<   2008年 02月 ( 99 )   > この月の画像一覧

三菱、戸建て住宅向けミスト機能付き浴室乾燥・暖房・換気システム発表

http://journal.mycom.co.jp/news/2008/02/29/035/index.htmle0113829_20405041.jpg

三菱電機は28日、「三菱エコミスト」(V-231BZ-MS)を発表した。発売は4月25日で、価格は21万1,900円。また、システムとして使用するために必要となるコントローラーセットは、標準タイプ「P-231SWMS」が4万2,000円、照明スイッチ対応の「P-231SWMS-T」が4万3,050円となっている。なお、取り付けには、これらとは別に工事費が必要となる。

三菱エコミストは、ミストの発生と、浴室の乾燥・暖房・換気を1台で行うシステム。従来は、3部屋乾燥タイプのモデルがラインナップされていた。これは、浴室、脱衣所、トイレの3箇所の換気を同時に行うというもので、これらが隣接しているケースが多い、おもに集合住宅に向けたモデル。オール電化の新築マンションを中心に、設置されるケースが増えてきているとのことだ(なお、新築時でなくても、バスルームのユニット交換を伴うようなリフォームの際には取り付けが可能だ)。ところが、戸建て住宅では、それらのスペースが離れた場所にあるケースも珍しくはない。今回発表されたV-231BZ-MSは、そういった環境に向けた、換気を浴室1部屋のみ行うタイプ。

ミスト機能は、浴室内に、直接触れてもぬれた感じがしない微細な水の粒子(0.005mm)を放出することで、よりリラックスできる入浴タイムを実現するというもの。また、肌のうるおいをアップさせる効果もあるという。ミストを生成する機構は「ダイヤモンドミストメカ」と呼ばれ、給水した水を圧電素子により微細なミストとし、温風に乗せて一部はそのまま放出、そして残りを加湿に使用するという仕組み。運転モードは「うるおい」「リラックス」「クール」の3種類で「うるおい」ではミストの量を増やして温泉の湯煙のような状態を実現し、湯冷めしにくくする効果がある。「リラックス」では少量のミストを放出し、読書も可能な浴室環境を実現する。また、「クール」は、ヒーターを使用せずに常温でミストを放出することで、夏場の湯上がりの発汗を抑える。また、浴室内の温度は「うるおい」では30~40°C、「リラックス」では27~37°Cでそれぞれ4段階で調節可能だ。

【写真】リラックスした入浴タイムを実現する「三菱エコミスト」。新モデルでは、集合住宅だけでなく、戸建て住宅の水回りレイアウトにも対応
[PR]
by mo_gu_sa | 2008-02-29 19:21 | 化粧品・温泉関連商品

都城市:売却の温泉施設「旧神々のふるさと湯」、応募あり入札へ /宮崎

http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20080229ddlk45010682000c.html

 都城市が売却する同市吉之元町の温泉施設「旧神々のふるさと湯」の購入申し込は28日締め切り、応募者があった。市は29日に選定審査会を開き、施設の利用計画に問題がなければ3月5日に入札を実施する。建設工事など他の入札と同様、参加社数などは事前公表しない。

 温泉施設は、指定管理者が経営難を理由に撤退し、昨年9月に休館。市は今月7日から購入希望者を募集していた。募集要項の請求は、県内外の医療法人や社会福祉法人、建設会社などから10件あったという。【木元六男】

毎日新聞 2008年2月29日
[PR]
by mo_gu_sa | 2008-02-29 17:03 | 宮崎

串間温泉いこいの里:市、経営権放棄を撤回 市議会で反発相次ぐ /宮崎

http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20080229ddlk45010681000c.html

 28日に開かれた串間市臨時議会で、鈴木重格市長は、同市本城の串間温泉いこいの里を運営する第三セクター「串間リフレッシュビレッジ」の経営権を事実上放棄し、新たに出資した民間団体に経営を委ねたことを明らかにした。しかし、議員からは「議会の承認も得ず、やり方が不透明」との反発が相次いだ。このため、市長は午後からの質疑で「民間の新たな出資は見直す」と方針を白紙撤回した。【塩満温】

 リフレッシュビレッジは、96年開業のいこいの里の運営会社として農協や商工会議所などが出資して設立。資本金は5100万円で、2700万円を出資する筆頭株主の市長が代々の社長を務め、昨年4月には指定管理者に任命されていた。

 しかし、1月末の累積赤字は約5160万円で、資本金を上回る債務超過状態に陥った。このため、市と市漁協を除く6団体が株式を無償譲渡(返上)し、撤退。代わりに、市内の4個人と1企業が任意団体「串間温泉管理」を設立して1200万円の増資を申し出たため、鈴木市長は今月16日までの株主総会で、社長を温泉管理代表に譲ったという。

 臨時会では「三セクとして市が出資している以上、役員の改選や、定款の改定は三セクで決める前に議会の承認を得るべきだ」と、市長の責任を問う声が相次いだ。

 方針を転換した理由について、鈴木市長は「このままでは議会や市民の理解が得られないと判断した。新社長には事情を説明して増資分を引き戻してもらい、指定管理者として名乗りを挙げてもらうようにお願いする」と語った。【塩満温】

毎日新聞 2008年2月29日
[PR]
by mo_gu_sa | 2008-02-29 17:03 | 宮崎

冷え性の方、必見! 「硫黄」パワーの秘密

http://www.excite.co.jp/health/topics/rid_1449/e0113829_2046372.jpg

立春も過ぎたというのに、まだまだ本格的な寒さが続く2月。冷え性を自負する私としても、まだまだ寒さ対策には余念がないこの頃。

そんなときに、「ミネラルイオウが冷え性に効く」という興味深いニュースを耳にした。
そもそも、“ミネラルイオウ”っていったい何? ミネラルイオウを配合したドリンクを販売している会社、スタイルアンドバリュージャパンの方に聞いてみた。

「ミネラルイオウとは、温泉成分としてもよく聞かれる“硫黄”のことです。体内に摂り込むことによって、温泉効果としてあげられるような“冷え性”や“肩こり”の改善、“疲労回復”にも効果があります」

確かに温泉に入ったあとは、体がポカポカと温まる。冷え性に効果があると言われれば、納得できる話だ。
さらには、健康と健康の必須キーワードになりつつある“デトックス”、そしてダイエットに必要な“骨格形成”にも硫黄が効果的なのだとか。

「あまり知られていませんが、硫黄には、人体に摂り込まれて溜まった有害な金属や毒素を排出する、高いデトックス効果があります。また、引き締まった体・弾力のある肌をつくる、細胞の骨格形成に重要な要素なのですが、1日の必要摂取量が2000mgと多いため、摂取が難しいミネラルとも言えます」

冷え性、デトックス、そして骨格形成と、健康面はもちろん、美容面でも効果が高いのであれば、ぜひうまく日常で摂り入れたいところだ。現状としては、硫黄のサプリメントはもちろん、ミネラルイオウ(硫黄)を含んだドリンクがあるので、サプリが苦手な私としては、ぜひドリンクで飲み始めたいと思った。

ちなみに、硫黄をはじめとするミネラルは、不足しすぎると貧血や骨粗鬆症などを起こし、また過剰摂取しすぎると低血圧や不整脈などの弊害を引き起こす。摂り過ぎに注意しつつ、この春は“硫黄”で健康と美容を維持してはいかがだろう。

(武田 由紀子)
[PR]
by mo_gu_sa | 2008-02-29 11:31 | 温泉一般

串間の温泉施設経営権を民間移譲、議会追及に市長「白紙撤回」

http://kyushu.yomiuri.co.jp/local/045/045_08022901.htme0113829_20431180.jpg

 串間市の温泉施設「串間温泉いこいの里」を運営する第3セクター「串間リフレッシュビレッジ」が、民間の出資団体に経営権を譲渡していたことが28日、市議会臨時会で明らかになった。鈴木重格市長は「赤字の施設を存続させるためには、この方法しかなかった」と釈明。しかし、議員からは市の責任を追及する声が相次ぎ、鈴木市長は出資団体からの増資などを白紙撤回すると表明した。

 市によると、市や串間商議所など8団体が最初に保有していたビレッジの株は計1020株(一株5万円、出資金5100万円)で、そのうち市は約53%の540株(同2700万円)を持つ筆頭株主だった。16日までに市など2団体を除くJAはまゆうなど6団体の計460株が一端、ビレッジに無償譲渡された。その460株を市内の4個人1企業でつくった民間が出資した団体「串間温泉管理」(国府光朗会長)に一株1円で売却した。

 さらに串間温泉管理は1株1円で1200万円(1200万株)の増資を行い、市の540株を大きく上回って筆頭株主になり、経営権を得た。これに伴い、鈴木市長が取締役から退き、社長に国府氏が就任した。

 温泉施設の累積赤字は今年1月末現在、元々の資本金5100万円とほぼ同額に膨らんでいた。こうした株の売買や増資は、債務超過を回避するためだった。

 市は事実上、経営権を放棄した形で、臨時議会では改めて市の経営見通しの甘さが問われた。議員からは「任意団体に経営を任せるのはいかがなものか」「出資金は市民の貴重な税金。責任を感じていないのか」などと非難が続出。鈴木市長は午後からの質疑の中で、これまでの決定を見直し、再び経営権を市に戻すよう国府社長に要請すると答えた。

 鈴木市長は「市民の理解が得られなければ、温泉施設を運営できないことは(国府社長も)分かってくれるはず」と話しているが、既に増資などについては株主総会で議決も得ている。

 串間温泉いこいの里は1996年11月にオープン。利用者数は97年度の約30万3000人をピークに減少し続けている。

【写真】経営権が譲渡されていたことがわかった「串間温泉いこいの里」
[PR]
by mo_gu_sa | 2008-02-29 10:00 | 宮崎

「九重”夢”大吊橋」を商標登録

http://kiji.i-bunbun.com/read/read.cgi?1204210800=12042454887358=1

 九重町は町の新しい観光スポットになった「九重”夢”大吊橋」のイメージと、大吊橋のネーミングで土産品などを販売している町民の利益を守るため、特許庁に九重”夢”大吊橋の商標登録を出願していたが、町に商標登録証(登録第5109582号)が届いた。
 現在、土産品などに使われている九重”夢”大吊橋の文字は、町が商標登録したことでほとんど使えなくなる。そのため町は早急に要項を定め、各業者からの申請を受け付け、審査した上で商標使用を認める。地場産業育成の目的から、町内者の使用は無料にし、町外者は有料扱いにすることを検討している。
 今回、町が商標登録したのは、町外の業者に登録の動きがあったため。町内の温泉群をイメージした「九重”夢”温泉郷」の呼称も商標登録を出願しており、新しい味として町が売り出しを計画している「九重”夢”バーガー」についても、出願することにしている。
[PR]
by mo_gu_sa | 2008-02-29 09:38 | 大分

足湯でレジオネラ菌感染、掃除の男性入院 鹿児島

http://www.asahi.com/life/update/0228/OSK200802280108.html

 足湯でレジオネラ菌による肺炎にかかって入院した人が鹿児島県内にいたことが、県環境保健センターの調べでわかった。国立感染症研究所によると、足湯でレジオネラ菌に感染した例は全国で初めて。今月の月報に掲載し、注意を喚起している。足湯は、公衆浴場とちがって水質や清掃などの管理に法的規制がない。同センターは「全国的に足湯ブームだが、実態調査をして基準を設ける必要がある」と話している。

 発病したのは、鹿児島県に住む50歳代の男性で、昨年9月に肺炎で入院した。その後快復したがレジオネラ菌が原因だったため、同センターが調べていた。

 同センターは、男性が発病の1週間前にボランティアで足湯の掃除に参加していたことを知り、足湯の浴槽水、浴槽のタイルを調べたところ、レジオネラ菌が100ミリリットルあたり560個検出された。菌の遺伝子を調べると男性が感染した菌と同じだった。男性がマスクをせずに高圧洗浄機で足湯の掃除をしたため、菌に汚染された水滴を吸い込んで感染したとみている。男性は糖尿病のため、感染しやすかった可能性がある。

 この足湯は観光客向けにJR駅前に設置されている。掛け流し式で、塩素消毒などはしていない。毎日午後11時に湯の供給を止め、排水せずに翌朝の供給再開まで放置していたという。

 レジオネラ菌は水温20度以上の温泉などで、特定の種類のアメーバに寄生して増殖する。高齢者や小さな子などがかかりやすい。急激に重症になって死亡することもあり、02年には宮崎県の温泉で7人が亡くなる集団感染があった。今年1月には三重県四日市市の高齢者の健康増進施設の足湯でもレジオネラ菌が検出され、足湯は閉鎖されている。

 厚生労働省によると、足湯は公衆浴場法の対象にならないため、水質基準や清掃などの管理基準がない。

 京都府立医大病院感染対策部の藤田直久部長は「足湯だからといって不衛生な湯が流れていいわけではない。普通の公衆浴場や温泉に準じて衛生的にきちんと管理する必要があるだろう」と話している。
[PR]
by mo_gu_sa | 2008-02-29 05:47 | 鹿児島

広域環境組合:余熱利用施設が赤字、800万円負担へ--諫早 /長崎

http://mainichi.jp/area/nagasaki/archive/news/2008/02/28/20080228ddlk42040573000c.html

 県央県南広域環境組合(諫早市)運営のごみ処理施設から出た余熱で稼働する大型レジャー施設「のんのこ温水センター」が、営業から2年で計約2000万円の赤字を出していたことが分かった。ごみ処理施設「県央県南クリーンセンター」では焼却炉で使う天然ガス代の負担割合を巡り、大手焼却炉メーカー側とトラブルになっている。

 温水センターは06年4月にオープン。ごみ処理に伴う余熱利用施設で鉄筋3階建て。プールや温泉、大広間などを備える。27日に利用者20万人を記録したが、市中心部からのアクセスが悪いなどの条件があり、当初予想を年間で2~3万人下回る。

 赤字額は、06年度に1200万円▽07年度は800万円になる見通し。稼働前に、センター運営者の指定管理者・協栄ビルメンテナンス(東京)と結んだ協定書で「200万円以上の赤字分は折半する」と規定しており、2年間で組合側は約800万円を負担することになった。

 組合側は、ごみ処理施設のガス代について「焼却炉で使うガスが予定していた基準値を大幅に超えている」として、焼却炉メーカーにガス代の一部負担を求めている。【柳瀬成一郎】

〔長崎版〕

毎日新聞 2008年2月28日
[PR]
by mo_gu_sa | 2008-02-28 18:01 | 長崎

訪日旅行客取り込め、JTBや日本旅行など

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20080228AT1D2202527022008.html

 旅行大手が海外からの訪日旅行客の取り込みに動き始めた。JTBは中国の富裕層を狙う個人ツアーを発売。日本旅行やエイチ・アイ・エス(HIS)は海外向けのインターネット予約システムを導入し、ユーロ高で需要が高まる欧州などからの旅行客を開拓する。今後、日本の人口減少が進む中で新たな成長分野に育てる狙い。訪日旅行客を2010年に1000万人に拡大する政府の目標達成を後押しし、地域経済の振興に貢献する効果も見込める。

 JTB子会社で、アジアの旅行会社向けに訪日旅行の手配を代行するJTBエイティーシー(東京・千代田)は4月をメドに、中国人富裕層の個人客を対象とした日本ツアーを発売する。宿泊は高級旅館、移動は新幹線のグリーン車を使い、富士山の眺望や自動車工場の見学、温泉などを組み込んだ5コース程度をそろえる予定だ。
[PR]
by mo_gu_sa | 2008-02-28 08:42 | 温泉一般

嬉野町制作のご当地ソング、カラオケに

http://www.saga-s.co.jp/view.php?pageId=1036&blockId=803514&newsMode=articlee0113829_12584315.jpg

 嬉野市の旧嬉野町で制作された演歌「嬉野川恋唄」が、全国にカラオケ配信されている。同市の観光資源となる温泉や茶などを織り交ぜた情緒あるラブソングになっている。自治体制作の曲が配信されるのは珍しく、“熱唱”を通して知名度やイメージアップに期待を寄せる。

 曲は同町が1990年、全国の市町村に1億円を交付した「ふるさと創生事業」の中で誕生。歌手は神野美迦さんで、歌とカラオケの2曲が入ったカセットテープ3500本を制作した。カラオケ愛好者や舞踏関係者らに配布していたところ、県内外のカラオケ大会で歌われるなど口コミで広がり、同市は観光PRの一環でカラオケ配信を決めた。

 歌詞は嬉野川が流れる嬉野温泉を舞台とし、湯けむりや茶の香りなどを漂わせながら男女の恋をつづっている。カラオケ機UGAを設置した店で歌うことができ、スナックなど全国に12万台あるという。

 同市商工観光課は、「思わぬ形でふるさと創生を活用することができた。曲を歌ったり聴くことで嬉野温泉の雰囲気が伝わり、足を運ぶきっかけにしてもらえれば」と話す。

【写真】全国でカラオケ配信されている、旧嬉野町制作の「嬉野川恋唄」=嬉野市の嬉野総合支所
[PR]
by mo_gu_sa | 2008-02-28 07:50 | 佐賀