<   2009年 10月 ( 154 )   > この月の画像一覧

【遙か ハンセン病隔離100年】(2)差別と偏見今もなお

http://sankei.jp.msn.com/life/body/091031/bdy0910312222001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/life/body/091031/bdy0910312222001-n2.htm

 今年生誕100年という、ハンセン病療養所と同じ年数を刻んだ松本清張のベストセラー小説「砂の器」。大臣の娘と婚約し将来を嘱望された天才作曲家が、ハンセン病の父を持っていたということを暴露されたくないため、連続殺人を犯すストーリーだ。

 「忌まわしい父」「因業な病気」とまで表現されているところに、この病気が持つ根深い偏見が投射されている。

 清張がこの小説を描いたのは昭和35~36年。当時はまだ、「無らい県運動」という“患者狩り運動”が残っていた。地域にハンセン病患者がいないことを誇り、隠れて暮らす患者を警察に密告したり、患者の家に印を付けたりするのだ。

 昭和初期に始まったこの運動は徹底的に全国に広がり、ハンセン病が恐ろしい伝染病であるという誤解を国民に根付かせた。そればかりか、患者が地域社会に脅威をもたらす危険な存在である、という迷信を定着させる原因となった。

□   □

 「この病気になったら、神仏にすがらないと他に道がないといわれてね」。ハンセン病療養所の邑久光明園(岡山市瀬戸内市)に住む宮川清子さん(82)は18歳のときに発病。まゆ毛が抜け出した。

 「やはりショックで自殺しようという気持ちが先に立って。母親がそれを感じたのか、ずっと一緒に寝るようになりました」

 元患者のほとんどが、発病したときの状況を「絶望」と表現する。有効な治療方法がなく、不治の病とされただけでなく、外見上の特徴から穢(けが)れ思想を背景とした偏見や差別が絶望の理由だ。

 宮川さんは、家族が受けた偏見について当初は何も聞かされなかった。病気が回復し外出が可能になったとき、母親が昔のことをぽつぽつと教えてくれた。

 その話に宮川さんは愕然(がくぜん)とした。通っていた学校は校舎を消毒され、姉は家族が病気持ちという理由だけで結婚話が破談になっていた。

□   □

 大島青松園(高松市庵治町)に住む男性(82)は、病で垂れ下がった唇に足の腱を取って入れる手術を施した。「体に結節ができて腐敗して苦しんで死んでいく人を見てきた。そんな人に比べれば僕はましなもんです」。

 しかし病が治っても、外見上の痕跡は今も偏見や差別を生んでしまう。

 熊本県・黒川温泉のホテルが平成15年11月、療養所の入所者の宿泊を「ほかの宿泊客に迷惑がかかる」として拒否した事件は記憶に新しい。ホテル側がホームページに「宿泊拒否はホテル業として当然の判断」と主張したことも騒ぎに拍車をかけた。

 後に当時の社長らが旅館業法違反で有罪判決を受けたものの、入所者が受けた衝撃は大きい。

 男性は「いまだにそんな扱いをされるのかと驚きました。この顔で外へ出るのは、やはり怖いです」と嘆いた。
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-10-31 22:20 | その他

「ハイサービス日本300選」に星野リゾートなど27社

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1030&f=business_1030_154.shtml

  サービス産業生産性協議会(代表幹事・牛尾治朗ウシオ電機会長)は、サービス産業のイノベーションや生産性向上に役立つ先進的な取り組み事例を「ハイ・サービス日本300選」として表彰しているが、27日までに27の企業・団体を新たに決めた。観光関連では星野リゾートなど4社が選ばれている。

  長野県の星野リゾートは1914(大正3)年に開業した軽井沢の温泉旅館だったが、バブル崩壊後に起こった業界低迷を機に事業内容をリゾート運営業に特化した。顧客満足度調査の結果を重視したサービスの提供とともに、従業員の労働生産性を向上させる人的マネジメント体制など、様々な手法を導入。経営破綻した旅館・ホテル、リゾートの再生、運営に成功している。

  「現在、外資系ホテルグループによる国内進出への対抗策としてスモールラグジュアリー・リゾート展開を行い、互角に戦える日本のホスピタリティの確立、運営実現に注力している」と同協議会。

  旅行・ツアー専門サイト「沖縄ツアーランド」を運営している沖縄県のパム。地域に特化した観光情報を様々なメディアによって提供し、観光客がそれぞれのニーズに応じて利用できるサービスを創出している。同協議会によると、沖縄観光情報フリーペーパー「タビンチュ」、女性向けクーポンマガジン「ちゅらプラス」などを発行している。

  青森県のB級ご当地グルメ・ネットワークス社は郷土食をブランド化し、地域資源に育て上げたのが選定理由となった。同社は「八戸せんべい汁」を通じて八戸を元気にすることを目的に、市民グループ有志の出資でできた会社。ガイドブックの作成や実食イベントの開催に加え、06年には食による地域おこしを行っている団体と連携してB-1グランプリを初めて企画・プロデュースし、せんべい汁の認知度向上とブランド確立に取り組んでいる。(情報提供:観光経済新聞社)
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-10-30 21:04 | 温泉一般

九州三湯温泉まつり:由布院・杖立・武雄、合同で来月23日 /福岡

http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20091030ddlk40040508000c.html

 由布院(大分県由布市)、杖立(熊本県小国町)、武雄(佐賀県武雄市)の三つの温泉合同による「九州三湯温泉まつり」が11月23日午前10時~午後4時、中央区天神の市役所西側ふれあい広場である。連携して観光客誘致に取り組む「九州三湯物語」の事業の一環で、実行委など主催。

 イベントでは、手軽に3温泉の湯を楽しめる足湯ならぬ「指湯」が登場。由布院の子供神楽など各地区の伝統芸能も鑑賞できる。また、3地区の食材を使った「九州三湯定食」(500円、1000食限定)や、野菜や焼物など特産品も販売する。

 由布院温泉旅館組合の渕上真幸専務理事は「それぞれ特徴ある三湯を一度に体験できるめったにない機会。特に女性は、肌のすべすべ感を味わってもらいたい」と話している。問い合わせは、実行委(0954・23・9237)。【幸島朋子】

〔福岡都市圏版〕

毎日新聞 2009年10月30日 地方版
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-10-30 19:00 | 福岡

別府八湯・名人への道:/56 湯都ピア浜脇 /大分

http://mainichi.jp/life/travel/news/20091030ddlk44040646000c.html

 ◇「竜巻の湯」で上機嫌

 「久しぶりに冷麺(めん)を食べたいね」という妻の声に誘われ、家族4人で市中心部の「ラーメン亭一番」に出かけた。あっさり味ながらも、うまみもたっぷりの冷麺を食べ、食後は「ゆったりと風呂に入ろう」と湯都ピア浜脇に出かけた。

 浜脇地区は古くから栄えた温泉地だ。1928(昭和3)年には、オランダ式の重厚な鉄筋コンクリート造りの温泉施設が建てられ、中には「浜脇温泉」「浜脇高等温泉」があった。1947年には年間108万人も入浴したという。

 その後、惜しまれつつも姿を消したこの温泉施設の跡地に91年、建てられたのが湯都ピア浜脇だ。「温泉医学や運動生理学に基づいて健康づくりに役立てる」クアハウスで、体調に合わせた入浴方法を温泉利用指導者の矢野秀樹さん(47)に指導してもらえる。

 「例えば腰痛の人なら38~40度のぬるいお湯でゆっくり体を温めた後でストレッチをするといい。治したい症状によって入浴方法も違う」と矢野さん。入浴者の役に立ちたいと、私費で研修に出かけ、指導者の資格を取得したという。

 長女日向子(4)はすごい勢いで湯が流れるジェットバスに驚いた後で、筆者にねだった。

 「お父さん、竜巻のお風呂で回って、回って」。筆者が顔を湯につけて湯に浮かび、グルグルと回って顔を上げると、日向子は満面の笑みで迎えてくれた。【祝部幹雄】(11月6日は休載します)

==============

 ◇湯都ピア浜脇(浜脇)
 堀田地区など市内8カ所の源泉の湯を送る市営給湯を使った単純温泉。寝湯や気泡浴、運動浴など9種類の浴槽を持つ本格的なクアハウスで、入浴料は一般500円▽小学生250円。営業時間は午前10時~午後9時受付。毎週火曜日休館。問い合わせは0977・25・8118。

毎日新聞 2009年10月30日 地方版
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-10-30 18:00 | 大分

ソフトB杉内、和田らが7泊8日温泉療養

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20091030-561115.html

 ソフトバンク杉内俊哉投手(29)ら投手7人が30日、温泉地でのオーバーホールを終えて福岡へ戻った。今季登板数の多かった和田、馬原、摂津、大隣、水田、佐藤とともに、九州某所(場所は非公表)で7泊8日の「極秘療養」を終えた。この日が誕生日でもあった杉内は「1日に3~4回(温泉に)入りましたよ」と、すっかりリフレッシュした様子だった。
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-10-30 17:43 | 福岡

秋米良芸術祭:秋の村、楽しんで 「絵画や写真」展示、イベント多彩に /宮崎

http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20091030ddlk45040295000c.html

 ◇あすから
 「秋米良芸術祭」が31日~11月29日、西米良村で開かれる。公民館や古民家を会場に、村民や村にゆかりのある芸術家らの絵画や写真を展示する。ワークショップなどのイベントもある。

 村在住の写真家、小河孝浩さん(48)らの呼びかけで、昨年8~9月に「夏米良芸術祭」を開いた。村の四季を楽しんでもらおうと、今年は季節を変えて「秋~」を開く。小河さんは「村の人が中心の『村民の手作り芸術祭』にしたい」と話し、芸術祭のポスターにも村の小学生を起用した。

 役場のある村所から車で約10分の上板谷公民館では、村民が村への思いを書で表現した「ふすま書アート」を展示する。「借景絵画」は、6メートル×3・5メートルの額縁の向こうに見える田んぼの中に、山仕事中に日差しをよけて休憩する竹製の「よけ小屋」を再現する。民家が並ぶ山村の秋の風景が「絵のように」楽しめる。

 西米良温泉「ゆた~と」では、村の理髪店で働く20代の青年が村民約80人の似顔絵を描いて送迎用バス車内に飾った「似顔絵バスギャラリー」を開く。

 11月1、8、22、29日には、ほおずきを使ってランプを作る「ほおずきアートワークショップ」(1500円、事前に電話で申し込みを)▽11月22日には、小河さんと画家の弥勒祐徳さんと一緒に行く撮影会・写生会(無料、事前に電話で申し込みを)などのイベントもある。

 問い合わせは村観光協会0983・36・1111。【川上珠実】

毎日新聞 2009年10月30日 地方版
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-10-30 16:02 | 宮崎

特産品使ったコロッケ競う

http://www.oita-press.co.jp/localNews/2009_125686519733.htmle0113829_2255236.jpg

 生産者の知恵を集めて新しい名物を作り里の駅のブランドを確立しようと、おおいた里の駅ネットワーク(緒方英雄会長)は29日、由布市湯布院町の川西農村健康交流センターで第1回「里の駅コロッケ」コンクールを開催した。11駅が20点を出品。地域の特産品を使い、調理に工夫を凝らしたコロッケが並んだ。出場した各駅は「出品されたコロッケはそれぞれの里の駅で販売しています。ぜひ食べに来てください」とPRしている。

 里の駅の関係者が地域で収穫した野菜や魚介類、肉などを使って作り上げたコロッケを持ち寄った。マスコミ、行政などの審査員8人が独創性や味、素材のバランスなどを基準に選考した。その結果、シイタケや豊後牛をご飯に混ぜて作った豊後大野市朝地町の里の駅やすらぎ交差点(小野今朝則駅長・顔写真)の「よくばりコロッケ」が最優秀賞に選ばれた。
 小野駅長は「子どもから高齢者までおいしく食べてもらえるコロッケを目指し5年前から商品化した。多くの関係者が頑張って作ってきたコロッケが賞を獲得できてうれしいです」と話した。緒方会長は「今回のコンクールを通じて生産者同士の交流を深め、各駅の商品力を高めてほしい。今後もいろんな商品でコンクールを開催していきたい」と話した。
 各賞は次の通り。
 【優秀賞】▽山香温泉 風の郷(杵築市)「山香米と山香ボタンのチャーシューライスコロッケ」▽かぐらちゃや(由布市)「コロコロころちゃんじゃが芋コロッケ」
 【優良賞】▽小の岩の庄(宇佐市)「スッポンコロッケ」▽ゆふいん川西農産物加工直売所(由布市)「ゆふいんふるさとコロッケ」「湯布院発祥の地コロッケ」▽玖珠町観光物産館(玖珠町)「恋するおからコロッケ豊後玖珠牛伝説」▽しおさいの里(佐伯市)「あじコロ」

【写真】調理に工夫を凝らした各里の駅のコロッケを審査=29日
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-10-30 10:12 | 大分

健康+観光、戦略探る サンフロント21伊豆分科会

http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20091030000000000019.htme0113829_23143812.jpg

 県東部の活性化策を提言する静岡新聞社・静岡放送「サンフロント21懇話会」(代表幹事・岡野光喜スルガ銀行社長)は29日、第15回伊豆地区分科会を伊豆の国市内のホテルで開いた。「伊豆の観光はウエルネス」をテーマに、講演やパネル講演を通じて、心身の健康の維持・増進を図る生活行動と伊豆の観光資源とのかかわり、活用、人材育成策などを探った。
 会員ら約70人が出席した。大石滋静岡新聞社専務は「ウエルネスをキーワードとした新たな伊豆ブランド構築が期待されている」とあいさつ。続いて懇話会を代表して峰田武三島市観光協会長が「今回の講演、パネル討論での提言を一つでも二つでも実行してほしい」と期待を寄せた。
 大型温泉地再生のカリスマとして知られる別府温泉の鶴田浩一郎鶴田ホテル社長は「温泉地再生とウエルネス産業」と題した基調講演で、日本一の源泉数を誇る別府の“温泉力”を生かした地域再生の取り組みである地域文化体験型事業(ハットウ・オンパク)を説明し、「女性とよそ者の視点が外に売れる商品をつくる」と説いた。
 パネル討論ではコーディネーターの中山勝企業経営研究所常務理事、パネリストの鈴木基文船原館社長(伊豆市)ら4氏が「もてなしの心を住民が持つこと」「地域を挙げ、人の治癒力を重視した健康増進の戦略的な取り組みを」「温泉などウエルネス資源を地元住民がもっとアピールすべき」など、それぞれの視点から活性化策を提案した。

【写真】「伊豆の観光はウエルネス」をテーマに開かれたサンフロント21懇話会伊豆地区分科会=伊豆の国市内
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-10-30 08:39 | その他

“薩摩川内”知名度アップを 市が新幹線沿線の関西などでCM

http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=20178e0113829_2252112.jpge0113829_22521935.jpg

 薩摩川内市は、2011年春の九州新幹線鹿児島ルート全線開業をにらみ、新幹線沿線にあたる関西、中国、北部九州の3地区で、同市の観光宣伝テレビコマーシャルの放映を始めた。期間は11月末まで。
 コマーシャルは同市の位置や市名、特徴などをまずは知ってもらうのが目的。放映時間は15秒で、各地区1局ずつ計3局で、あわせて80本放送する。事業費は359万1000円。

 同市内の温泉や食、甑島の海の魅力を紹介しながら、九州新幹線全線開業により、鹿児島と各地区が従来より短時間でつながることを強調。ナレーションも地区ごとに変え、関西編の場合「4時間て、近いやん」、中国編は「2時間ちょっとじゃき」、北部九州編「おいしかもんば食べたか」などと、各地の方言を使用している。
 29日、同市役所で試写会があり、岩切秀雄市長は「開業まで実質の勝負は1年。新幹線が来たら早く行ってみたい、と植え付けたい」と効果に期待した。

【図】(左)薩摩川内市の魅力と九州新幹線全線開業によるアクセス向上をアピールするCMの一場面
   (右)CMの一場面
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-10-30 06:30 | 鹿児島

ぬる湯+会席料理=「ランチバス」運行 古湯温泉旅館組合

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/131428

 バルーンの合間に“ぬる湯”と料理を楽しんでもらおうと、古湯温泉旅館組合は、佐賀インターナショナルバルーンフェスタ(10月30日-11月3日)の期間中、会場と温泉をつなぐ「バルーンフェスタランチバス」を運行する。

■バルーンフェスタ期間中 13軒の全旅館参加

 バルーンフェスタで飛行のない午前9時-午後3時の時間を生かそうと佐賀市や旅館などでつくる古湯・熊の川温泉地活性化運営委員会が初めて企画した。ランチバスは午前10時にバルーン会場を出発。旅館に到着後、ぬる湯に漬かって疲れを癒やし、地元産の野菜や川魚を使った会席料理に舌鼓を打ち、おなかを満たす。午後の競技が始まる前にバルーン会場へ戻れる。同組合に加盟している13軒の全旅館が参加。どの旅館になるかは当日の状況で決まる。

 料金は3千円(食事、入浴料込み)。子ども用料理の場合は千円。前日までの予約が必要。

=2009/10/30付 西日本新聞朝刊=
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-10-30 04:39 | 佐賀