<   2008年 04月 ( 149 )   > この月の画像一覧

長者の藤:見ごろを迎え、大にぎわい--筑紫野・武蔵寺 /福岡

http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20080430ddlk40040254000c.html

 筑紫野市武蔵の武蔵寺(ぶぞうじ)の市指定天然記念物の「長者の藤」が見ごろを迎え、29日、寺では藤供養会法要があった。また、近くの天拝公園でイベントが開かれ、1万5000人の人出でにぎわった。

 武蔵寺の藤は「武蔵寺縁起絵巻図」によると、寺創建の伝承を持つ藤原虎麿(とらまろ)が自分の姓にちなみ藤の木を植えたとされる。このため、伝承樹齢1300年の「長者の藤」と伝えられ、開花を祈念し、開山法要が開かれている。

 この日は本尊の薬師如来のご開扉、稚児行列があり、藤は酒を注ぐと元気になるといわれていて根元にかけて長寿を祈った。また8分咲きになった藤の前には、藤供養の祭壇も設置され、長寿の藤にあやかろうと多くの人がお参りをしていた。本尊前では護摩祈祷(ごまきとう)も開かれた。

 一方、天拝公園の水上ステージでは、九州産業高校吹奏楽部やつくし子ども太鼓など5団体が演奏を披露。茶会や二日市温泉の足湯などでのんびりと一日を過ごしていた。【川上敏文】

 ◇「将軍藤」も見ごろ小郡
 また、小郡市福童の大中臣神社境内の「将軍藤」も見ごろを迎えた。神社では「将軍藤まつり」が開かれ、花見を楽しむ人でにぎわっている。5月5日まで。

 将軍藤は県指定の天然記念物。樹齢約600年とされ、根元周囲約3メートルの幹から枝分かれし、高さ2メートルの藤棚204平方メートルを覆っている。地区住民でつくる将軍藤保存会(会長=高尾豊区長)が手入れし、毎年この時期にまつりを開いている。期間中は午後11時までライトアップし、約4000人が訪れるという。

〔福岡都市圏版〕

毎日新聞 2008年4月30日 地方版
[PR]
by mo_gu_sa | 2008-04-30 17:01 | 福岡

国内最大級! 旅の見本市「旅フェア2008」、5月1日より前売りチケット販売

http://journal.mycom.co.jp/news/2008/04/30/007/index.htmle0113829_1792014.jpge0113829_1792816.jpg

旅フェア実行委員会は5月1日より、パシフィコ横浜で開催する国内最大級の旅の見本市「旅フェア2008」の前売りチケットを販売開始する。前売り料金は一般700円(当日1,000円)、高校生以下は無料となり、電子チケットぴあやローソンチケット、CNプレイガイド、JR東日本の主要駅のみどりの窓口などで購入することができる。

「旅フェア2008」は6月19日~22日(一般公開日は20日~22日)の期間で開催され、地方公共団体や観光関連企業・団体などが国内旅行の魅力をPRするイベント。今回より、全開催日を通じて、いつでも入場可能なフリーチケット制を導入しており、フェアのイベントや展示などを何度でも楽しめるようになっている。

2008年で14回を迎える同フェアのテーマは「癒し」。出展団体は旅の臨場感を大切にして、さまざまな趣向を凝らした展示やアトラクションを設け、「癒し」を実感できるブースを展開する。例えば、温泉気分を気軽に味わえる足湯や日本各地の郷土芸能が楽しめるステージ、ふるさとの祭りで使う大型祭具の展示といったものが用意されるという。その他、旅行招待券や宿泊券が当たる大抽選会、郷土料理をふるまうイベント等も行われるとしている。

【写真】(左)足湯で温泉気分に浸ろう(写真は2007年時のもの)
     (右)2007年開催時の会場の様子
[PR]
by mo_gu_sa | 2008-04-30 15:14 | 温泉一般

筑後路:温泉施設「アクアス」が10周年 /福岡

http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20080430ddlk40040312000c.html

 大木町八町牟田の温泉施設「アクアス」のオープン10周年記念イベントが、29日開かれた。地元の町民グループによる踊りやコーラスの披露、フリーマーケットなどが催され、多くの人出でにぎわった。

 同施設は98年4月、町の福祉や健康づくりの拠点としてオープンした第三セクターの温泉。浴場だけでなく、水中ウオーキングなどができるケアプールやトレーニングジムなども備えている。地元の農産物の直売所「がんばらん館」なども併設され、10年間での利用者は約180万人という。

 また、同施設は10周年を記念し、30日まで入館料を100円としている。

〔筑後版〕

毎日新聞 2008年4月30日 地方版
[PR]
by mo_gu_sa | 2008-04-30 06:00 | 福岡

【断 中条省平】横尾忠則がすごい

http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/080430/acd0804300314002-n1.htm

 横尾忠則がすごいことになっている。

 いま東京の世田谷美術館で「冒険王・横尾忠則」という大規模な展覧会が開かれており、それを見れば、横尾が現存する日本の美術家で最大のスケールをもった才能であることが一目瞭然(りょうぜん)だ。「スケール」というのは、そのままで世界の美術界に通じる存在感と表現力の多彩さということである。

 そんなおり、彼は突然「隠居」を表明して、デザインはもちろん、絵も注文仕事を一切やめてしまった。好きなことしかしないというのだ。かつての異端児・横尾も今年で72歳。生活もスローダウンするのかと思ったらとんでもない。

 大量の近作を含む前述の展覧会に加えて、この2、3カ月で立て続けに4冊の新刊を出した。

 その名も『隠居宣言』に、毎月一個所温泉をめぐって1枚ずつ大作タブローを描き、24枚完成して紀行文も付けた『温泉主義』。100点以上の関連絵画を添えたエッセー集『人工庭園』。さらには、初の本格的な小説集『ぶるうらんど』と来た。

 横尾忠則は『コブナ少年』や『インドへ』などエッセーの名人でもあるからそうは驚かないが、『ぶるうらんど』にはびっくりした。

 あの世が舞台で、登場人物はみんな死人。全篇に淡いノスタルジーを漂わせ、無責任なユーモアに浸されている。この道をさらに究めれば、内田百●、吉田健一、藤枝静男などの幻想小説の域に近づくのではないか。そんな期待をしたくなった。(学習院大学教授)

●=もんがまえに月
[PR]
by mo_gu_sa | 2008-04-30 03:12 | その他

名誉駅長にネコの「バス」 会津鉄道・芦ノ牧温泉駅

http://www.kahoku.co.jp/news/2008/04/20080429t65041.htme0113829_17242366.jpg

 会津鉄道の帽子をかぶり、大好きなミルクをなめている雌ネコ。先日、すまいにしている芦ノ牧温泉駅(福島県会津若松市)の名誉駅長に就任した。

 8年前に近所の子どもに拾われて駅舎にすみ着き、待合室に専用の部屋も作ってもらった。愛称は「バス」。気まぐれだが、かわいらしさで利用者に人気がある。

 会津鉄道はストラップとキーホルダーも売り出した。バス人気をテコに「ネコの手を借りたい」ほどの忙しさを期待しているが、“当人”はどこか所在なさげ。「だってわたしは『バス』ニャンだもん!」
(会津若松)
[PR]
by mo_gu_sa | 2008-04-29 12:00 | その他

豊後高田市営夷谷温泉の改修工事終わる

http://kiji.i-bunbun.com/read/read.cgi?1209394800=120942965626387=1

 豊後高田市夷(えびす)の市営夷谷温泉が二十七日、改修工事などを終えリニューアルオープンした。
 傷みや老朽化のため、内装改修とシャワー用ボイラーを交換した。改修費は約二百七十四万円。式典で、都甲昌叡副市長が「地域の皆さんと協力し、さらに多くの人を夷谷温泉のファンにしていきたい」とあいさつ。地元の子どもたちによる太鼓演奏などもあった。
 同温泉は一九九五年九月にオープン。毎月四千人以上が利用し、昨年は延べ約五万二千人が訪れた。泉質は硫酸塩泉で、褐色の湯が特徴。入浴料は大人三百円、子ども百円。営業時間は午前十時―午後十時。第二、第四月曜日は定休日。
 問い合わせは同温泉(TEL0978・54・2995)。
[PR]
by mo_gu_sa | 2008-04-29 09:40 | 大分

山香牛も味わって 3、4日にエビネ祭り

http://kiji.i-bunbun.com/read/read.cgi?1209394800=120942954726132=1

 杵築市山香町の「やまが温泉エビネ祭り」(大分合同新聞後援)が三、四の両日、市山香庁舎前の広場で開かれる。
 JA山香町、山香町エビネ生産組合、杵築市などでつくる運営委員会が、山香町の特産品エビネを多くの人にアピールしようと毎年開いている。
 祭りは両日とも午前九時にスタート。西日本最大規模のエビネ展示即売会にはそれぞれ五千鉢のエビネと山野草を展示即売する。
 特設ステージでは、三日に山香子ども神楽や清水とも子さんの歌謡ショー、カラオケ大会などを開催。四日は山香子ども太鼓の演奏などがある。
 模擬店コーナーでは豊後山香牛の焼き肉や山香米のおにぎり、牛丼、きじめし―などを販売し、特産品をアピールする。
 四日午前九時五十分からは会場をスタート・フィニッシュとする山香エビネマラソン大会がある。全国から約千人のランナーが参加し、自然いっぱいのコースで健脚を競う。
 運営委員会は「家族連れで楽しめるイベントなのでぜひ多くの人に遊びに来てほしい」と話している。
[PR]
by mo_gu_sa | 2008-04-29 09:39 | 大分

計画から35年、長崎ルート起工に地域浮揚への期待

http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20080428-OYS1T00441.htm

 曲折を経た九州新幹線長崎(西九州)ルートの建設が28日始まった。整備計画の決定から35年。佐賀県嬉野市で行われた起工式には祝賀ムードが漂い、地域浮揚への期待が高まった。一方、建設に反対してきた県内の首長2人は姿を見せず、しこりを残した。

 「鉄道を引いて日本一の観光地にするという親父(おやじ)の夢が実現できる」――。嬉野市商工会副会長で老舗旅館・和多屋別荘の社長、小原健史さん(59)は亡き父、嘉登次(かとじ)さんの顔を思い浮かべながら、感慨深げに起工式を見守った。

 明治時代、旧長崎街道に沿って鉄道が延伸される予定だったが、嬉野では「入湯客が素通りし宿泊客が減る」と反対運動が起こり、計画は変更された。のちに「百年の悔(くい)を残した」(嬉野町史)と言われた。

 小原さんは「1990年に長崎自動車道嬉野インターができるまでは、武雄温泉駅からバスなどで客を運んだ。『どこまで山の中へ連れて行かれるの』とよく聞かれた」と振り返る。

 嬉野温泉旅館組合理事長で県議会議長も務めた嘉登次さんは軽飛行機で大阪、広島、岡山の上空から200万枚のビラをまき、嬉野の名を広めた功労者。だが、鉄道を引こうと昭和30年代に展開した「嬉野新線」運動は実らなかった。

 その後、新幹線計画が浮上。小原さんに「お前たちが頑張れ」と託し、99年に死去。その夢がようやく実現した。

 温泉街がある旧嬉野町の宿泊客は92年度の118万人をピークに減り続け、2006年は70万人。「これまでは福岡都市圏狙いだったが、新幹線ができれば関西もターゲットになる」。小原さんは早期開業に期待を寄せる。

 ◆佐賀・鹿島市長、江北町長は起工式欠席
 長崎ルート建設に反対してきた佐賀県鹿島市の桑原允彦(まさひこ)市長は起工式には出席せず、「来てほしくない日も確実にやってくる」とつぶやきながら歩いて登庁した。

 自宅はJR長崎線の近くで、特急「かもめ」が通り過ぎる。同ルートが開業すれば、並行在来線区間の鹿島市を通る特急は大幅に減る。「生活に溶け込んだ風景が見られなくなるかもしれない」と嘆いた。

 登庁後に記者会見し「反対の旗頭だった私が式に参加しても冷や水をかけることになる。今後のまちづくりへ市民の気持ちを向けるためにも新幹線への思いは封印します」と語った。

 江北町の田中源一町長も役場で通常業務をこなし、「今でも反対。今後も変わらない」と言い切った。

(2008年4月28日 読売新聞)
[PR]
by mo_gu_sa | 2008-04-28 22:00 | 佐賀

トルコギキョウ浮かべる八面山金色温泉

http://kiji.i-bunbun.com/read/read.cgi?1209308400=12093430874248=1e0113829_1655358.jpg

 中津市三光田口の八面山金色温泉に”トルコギキョウ風呂”が登場。色とりどりの花々を浮かべた湯で、利用客を喜ばせている。五月六日まで。

 トルコギキョウは三光地域の特産品。毎年秋から翌年七月ごろまで出荷している。人々でにぎわうゴールデンウイーク中、”三光”ならではのもてなしで地域をアピールしようと、同温泉が初めて企画した。
 男女の露天風呂それぞれに、「ボレロホワイト」「ダイヤモンドピーチ」など規格外の花約千個を浮かべている。白や薄紫、淡いピンク色などの優しい色合いで優雅な雰囲気。女性客は「お姫さまになったよう」「目にも楽しい」と笑顔だった。
 花言葉は「優美、希望」という。「優美な気分に浸り、心も体もゆったりくつろいで」と伊藤博之副支配人。

【写真】優しい色合いのふわりとした花々にうっとり
[PR]
by mo_gu_sa | 2008-04-28 09:38 | 大分

温泉街彩るミヤマキリシマ 「花祭UNZEN2008」始まる

http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20080428/07.shtmle0113829_17341360.jpg

 花をテーマに多彩なイベントを繰り広げる「花祭(はなさい)UNZEN2008」が二十七日、雲仙市小浜町雲仙の温泉街で始まり、多くの観光客らでにぎわっている。五月十一日まで。

 温泉街一帯では、地元住民らがアイデアを凝らした草花などのプランターを持ち寄った「家壇(かだん)コンテスト」が開催され、約三百点が観光客らの目を楽しませている。

 プロガイド「さるふぁ」が無料で案内する「ミヤマキリシマ見学バスツアー」も始まり、参加者らは宝原園地のミツバツツジや地獄周辺の四分咲きのミヤマキリシマなどを見て回った。同ツアーは九日まで午後一時と三時の一日二回実施。先着順。

 雲仙ハイカラレトロ館では、クラシックなドレスなどをレンタルする「ハイカラさんの街フェスタ」を開催中。カップルらが記念撮影に納まっていた。四日午後二時からはファッションショーも。十日には旅館おかみらとカーネーション農家を巡るツアー(有料、要予約)もある。

 デジタル写真コンテストでは「雲仙の花」をテーマにした作品を募集している。六月三十日締め切り。問い合わせは雲仙観光協会内の花祭実行委(電0957・73・2233)。
[PR]
by mo_gu_sa | 2008-04-28 06:00 | 長崎