<   2009年 02月 ( 152 )   > この月の画像一覧

肘折に湯治文化研究所開設 湯治場の魅力、新スタイル追求

http://yamagata-np.jp/news/200902/28/kj_2009022800512.phpe0113829_19301484.jpg

 湯治場の風情を色濃く残す大蔵村の肘折温泉に28日、「肘折湯治文化研究所」が開設された。村、肘折地区、東北芸術工科大(山形市)などで構成する肘折温泉地域協議会(柿崎操策会長)による組織。開湯1200年の歴史ある湯治場の魅力を再発見し、さらに新たな「肘折版現代湯治」の創造を目指す。同日、肘折いでゆ館で開所式と設立記念シンポジウムが開かれた。

 初代所長を務める赤坂憲雄東北芸工大大学院長が「文化としての湯治とその活用」、観光庁の水嶋智観光資源課長が「観光への教育の必要性とあり方」と題してそれぞれ基調講演。赤坂院長は「肘折は古くから疲れた人の心と体を癒やし、訪れた文人墨客らの新しい創造の現場にもなった」と述べた。さらに農閑期に農家が滞在したことなど、農業と湯治場のかかわりを指摘し「昔ながらの湯治スタイルを団塊の世代が受け入れるのは無理だろう。伝統を生かし、いかに持続可能な温泉地に脱皮できるか、転換を迫られている」と話した。

 引き続き赤坂院長、水嶋課長、温泉研究家の八岩まどかさん、ユニークな旅行の企画で知られる風の旅行社(東京)の水野恭一営業部長らがパネリスト、やまがた観光まちづくり塾の川口直木塾長がコーディネーターを務め、パネルディスカッション。「人はなぜ旅に出るのか」「地域の魅力を発見するには」など、互いに独自の視点で語り合った。

 シンポジウムに先立つ開所式では、柿崎会長らがあいさつ。東北芸工大の森繁哉教授が開所宣言した。研究所では、地元住民や芸工大の研究員らが湯治文化にかかわる資料の収集、図書館の運営、公開フォーラムの開催などを行う。

 シンポジウムは県が開く「やまがた観光まちづくり塾in最上」と合同で開催した。

【写真】肘折湯治文化研究所の設立を記念し開かれたシンポジウム=大蔵村・肘折いでゆ館
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-02-28 22:37 | その他

赤村の「源じいの森温泉」 1日から10周年行事 先着100人にエコバッグ 神楽や太鼓

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/80125

 赤村赤の温泉施設「源じいの森温泉」は3月1、2の2日間、開館10周年記念のイベントを開く。1日は午前11時、2日は午前10時半から先着100人ほどに、環境にやさしいエコバッグを配る。

 同施設は1999年に開業。人里離れた山あいの立地などが好評で、当初の年間見込み(10万人)をはるかに上回る来館者が、北九州地区を中心に県内外から訪れている。昨年7月、来館者は200万人を突破した。

 エコバッグは、二酸化炭素の排出削減に一役買おうと、同温泉が独自に製作。縦約40センチ、横約50センチの布製で、同温泉のキャラクター「源じい」がプリントされている。

 1日は午前11時から記念式典があり、地元の「大内田神楽」や「我鹿太鼓」が披露される。2日は、村内の保育園児が太鼓演奏や遊戯に出演。問い合わせは、同温泉=0947(62)2851。

=2009/02/28付 西日本新聞朝刊=
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-02-28 09:19 | 福岡

美術館などグルリ 循環型アートバス登場

http://www.oita-press.co.jp/localNews/2009_123577975738.htmle0113829_19375116.jpg

 全国有数の観光地・由布院温泉(由布市湯布院町)で、由布院盆地に点在する文化・観光スポットを巡る「循環型アートバス」が期間限定便として登場した。長年の懸案である交通混雑の緩和を図り、盆地中心部に集中しがちな観光客に周辺部にも足を伸ばしてもらうのが狙い。

 アートバスは、将来に持続可能な同温泉の発展策を検討する「由布院サスティナブル・ツーリズム協議会」(会長=桑野和泉・由布院温泉観光協会長)が三月十五日まで、試験的に運行する。観光客にマイカーを控え、公共交通機関で移動してもらうことで渋滞を減らす「パーク&ライド」の観光地づくりの一環。
 盆地の東回り、西回りの二コースがあり、いずれもJR由布院駅を発着。午前九時―午後四時までの時間帯に定時に出発し、美術館やギャラリー、史跡が点在する盆地周辺部をメーンに周回する。観光客がのんびりと美術鑑賞や散策を楽しめるよう、途中で下車や乗車ができるパス(乗車券)も販売。
 由布院温泉では近年、中心部に駐車場が急増した。しかし、行楽期や週末には依然として激しい交通混雑が発生し、市民生活に影響を与えている。旧町時代の二〇〇二年には渋滞緩和策を模索する交通実験にも取り組んだが、渋滞対策の決め手を見いだせていない。
 由布院観光総合事務所は「中心部の交通渋滞をいかに減らすかが長年の課題。由布院にはちょっと離れた周辺部にもお勧めの散策場所や文化施設がたくさんある。アートバスに乗って渋滞を緩和し、併せて由布院の新たな魅力を知ってほしい」と話している。
 パスは一―四日分まであり、料金は五百―千二百円(小学生以上、観光施設の割引特典付き)。由布院温泉観光案内所(JR由布院駅内)などで販売中。問い合わせは同事務所(TEL0977・85・4464)。

【写真】東回り、西回りの2コースで試験運行する循環型アートバス
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-02-28 09:05 | 大分

湯路(ゆーろ)使いホクホクに 別府で地域通貨緊急発行

http://www.asahi.com/business/update/0227/SEB200902270011.htmle0113829_19385273.jpg

 不況のなか、心も体も温めてもらおうと大分県別府市の市民グループ・アチチ中央銀行(吉永秀生総裁)が3月1日、地域通貨「定額給付湯路(ゆーろ)」を緊急発行する。

 6年前に発足した中央銀はこれまで、市内11温泉と約20商店で利用できる湯路(1湯路100円分)を10万湯路発行。イベントや清掃作業の参加者らに配布してきた。

 今回は約1万湯路発行し、12湯路単位で希望者に無料で配る。もたつく政府を尻目に、吉永総裁は「どんどん温泉に入ってもらって別府を元気にしたい」と意気盛んだ。

【写真】緊急経済対策として地域通貨「湯路(ゆーろ)」を発行するアチチ中央銀行の吉永秀生総裁=別府市役所
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-02-28 08:03 | 大分

温泉学会:「世界遺産と温泉」テーマに、大田で春季大会--来月2、3日 /島根

http://mainichi.jp/area/shimane/news/20090228ddlk32040637000c.html

 全国の温泉愛好家や学者らでつくる温泉学会(竹下賢会長)は3月2~3日、大田市温泉津町で「世界遺産と温泉」をテーマに春季大会を開く。

 温泉学会は、温泉を愛好する市民、温泉に関心のある研究者、作家、ジャーナリストらでつくるユニークな学会。03年に設立され、全国各地の温泉地で年2回、大会を開催している。今年の春季大会は、石見銀山遺跡の世界遺産登録で沸く温泉津温泉で開くことになった。

 2日は、温泉津町コミュニティーセンターで午後1時半から。現地の報告に続き、会員から温泉を巡る問題点や現状の報告などがある。3日は大田市の石見銀山世界遺産センターに会場を移し、午前9時から。島根大の小林准士准教授の基調講演に続き、小林准教授、世界遺産センターの中田健一主任らが参加するシンポジウムを行う。

 実行委員長の大川哲次副会長は「世界遺産がテーマになるのは初めて。温泉街が世界遺産の一部として指定されており、銀山とのつながりでどのように発展したのか、現況の問題点は何かなど興味深い。特に環境保護をどう考えているかは関心が高い」と話している。

 いずれも入場は無料だが、資料代が必要。【松本泉】
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-02-28 00:00 | その他

タウンたうん:温泉キャラクター誕生--雲仙 /長崎

http://mainichi.jp/area/nagasaki/news/20090228ddlk42040576000c.html

 雲仙市の小浜温泉観光協会(津山信一郎会長)はこのほど、温泉のマスコットキャラクターを公募し「おゆっぴー」と命名した。

 「子供たちも含めて幅広い年齢層に、小浜温泉に親しみを持ってもらいたい」と、昨年10~11月に全国から公募。約60点が集まった中から青森県弘前市のグラフィックデザイナー、工藤和久さん(44)の作品を選んだ。小浜温泉の「小」「O」を基調に、暖色で豊かな湯量、熱量を表現した。命名は同協会。

 同協会は「小浜温泉のお湯や自然を象徴する、温かく明るいキャラクターになった。オバマ米大統領グッズに加えて積極的にPRしたい」。今後、着ぐるみを作製してイベントなどで活用していく予定だ。【錦織祐一】
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-02-28 00:00 | 長崎

別府で定額給付金「湯路(ゆーろ)」配布へ

http://tiiki.jp/news/org_news/09kyushu/2009_02_28yuro.html

 大分県別府市で、地域通貨「湯路(ゆーろ)」を発行するまちづくりグループ「アチチ中央銀行」は、国の定額給付金をもじって名付けた「定額給付湯路」を3月1日から希望者に配布する。

 湯路は、別府八湯アチチ探検隊が運営するアチチ中央銀行が管理を行い、「安心・本物の町の湯共同体(イ~湯~!)」が発行する、循環型の地域通貨および為替。湯路の価値は、それぞれの温泉やお店で変化し、おおむね100円程度の金券として、「湯路ガイド」に記載されている温泉や店、サービスに使うことができる。

 定額給付湯路は3月1日から年3月31日まで、一人あたり12湯路が提供される。18才以下と65才以上については一人8湯路が追加され、20湯路が提供される。総額10000湯路まで先着順で提供される。発行された湯路は、温泉11カ所と約20店で利用できる。

関連情報:  路地裏の新通貨システム「湯路」
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-02-28 00:00 | 大分

八代市:来年度の当初予算案、一般会計502億円 /熊本

http://mainichi.jp/area/kumamoto/archive/news/2009/02/27/20090227ddlk43010540000c.html

 八代市は26日、総額502億1400万円の09年度一般会計当初予算案を発表した。前年度より11億6200万円(2・4%)増えた。旧6市町村合併後は前年度比マイナスの緊縮予算が続いてきたが、景気や雇用対策に重点を置き、積極型に転じた。

 歳入のうち市税は137億9800万円で前年より3%減った。歳出では、特産の畳表加工促進などふるさと雇用再生特別基金事業で4500万円▽緊急雇用創出基金事業で2800万円--を盛り込んだほか、中小企業資金融資に備える預託金を前年度の5億円から8億円にした。

 その他の主な新規事業は、アサリ養殖に悪影響を与える八代海のエイ駆除など環境生態系保全事業費200万円▽関東地区での八代農産物PR事業費350万円▽日奈久温泉センター改築に伴う7月のオープニング関連経費350万円--など。【西貴晴】
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-02-27 15:00 | 熊本

一足お先。定額給付『ユーロ』の配布を発表したのは・・。

http://japan.techinsight.jp/2009/02/teigakuyu-ro20090227.html

国が緊急経済対策のひとつとして掲げる「定額給付金」には賛否あるが、一足お先に「定額給付『ユーロ』」なるものを配布する事を発表した団体がある。
2月26日に発表されたこの定額給付『ユーロ』。1ユーロは約100円の価値があるというのだが。

1ユーロが100円程度の価値をもつとは「『円天』の再来か?」とも思われそうな話だが、実は「湯路(ゆーろ)」という温泉専用の地域通貨なのだ。
これは、大分県別府市で温泉施設を盛り上げようと発案されたもので「アチチ中央銀行」が発行している。
同銀行では緊急経済対策として「定額給付湯路(ゆーろ)」を無料で発行すると2月26日に発表した。
その数1万枚でかなり大規模な経済対策といえる。本来湯路は1湯路が100円程度の価値があるので100万円相当もの湯路が温泉街の地域銀行から発行されるのだ。

うれしいのはこの定額給付湯路が在住地域を問わず希望者に配布されることである。
配布は一人につき12湯路で、18歳以下と65歳以上には8湯路が追加支給される。
ただし、配布は市内の6ヶ所で行われる為、同温泉街を訪れなければ手に入らない。有効期間は3月一杯となる。

昨年は熊本県の菊池市で地域商品券「一会(いちえ)」を発行して1週間で1億円分を販売して話題となった。
これには各地域行政が注目し、定額給付金を「地域振興券(商品券)」で支給する提案をする自治体も出てきた。
国の「定額給付金」の意義や支給方法などが固まらず難航している間に地域では独自の工夫がなされているのだ。

しかし大分県別府市の「アチチ銀行」の「湯路(ゆーろ)」を使った「定額給付湯路」発行という、「遊び心」は素晴らしい。
これからは「遊び心が経済を動かす」といったコピーライターがいたが、こういった事なのかもしれない。

「定額給付湯路(ゆーろ)」のお問合せは
 野上本館 TEL 0977-22-1334
 まで。

(編集部:真紀和泉)
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-02-27 11:45 | 大分

定額給付金「湯路(ゆーろ)」配布へ 別府

http://www.oita-press.co.jp/localNews/2009_123569563181.htmle0113829_1946278.jpg

 地域通貨「湯路(ゆーろ)」を発行している別府市のまちづくりグループ「アチチ中央銀行」(吉永秀生総裁)は二十六日、国の定額給付金をもじった「定額給付湯路」を三月一日から希望者に配布すると発表した。「百年に一度と呼ばれる“未曾湯(みぞゆう)”の不況の中、酩酊(めいてい)する政局に先駆け、大型の緊急経済対策を行う」としている。
 市中心部の飲食店など六店舗で、一人十二湯路(千二百円相当)を配る。十八歳以下と六十五歳以上は二十湯路。所得、住所制限はない。発行総額は一万湯路。有効期限は三月末。中心部の温泉十一カ所と約二十の商店で使える。
 講演会活動などの益金を資金に充てた。吉永総裁は「政府よりも早くばらまく。定額給付で別府に元気が出るはず。イエス・湯(ゆー)・キャン」とPRした。湯路は二〇〇三年に発行開始。通常は「竹瓦かいわい路地裏散歩」や地域の清掃活動、ゆかたdeピンポンなどに参加するともらえる。
 詳細はホームページ(http://www.coara.or.jp/~sanken/yuro/)または野上本館(TEL0977・22・1334)へ。

【写真】緊急経済対策として発行する1湯路札を手にする吉永秀生アチチ中央銀行総裁=26日午後、別府市役所
[PR]
by mo_gu_sa | 2009-02-27 09:44 | 大分