<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

温泉入浴で睡眠改善、科学的に証明 秋田大助教ら研究グループ

http://www.sakigake.jp/p/akita/topics.jsp?kc=20111027h

 温泉入浴が入眠時の体温変化を促進し睡眠を改善することを、秋田大大学院医学系研究科の上村佐知子助教(理学療法学講座)、神林崇准教授(精神科学講座)らの研究グループが実験で明らかにした。神林准教授は「温泉は睡眠に良いといわれているが、客観的データがなかった。実験で効能を科学的に証明できた」としている。27日、秋田市で開かれる日本自律神経学会で報告する。

 研究は、同大が米スタンフォード大、日本健康開発財団(東京)と共同で実施した。昨年10月、平均年齢21歳の男子学生8人を対象に、秋田市内の温泉施設で実験。ナトリウム塩化物泉の温泉に入浴▽水道水の風呂に入浴▽入浴しない—の3条件で、体温変化と睡眠時の脳波を調べた。

 実験の結果、直腸で計測した深部体温は温泉入浴した場合に最も上昇し、就寝後にかけて急速に低下した。脳波測定では、深い眠りの際に現れるデルタ波の量は、温泉入浴後が最も多かった。
[PR]
by mo_gu_sa | 2011-10-27 12:03 | その他

旅館の従業員ら、温泉入浴指導員をめざす 嬉野市

http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2066725.article.htmle0113829_1513190.jpg

 厚生労働大臣認定の「温泉入浴指導員」を養成する研修会が19日、嬉野市の公衆浴場「シーボルトの湯」であった。温泉療法専門医らが温泉の効能のほか、水圧や水中の抵抗を使ったストレッチなどの運動を指導。同浴場や旅館の従業員ら26人が効果的な入浴法を学んだ。

 嬉野市は旧町時代の1998年に健康保養地に指定。温泉を活用した市民の健康づくりや滞在型観光の提案を目指しており、谷口太一郎市長は「肥前風土記の時代から効能がうたわれてきた嬉野温泉のPRに協力いただきたい」とあいさつした。

 研修会には日本健康開発財団(東京)が講師を派遣。温泉療法専門医の早坂信哉さんは、水圧や浮力がある水中運動の効率性を示し、「温泉は天然のマッサージ効果があり、筋力をつけて介護予防にもつながる」と話した。実技ではインストラクターの指導で温泉に漬かりながら浮力を使った手足の屈伸運動や半身浴などの入浴法を学んだ。  

 講座は2日間で、20日は湯あたり対策や心肺蘇生法の講習、温泉を楽しむアイデアを出し合うグループワークがあり、修了試験合格者に認定書が交付される。

【写真】温泉の中でストレッチ運動を学ぶ参加者=嬉野市のシーボルトの湯
[PR]
by mo_gu_sa | 2011-10-19 18:00 | 佐賀