<   2010年 08月 ( 138 )   > この月の画像一覧

別府に3カ所目の「日本夜景遺産」

http://www.oita-press.co.jp/localNews/2010_128323542228.htmle0113829_17305992.jpg

 別府市鉄輪東に同市が整備した「湯けむり展望台」からの夜景が、日本夜景遺産事務局(東京都)により「日本夜景遺産」に認定された。04年の十文字原展望台、09年のグローバルタワーに続いて県内3カ所目で、いずれも同市内にある。

●「坂の町は有利」

 「一般的に夜景を見るには坂の町は地形的に有利。見る場所がたくさんあって角度によって見え方が変わるのを楽しめる。湯けむり展望台は、ホテル・旅館群の明かりの間に多くの湯煙が立ち上る別府ならではの風情などから選んだ」と神戸、横浜、長崎各市の夜景観光アドバイザーなども務める夜景評論家の丸々もとお事務局長。
 「日本夜景遺産」は美しい夜景を再発見、発掘して観光資源としてアピールしようと企画。同事務局で独自に調査して選定を進め、04年からこれまでに133カ所を認定している。(1)芸術的で美しく魅力的(2)地域の文化的、景観的特徴が生きている(3)夜景鑑賞地として環境が整備されている―などが選定基準。

●それぞれに“売り”

 1954年に展望台ができた海抜約500メートルの十文字原展望台は、県民にとって“定番”の夜景観賞地。「大雨の日以外、平日でも夜遅くまで駐車場に車が途切れることがない」と展望台のレストハウスで営業する「ミュージックカフェ光の詩」の河野典子店長。近ごろは別府の街の夜景の中に見える三つのハートマークを探すのがブームで「二つまでは教えてあげますよ」と河野店長。
 ビーコンプラザのシンボルタワー、グローバルタワーの展望デッキは地上100メートルで空中に突き出したガラス張りの空間。月に約2500人が利用するが「平日の夜なら貸し切り状態になるチャンスも」とPR。
 海抜約130メートルの湯けむり展望台から見える湯煙は土曜とイベント時などの午後7~9時に13カ所でライトアップ。「認定を機にライト増設も考えたい」と運営するNPO法人鉄輪温泉共栄会の園上重一代表理事。

●「マナーアップを」

 3カ所は互いに車で20分程度の距離。夜間営業の観光施設に宿泊客らを送迎する夏季限定企画「ないとバス」に取り組む市旅館ホテル組合連合会は、夜景がきれいになる冬に向けて3カ所をめぐるツアーも検討している。
 同事務局は夜景観賞のための環境整備を願う一方で、観賞マナー改善も訴える。全国的にはトラブルによって閉じられた観賞ポイントもあるといい、丸々事務局長は「見る場所が失われることは、夜景が失われるのと同じ。無断駐車やごみ捨て、騒音など近隣の方々に迷惑をかけないよう、マナーアップを」と呼び掛けている。(別府支社・山本吉純)

【写真】湯けむり展望台
[PR]
by mo_gu_sa | 2010-08-31 15:12 | 大分

長崎に「竜馬電車」 嬉野温泉をPR

http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1716073.article.htmle0113829_17265991.jpg

 長崎市内を走る路面電車に、嬉野温泉をPRする坂本竜馬のラッピング電車が登場した。嬉野温泉観光協会(山口保会長)が、NHK大河ドラマ「龍馬伝」の舞台が長崎に移ったのを好機ととらえ、嬉野への観光客誘致を狙っている。

 車両中央部の看板は、幅5・3メートル、縦1メートル。嬉野の特産品や宿泊券が当たるスタンプラリー「新美力アップキャンペーン」(11月30日まで)を大きく告知している。電車は10月中旬まで市内を巡回する。

 長崎は竜馬の第二の本拠地。路面電車を運行する長崎電気軌道(長崎市)の担当者は「なぜ嬉野が竜馬の広告を?」と戸惑ったが、竜馬を支援した長崎商人・大浦慶と嬉野茶のつながりを聞いて納得したという。

 「お隣同士、竜馬をきっかけに観光が盛り上がれば」と期待を寄せている。

【写真】嬉野温泉の観光PRのため、長崎市内を走り始めた竜馬のラッピング電車=長崎市内
[PR]
by mo_gu_sa | 2010-08-31 14:44 | 佐賀

有馬温泉で「ゆけむり大学」 4大学とコラボ、50講義

http://www.asahi.com/travel/news/OSK201008310030.htmle0113829_1781161.jpg

 神戸市北区の有馬温泉で30日、関西の四つの大学と有馬温泉観光協会の初の共同事業が始まった。有馬温泉をキャンパスに見立てて健康や芸術をテーマにした「講義」を行い、訪れた観光客や学生に楽しんでもらう。その名も「有馬温泉ゆけむり大学」。9月12日までの期間中のイベントは50と盛りだくさんだ。

 企画は観光協会が学生たちに持ちかけた。温泉地にとって、9月は閑散期。ところが大半の大学は夏休みが明けず、「第2の旅行シーズン」になっている。客の高齢化に悩む有馬温泉にとって、若者層の開拓は大きな課題の一つだ。

 折しも空前のパワースポットブーム。例えば、温泉寺。古くは日本書紀にも記された有馬温泉の中でも由緒ある寺で、奈良時代の高僧行基が開き霊験あらたかとされる。参拝に来る若者の姿が目立つようになっていた。

 「学生たちと一緒に何かやれないか」。1年ほど前、そう考えた観光協会のメンバーが有馬温泉をテーマにフィールドワークをしている近畿大学をはじめ、温泉街の水飲み場をデザインした神戸芸術工科大、森林や音楽セラピーなどの研究に取り組む武庫川女子大と大阪音大の計4大学に声をかけ、コラボが実現した。

 期間中の主な催しは「有馬ストリートライブ」(毎日)、「音楽セラピー&Small Musical~金の斧(おの)・銀の斧~」(2日)、「温泉セラピー」(3日)、「有馬温泉街歩きノルディックウォーキング」(4日)、「ゆけむりヨガ」(8日)、「座禅」(9日)、「浴衣でコンサート」(4、5、11、12日)など。4、11日には、2001年の米同時多発テロを振り返り平和を願おうと、911本のキャンドルで温泉街の夜を彩る「ねがいの灯~LOVE&PEACE」もある。

 イベントの企画・運営には学生スタッフ約150人が携わる。近畿大経営学部3年の河野純平さん(21)と志摩直人さん(21)は「ぼくたち若者には敷居が高いイメージがある有馬温泉だけれど、ゆけむり大学に多くの人に来てもらい、親しみを持ってもらえればうれしい」と話す。

 観光協会の當谷(とうたに)正幸会長は「播州織を活用した浴衣を学生たちにデザインしてもらったり、六甲山の懐に抱かれた地の利を生かした癒やしをテーマにした温泉地づくりなど、若い人のアイデアをいただきながら考えたい」と話す。

 問い合わせは、有馬温泉観光総合案内所(078・904・0708)へ。(日比野容子)

【写真】「有馬温泉ゆけむり大学」を企画した学生スタッフたち=神戸市中央区
[PR]
by mo_gu_sa | 2010-08-31 11:36 | その他

富士大和温泉病院改革1年 赤字幅、計画より圧縮

http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1715712.article.html

 佐賀市立富士大和温泉病院は、2009年度の病院改革プランの進ちょく状況をまとめた。経常損益は430万円の赤字だったが、計画より赤字幅を110万円圧縮できた。累積赤字は11億3770万円。人工透析体制の充実などで外来患者は増えたが、入院患者は計画を下回った。

 09年度の延べ外来患者数は3万2473人で、計画より1777人(5・8%)増えた。新型インフルエンザの流行や昨年9月から人工透析体制を週3日から6日に増やしたことで増えたとみられる。一方、延べ入院患者数は2万6434人、病床利用率は73・9%で、計画より2021人(7・1%)、5・7ポイントの減になった。病院は「景気低迷で入院を控える傾向にあり、その影響」とみる。

 経常損益は540万円の赤字としていた計画より損失の幅を縮めた。08年度は1億4040万円の赤字だったが、09年度は一般会計からの繰入金が基準変更によって計画より860万円、前年度より4300万円多い2億880万円に増えたことや、減価償却費が約7200万円減少したことなどで大幅改善された。

 病院は総務省の公立病院改革ガイドラインを受けて09年度から5年計画で改革プランを実施。11年度までの経常収支の黒字化を目指して数値目標に掲げ、評価委員会を設けて検証している。
[PR]
by mo_gu_sa | 2010-08-31 11:35 | 佐賀

温泉水で発電事業 嬉野市、実用化へ着手

http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1715722.article.html

 嬉野市は、温泉水の熱を活用した発電事業の実用化に取り組む。高温の源泉の熱エネルギーを生かし、沸点が低いアンモニア水の蒸気を起こして発電用タービンを回す仕組み。上原春男元佐賀大学長が考案した海洋温度差発電の応用形で、上原氏と共同で事業化に取り組む。調査費400万円を9月定例議会に提案する。

 嬉野温泉の源泉は平均温度約80度と高温で、入浴用に約50度に下げている。冷ます際に発生するエネルギーを生かすことに着目し、低温で蒸気になるアンモニア水を温泉水の熱で蒸気にして、その圧力でタービンを回して発電する。35度程度の排水も利用するほか、温泉成分からリチウムなどのレアメタルを抽出する構想もあるという。

 現段階では熱効率などの技術的課題や採算性などの問題もあるが、温泉の水量や利用実態の調査からプラント設置などの事業計画を可能な限り具体化していく。本年度中に計画案をまとめて国などに提出、特別交付税や各種補助事業を活用する考え。

 発電した電力は観光農園への活用などを視野に入れている。谷口太一郎市長は「人に優しいまちづくりの中で、地域資源を活用した地球環境への貢献策として考えた」と期待する。
[PR]
by mo_gu_sa | 2010-08-31 10:29 | 佐賀

「快適な眠り」を誘う出張の強い味方 安眠グッズ&ホテルで寝苦しい夏を乗り切れ!

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100831-00000002-diamond-bus_alle0113829_21523755.jpg

「昨晩はよく眠れなかった」――出張先のホテルでそんな不満を持つ人は意外と多いのではないか。何とか良質な睡眠を確保したいところだが……。

 そんな人にとって、頼りになるのが安眠のためのグッズだ。この手の商品が豊富な東急ハンズ渋谷店で探してみると、まず目に付くのが「入浴剤」である。

 夏場でも専門のコーナーがあり、ラインナップは豊富だ。特にお勧めは清涼感が得られるタイプ。店頭には「COOL MINT風呂」(発売元:ローレル、税込み231円)や「つぶつぶくるくるマーブルバス」(発売元:ヘルスビューティー、税込み231円)といった商品があり、いずれもメンソールなどクール効果のある成分が配合されている。

 また、ラベンダーエキスなどを配合した「リラックス風呂 癒」、ショウガ根エキスなどを配合した「お疲れさま風呂 疲」(いずれも発売元:ローレル、税込み210円)も効果が期待できる。

 入浴剤大手のツムラライフサイエンスがホテル利用者202人を対象に調査した結果では、入浴剤を使用した入浴によって72.1%が睡眠内容の改善を実感し、特に寝つきの改善が顕著だったという。データからも、入浴剤は有効と言えそうだ。

 そのほか、目の疲れを感じたら「サーモクールアイピロー」(発売元:コジット、税込み1260円)が強力な助っ人になる。目に当てると、NASAでも使用しているという特殊な素材により、冷蔵庫で冷やさなくても、何度でも冷却効果が得られる。クールダウンして心地よい入眠につなげたい。

 また、ホテルの部屋はエアコンで乾燥しがちだ。そこで携帯用の加湿器「ちょこっとオアシス プラス」(発売元:ミクニ、税込み1260円)が便利。スライド式のタンクに水を注ぐだけで、花びらのようなフィルターから水分が自然に気化し、乾いた空気を潤す。翌日喉が痛くなるなんてことも防げそうだ。

 一方で、ホテルの取り組みにも注目したい。全国に94店舗を展開するホテルチェーンの「スーパーホテル」では、2006年から宿泊客に安眠アイテムやサービスを提供している。

 たとえば、硬さや高低を変えた枕を7種類用意。ベッドは1.5×2mのクイーンサイズでマットは硬めと、低反発型の2種類から選べる。熟睡効果があるというMICA加工のパジャマや、疲労回復効果が望めるという健康イオンスリッパも用意している。

 その他、店舗によっては天然温泉がある(43店舗)。「宿泊客からは『ぐっすり眠れた』という声が非常に多い」と、同ホテル運営企画部長の石橋誠氏は語る。この充実ぶりで「一泊4980円から」というリーズナブルな料金設定により、出張族の人気も高い(価格・商品・サービスは施設により異なる)。

 さらに、都内の日比谷と秋葉原にホテルを構える阪急阪神第一ホテルグループの「レム」では、最上質の安眠サービスを提供する。

 オープンは日比谷(255室)が07年、秋葉原(260室)が08年。「ホテルブランド名は睡眠用語の『レム睡眠』に由来する。ホテル開発チームが今までにない『快眠』をコンセプトにしたホテルを作るという意気込みで誕生させた」(阪急阪神ホテルズ レム事業部 深澤祐子氏)という。

 客室には、日本ベッドと共同開発したオリジナルベッド「シルキーレム」を置く。頭、腰、脚の3ヵ所のスプリングの硬さを変えて、体のラインに沿って包み込むような寝心地を実現する。

 枕は、体温調節機能付きのオリジナル「快眠機能枕」と、テンピュール社製の低反発枕の2種類を常備。マッサージチェアも全室に完備し、シャワールームではリラックス効果が高いといわれるドイツ製「レインシャワー」を専用スツールに座りながら楽しめる。

 疲れを取り、快眠へ誘うために数種類のハーブティーも無料で提供する。宿泊料金は秋葉原が1万4275円から、日比谷が1万5950円からとやや高めだが、両店とも火曜~土曜は満室となる人気ぶりだ。「11年10月ごろに鹿児島、12年秋ごろに新大阪に新規出店する。その後も全国展開していく計画」と、深澤氏は語る。

 夏場の寝不足は夏バテにつながる危険もあり、特に注意が必要。グッズやホテルで安眠をゲットし、快適な出張ライフを送りたいものだ。(大来 俊)

【写真】お勧めの安眠グッズ。手前左が「サーモクールアイピロー」、左上が「ちょこっとオアシス プラス」、右が入浴剤
[PR]
by mo_gu_sa | 2010-08-31 08:30 | その他

嬉野市 「温泉発電」調査へ 9月議会に予算案提案 県内初の実用化探る

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/194277

 嬉野市は30日、温泉の湯を活用する「温泉発電」の調査に乗り出すと発表した。関連予算400万円を、9月定例議会に提案する。高温の湯を適温に冷やす手間と費用が省け、自然エネルギーで発電するため二酸化炭素排出削減にもつながるとされる。実現すれば、県内初の温泉発電となる。

 市観光商工課によると、同市嬉野町の温泉街には13カ所の泉源がある。地上にわき出た湯の温度は約80度。旅館やホテルは、機械やタンクを使って約40度まで下げて、浴場で使っている。

 温泉発電に詳しい民間の研究所GEC(佐賀市)によると、温泉発電は地熱発電の一種で「地熱バイナリー発電」とも呼ばれる。65度以上の湯の熱で沸点の低いアンモニアを気化させ、タービンを回して発電する。使われた湯は、その間に適度に温度が下がるという仕組み。九州電力は既に、大分県九重町の八丁原地熱発電所で温泉発電に取り組んでいる。

 温泉発電は、環境省が来年度予算の概算要求に8億円の普及費を盛り込むなど、国を挙げて取り組むクリーンエネルギーの一つ。嬉野市はGECに調査を委託し、温泉発電に利用可能な湯の量や発電量などについて調査、来年3月末までに報告書をまとめる方針。

=2010/08/31付 西日本新聞朝刊=
[PR]
by mo_gu_sa | 2010-08-31 01:33 | 佐賀

武雄市の観光名所は自転車で 「タケちゃり」貸し出しへ 市観光協会が新サービス

7コース設定 9月中旬スタート
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/194278e0113829_16572588.jpg

 武雄市内の観光名所を自転車で巡ってもらおうと、市観光協会は9月中旬から、「タケちゃり」と銘打った自転車の貸し出しサービスを始める。併せて、お勧めの周回コース(4-45キロ)も提案。名所巡りで観光客の滞在時間を延ばし、宿泊者の増加にも結び付ける作戦だ。

 同市には競輪場があるほか、2007年の全国高校総体で自転車の競技会場に指定された。JR武雄温泉駅から半径15キロ圏内に観光スポットが点在するも周辺を回る路線バスの本数が少ないため「自転車観光にうってつけ」(同協会)と知恵を絞った。

 同協会によると、お勧めとして、1日かけて市内を一周する45キロコース▽武雄のシンボル御船山を一周する4キロコース▽樹齢3千年の大楠3本を巡る12キロコース-など7コースを紹介。貸自転車は、職員が提供した廃自転車などを再利用し、ペンキで水色に塗りデザインを統一した。

 当初20台でスタートし、利用状況を踏まえて来年春には50台に増やす計画。市内の旅館や観光案内所などで貸し出す。1日200円を徴収するが、宿泊客は無料。

 9月23日には市内3カ所の神社で、国の重要無形民俗文化財「武雄の荒踊(あらおどり)」が開かれる。「自転車で荒踊の見物に出掛けてみては」と担当者。同協会=0954(23)7766。

【写真】武雄市観光協会が9月中旬から貸し出しを始める「タケちゃり」

=2010/08/31付 西日本新聞朝刊=
[PR]
by mo_gu_sa | 2010-08-31 01:32 | 佐賀

あの人気漫画「テルマエ・ロマエ」の古代ローマ風呂登場!「箱根小涌園ユネッサン」

古代ローマ風呂登場
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0830&f=national_0830_129.shtmle0113829_16524925.jpg

  「ガリガリ君温泉」や「横須賀海軍カレー風呂」など何ともユニークな期間限定風呂を次々と企画し話題の「箱根小涌園ユネッサン」に、今度は人気漫画とのコラボ風呂が登場します。

  9月18日(土)から12月31日(金)までの期間限定で入れるこのお風呂は、「マンガ大賞2010」「第14回手塚治虫文化賞短編賞」の2つの賞を受賞し注目されている大人気コメディ風呂マンガ「テルマエ・ロマエ」に登場する「古代ローマ風呂」です。

(イメージ図)
お風呂でマンガも読める?

  古代ローマの彫刻もさることながら、水に濡れても大丈夫な紙を使用したコミックスも置いてある何とも魅力的なお風呂になるそうです。湯船につかりながらマンガが読めるなんて最高ですね。

  原作であるマンガは、現代日本にタイムスリップした古代ローマ人の浴室設計技師の話なのですが、そこに注目した「箱根小涌園ユネッサン」には拍手を送りたいですね。「テルマエ・ロマエ」ファンも知らない人も古代ローマの世界にどっぷりつかってみてはいかがでしょうか。

  箱根小涌園 ルネッサン
神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297
0460-82-4126
営業時間 9:00~19:00(情報提供:大人の社会見学ニュース)
[PR]
by mo_gu_sa | 2010-08-30 17:17 | その他

廃業必至の温泉旅館が注目する“起死回生策”

★充実した施設や観光地を生かす
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20100830/dms1008301613018-n2.htm

 全国各地の旅館が経営不振にあえぐなか、建物を高齢者向け賃貸住宅に転用する動きが出始めている。廃業するぐらいなら、事業転換で施設を生かし、経営の継続を図りつつ景観の維持や地域活性化にも貢献しようという考えだ。高齢者向け住宅は特に都市部で深刻な供給不足だが、温泉街で第2の人生という生き方もアリかも?!

 高齢者向けの住まいは、住宅系・施設系ともに大幅に不足気味。施設系では特別養護老人ホームの入居待機者が約42万人にも達しており、高齢者が安心して暮らせる「ケア付き高齢者専用賃貸住宅」の需要は、今後ますます高まるとみられている。

 そんな状況に目を付けたのが、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連、東京)。国内の旅館数は現在5万軒を割り込む勢いで、過去5年で約8000軒も減少。1980年の8万3226軒をピークに、毎年1500-2500軒ペースで閉館が続き、新設もあるが30年で3万軒が廃業した計算だ。そこで今後、廃業必至の旅館を高齢者専用の賃貸住宅に転換させようというのだ。

 同会は先月下旬、廃業を余儀なくされそうな旅館経営者に対し、高齢者向け住宅への転換を図る研究会「高齢者向け賃貸住宅等研究委員会」を開催した。同事務局の市川正さんはこう話す。

 「これまでの旅館業の強みを生かして、高齢者住宅への転換を業界団体として研究してみようということです。老人ホームへの転換は、医療面や介護スタッフの確保などの面からハードルが高いですが、施設の充実や観光地という好立地を生かし、旅行を兼ねて家族が気軽に宿泊できるような高齢者向け賃貸住宅への転換なら可能ではないかと考えました。委員会には福祉の専門家や厚労省、国交省、中小企業庁の担当官も参加しています」

 全旅連は、以前から旅館経営の組合員向けに経営コンサルティングを行ってきたが、「今回は事業転換も視野に入れた大胆な可能性をさぐる」(市川さん)。今後1年間、高齢者向け住宅の視察や法律上の問題などを検討し、来年には報告書を公表するという。

 すでに高齢者向け賃貸住宅への転換を実現した「元旅館」もある。石川・山中温泉の老舗旅館「やまなか廳泉閣(ちょうせんかく)」は2005年、73戸を有する高齢者優良賃貸マンション「はるる」に生まれ変わった。地元関係者は、「景勝地の鶴仙渓に面した最高のロケーションで、全国初の天然温泉大浴場を備えています。近隣では渓流釣りや散策、山菜・きのこ採りも楽しめ、日本海の海の幸も豊富です」と話す。

 廃虚の旅館は、見た目にも暗い影を落とす。この業態転換が加速すれば、地域の活性化も図れるとして自治体も歓迎しているという。
[PR]
by mo_gu_sa | 2010-08-30 16:12 | 温泉一般