広範囲に点在する。長者の屋敷があったとされるのは高原の東に位置する千町無田。その屋敷の裏を流れていたのが(1)「音無川」。「川の音がうるさい」と長者が怒鳴ると、瀬音が静かになったとの伝承が残る。近くには、屋敷にすみついていたが猟師に撃たれたツルが祭られている(2)「不断鶴」がある。隠した財産を守るために、長者が人や牛馬を投げ込んで殺した場所と言われているのが(3)「念仏水」。
 九重“夢”大吊橋に近い「筌の口温泉」のそばには(4)「殺生石」があり、ガスを噴出して鳥や動物を殺したとされる。長者の屋敷から離れているため、音を出して流れることができた(5)「鳴川(鳴子川)」は温泉街の一角を流れている。
 九州横断道路を長者原方面に南下すると、途中にある(6)「青梅」は、長者の大好物で学名は「クサボケ」という高地性の植物。ラムサール条約に指定されているタデ原湿原には(7)「青たで」がある。タデの一種で、タデ原の名の由来にもなっており、長者が香辛料として大事にしたと伝えられている。

<ポイント>
 朝日長者伝説 今から1300年以上前、飯田高原に「朝日長者」と呼ばれる大金持ちがいた。数千人の使用人を持ち、広大な田畑を耕していた。
 長者は娘の婚礼式の際、酔った勢いで神前の鏡餅を的にして矢を射った。矢が当たると餅は白い鳥になって大空高く飛び立った。「鳥は長者の氏神である白鳥神社の使いではなかろうか。悪いことが起きなければ良いが」と人々はささやき合った。
 それからというもの、長者の屋敷では死人が出たり、火事が起きたりと、不可解な事件が続いた。たたりを恐れた人々は屋敷に近づかなくなった。長者も悪病になり、高熱で亡くなった。現在の高原には「年ノ神」という祠(ほこら)があるが、これは長者の屋敷にあった屋敷神だと言われている。

 本社ホームページ(www.oita‐press.co.jp)の動画もご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=Nib0XwMn9Sk
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-03-28 10:33 | 大分

若い世代呼び込め 別府八湯温泉まつり

http://www.oita-press.co.jp/localNews/2012_133289831352.htmle0113829_21511220.jpg

 別府市の鉄輪旅館組合青年部(平川浩隆部長)は、第98回別府八湯温泉まつり(30日~4月3日)の鉄輪会場(大谷公園)で、物まね芸人やアイドルDJらを招いた若者向けステージイベントを初めて開く。

 「これまでのまつりは、どうしても中高年がメーンで若い人が参加しづらかったと思う。試しに若者向けのイベントをやってみようということになった」と平川部長(40)。同部は長く活動が途切れていたが、この数年間に旅館の後継ぎが次々に鉄輪に帰ってきたことから20~40代の6人で昨年9月に復活。今回のイベントが、復活した同部が取り組む初めての企画となる。
 1月に具体的な準備をスタートし、3月初めからポスター約300枚を学校周辺やコンビニ、飲食店などに掲示してPR。千枚のチラシも旅館・ホテルなどに置いた。イベントの詳細を紹介するブログも開き、ポスターやチラシには同ブログにアクセスできるQRコードを刷り込んだ。
 ステージは2日午後3時から。出演は、芸能人のあごだけをまねる“あご物まね”で人気のHEY!たくちゃん、全国各地でアニメソングDJイベントを展開中のサオリリスなど。終了後には、サイン入り色紙などが当たるじゃんけん大会も予定。雨天時には、会場を近くの「地獄蒸し工房鉄輪」に移す。
 平川部長は「今は鉄輪は中高年が喜ぶ町だが、自分たちの世代がいろいろ仕掛けて若い人にも楽しい町にしていきたい」と意気込んでいる。

【写真】打ち合わせをする鉄輪旅館組合青年部のメンバー
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-03-28 10:29 | 大分