<   2007年 10月 ( 132 )   > この月の画像一覧

温泉施設:臼杵に初 仏像70体「大佛殿」も--「湯の里」来月2日落成式 /大分

http://mainichi.jp/area/oita/archive/news/2007/10/31/20071031ddlk44040533000c.html

 臼杵市で初の温泉施設「臼杵 湯の里」が同市深田に完成、11月2日に落成式がある。同市で「ホテルニューうすき」を経営する山下政治さん(59)が山林約3万平方メートルを造成、6年をかけ地下1300メートルまで掘削した。

 かけ流しで水温は40度前後、大浴場と露天風呂のほか、フグ料理を提供する食事処と宿泊所を備える。同市には湯治場として知られる六ケ迫鉱泉(14度前後)があるが、温泉法で定める25度以上の温泉は初めて。

 もう一つの目玉は如来像や菩薩像など70体をそろえた「大佛殿」。中国福建省の業者に製作を委託、金堂の千手観音像や大講堂の大日如来像は高さ8メートルを超す威容を誇る。国宝の臼杵石仏群から車で2分。入浴料、大仏殿拝観料各600円(中学生以下300円)。11月3日から営業を始めるが、機器整備のため温泉は12月以降の開業となる。11月2日は午前10時から午後3時まで大仏殿を無料開放、来場者にはぜんざいを振る舞う。問い合わせは湯の里0972・65・3711。【藤井和人】

毎日新聞 2007年10月31日
[PR]
by mo_gu_Sa | 2007-10-31 16:02 | 大分

九重“夢”大吊橋:開業1周年記念祭 会場は祝福ムード一色 /大分

http://mainichi.jp/area/oita/archive/news/2007/10/31/20071031ddlk44040529000c.html

 ◇観光客らスリルと絶景楽しむ--催しも多彩に

 九重町鳴子川渓谷の日本一の専用歩道橋「九重“夢”大吊(つり)橋」開業1周年記念祭があった30日、橋のたもとの会場は祝福ムード一色に包まれた。29日まで1年間の入場者数は、実に230万8107人。この日も早朝から観光客らが押し寄せ、「天空の散歩道」のスリルと絶景を楽しんだ。【楢原義則】

 渓谷はほんのり色づき始め、紅葉は11月第1、2週末が見ごろになりそう。祭典で坂本和昭町長は「この1年、あっという間に過ぎ、一方で交通渋滞やトイレ不足などの対応に追われた」と振り返り、「周辺の湯布院、別府、黒川温泉などとの相乗効果を含め、九重観光の確固とした足場を築き上げたい」と述べた。

 会場にいた谷克浩・元町商工観光課長は大吊橋の計画から開業、大人気ぶりを見届け、今年4月、会計課長に転任した。「感無量です。これから本格的に観光客受け入れのインフラ整備や特産品開発を急ぎ、魅力的な九重町のPRに努めたい」と話した。

 午前、午後の2回あったアトラクションでは、岩崎記代子さん(福岡県太宰府市)作曲、岡崎ふくみさん(福岡市)作詞の「夢の吊橋恋の詩」など町に贈られた5曲が披露された。飯田子ども園児は来年の大分国体のマスコットキャラクター「めじろん」の衣装を付けて可愛い「めじろんダンス」を踊った。また、湯坪温泉おかみの会は来場者を野だてでもてなした。

毎日新聞 2007年10月31日
[PR]
by mo_gu_Sa | 2007-10-31 16:02 | 大分

温泉熱を使い発電へ/青森・下湯

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2007/20071031092503.asp

 かつて温泉施設があった青森市の下湯地区で、県が温泉熱を利用した発電事業を計画していることが三十日、明らかになった。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の補助事業に応募し、採択されれば二〇〇八年度から二年間のボーリング調査を行う。

 青森市のラ・プラス青い森で開かれた県の「地中熱利用推進ビジョン策定委員会」の第二回会議で、事務局が示した。事業は、策定中の同ビジョンの一環。

 下湯地区は八甲田山ろくの堤川(荒川)上流に位置する。以前は温泉旅館などの施設もあったが、下湯ダム建設(一九八八年完成)に伴って姿を消した。

 温泉は現在もわき出ており、県が有効利用策を模索していた。

 県河川砂防課などによると、NEDOが九一年に同地区を含む八甲田西部地域で行った調査では、千五百メートルの地点から百二十度以上の温泉がわき出たことが分かっているという。

 NEDOが来年募集する「地熱開発促進調査」に応募し、採択されれば下湯地区のボーリングに着手する。事業には県と協定を結んでいる伊藤忠商事が協力し、調査結果に基づいて事業規模や採算性を考慮した上で、事業形態や実施主体を決定する。
[PR]
by mo_gu_Sa | 2007-10-31 09:25 | その他

建て替えへ31日閉館 日奈久温泉センター 09年春完成目指す 八代市

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/kumamoto/20071031/20071031_002.shtmle0113829_0554521.jpg

 八代市は同市日奈久中町の市営「日奈久温泉センター」(地上4階、地下1階)を建て替え、新施設を観光拠点と位置付け温泉街の振興に乗り出す。同センターは31日に閉館。新施設は日奈久温泉開湯600年の2009年春の完成を目指す。

 市によると、センターは公衆浴場や家族風呂、大広間などを備え、1967年に開業。地元住民が利用する一方、観光客の宴会場として親しまれてきた。だが、民間施設との競合で利用客が低迷、89年度から赤字経営になった。一時は廃止も検討されたが、存続を求める地元の声を受け、建て替えが決まった。

 11月中旬に解体作業が始まり、来年7月ごろに着工。新施設は現在、基本設計段階だが、市はレトロ調な外観を検討している。一例として同センターの前身の「本湯」を挙げている。本湯は肥後細川藩の奥座敷として1656年に完成し、1899(明治32)年に観光施設として改築された。屋根が丸い曲線を描く唐破風の建築様式が特徴。

 市から委託され、センターを管理する日奈久温泉振興協会の斉藤益雄事務局長(62)は「センターがどんな姿に生まれ変わるか楽しみ。開湯600年の再開業に向け、情報発信の方法を温泉街全体で考えたい」と話している。

【写真】明治時代の観光施設「本湯」のスケッチ画。新施設の外観の参考として検討する

=2007/10/31付 西日本新聞朝刊=
[PR]
by mo_gu_sa | 2007-10-31 00:41 | 熊本

九重夢大吊橋

http://www.tostv.jp/news/index.php?nno=4302

 九重町の九重“夢”大吊り橋が30日でオープン1年を迎え、現地で1周年の記念式典が開かれました。
 10月30日でオープン1年を迎えた九重夢大吊り橋。吊り橋周辺では、ほのかに紅葉が色づき始め30日は現地で1周年の記念式典が開かれました。式典には関係者などおよそ100人が参加し、地元の人などが自分たちでつくった大吊り橋の歌や踊りを披露しました。 29日までの入場者数はおよそ230万人で、当初予定していた30万人の7倍以上もの人が橋を訪れました。温泉地では吊り橋の知名度を活かし、更なる宿泊客を獲得しようと新たな取り組みを始めました。九重町観光協会ではこれまで筋湯温泉郷など9つの温泉地を九重九湯と呼んでいました。しかし、10月からこのほかに九酔渓と水分の2つを加えた11の温泉地に吊り橋から名前を取り、新たに九重“夢”温泉郷と 名前をつけました。2年目のシーズンを迎えた九重夢大吊り橋。吊り橋周辺では、これから本格的に紅葉が色づいてくるということです。
[PR]
by mo_gu_sa | 2007-10-30 18:00 | 大分

日本生化学 / 「オールフォーワン酵素入り入浴料」を医療機関、自然派ショップなどに拡販

http://www.e-expo.net/news/2007/10/20071030_01.htmle0113829_113215.jpg

 日本生化学(株)(本社東京都豊島区、佐々木秀夫会長)は、「オールフォーワン酵素入り入浴料」を医療機関、自然派ショップなどに拡販したい考え。現在の販路は、ラジオショップ、他社カタログ通販、他社ネットショップ、エステサロン。OEMも行っている。

 同製品は、パパイヤから抽出した“パパイン酵素”と温泉の“ミネラル”成分として知られる“炭酸水素Na”がダブルの力で洗浄し、さらに有効成分を配合したもの。垢は、汚れが染み込んだ老化した角質と皮脂から成る。老化した角質は乾燥や老化によって皮膚の角質層の表面に蓄積される。老化角質は、デスモゾームというタンパク質によって皮膚につながっているが、“パパイン酵素”は、そのデスモゾームを断ち切ることによって、老化角質を取り去る。さらに皮脂から代謝分解された脂肪酸が“炭酸水素Na”に触れると乳化して石鹸の役割を果たし、皮脂の構成物質であるトリグリセライドとスクワレンやステロールを落とすことができる。

 同製品で入浴すると、自然に汚れを落とすことになるため、体を洗浄する際、あまりゴシゴシ擦る必要が無くなる。そのため、皮膚の弱いアトピー性皮膚炎の人やドライスキンの人、脂肪酸は酸化すると加齢臭の原因になることから、加齢臭がある人にお薦めだという。

 さらに“炭酸水素Na”は、弱アルカリ性で美人の湯といわれる温泉に多く存在し、肌を滑らかにする働きがある。温泉の“ミネラル”成分としてはほかに、収れん作用がありひび・あかぎれに効くとされる“硫酸Na”、“炭酸水素Na”と“硫酸Na”と共にさら湯の肌の刺激をマイルドにする“塩化Na”を配合している。また、有効成分“ヘスペリジン”が血行を促進する温州ミカンの果皮から抽出した“チンピエキス”、+に荷電しており-に荷電している肌に吸着し肌をスベスベにする天然高分子“キトサン”を加えた。その他、“パパイン酵素”には水道水の塩素を分解する作用もある。

 無添加・無着色・無香料で肌に優しい。税込み価格は30包入り・3150円。
[PR]
by mo_gu_sa | 2007-10-30 15:40 | その他

バルーンの後は温泉へ 熊の川温泉が飾り付け

http://www.saga-s.co.jp/view.php?pageId=1036&blockId=683022&newsMode=articlee0113829_0575334.jpg

 バルーンの後は、温泉へどうぞ―。31日に開幕するバルーンフェスタを前に、佐賀市富士町の熊の川温泉旅館組合(坂口治組合長)と地元の住民でつくる湯志会(久納章美会長)が協力し、国道323号沿いにミニバルーンなどを設置した。温泉街を華やかに飾り、県内外から訪れる選手や観光客をもてなしている。

 地域一体で同フェスタを盛り上げようと企画し、今夏の佐賀総体期間中に続き2回目。10月中旬に、約50センチのカラフルなミニバルーン12個とぼんぼり30個を約2メートル間隔で道路沿いに設置し、「歓迎 熊の川温泉」と書かれた横断幕やのぼり旗も掲げた。

 同市は今年2月、古湯・熊の川温泉の魅力アップを目指す活性化計画を策定。旅館主や地元住民が、もてなしの心づくりや景観整備などに取り組んでいる。坂口組合長は「良質な温泉で疲れを癒やしてほしい」と話している。

【写真】ミニバルーンやぼんぼりで飾られた熊の川温泉がある国道323号沿い=佐賀市富士町
[PR]
by mo_gu_sa | 2007-10-30 15:00 | 佐賀

日本一の“夢”盛大に1周年 九重・大吊橋

http://kiji.i-bunbun.com/read/read.cgi?1193670000=11937197005097=2e0113829_0525117.jpge0113829_053171.jpg

 九重町田野の九重”夢”大吊橋は三十日、オープン一周年を迎え、大吊橋を見渡せる展望広場に設置された特設ステージで、関係者ら約三百人が出席し、盛大に”一歳”の誕生日を祝った。
 午前十時から町内の女性コーラスグループ・コールやまなみの「坊がつる讃歌」や町商工会女性部の踊り「九重音頭」、飯田こども園の「めじろんダンス」、大吊橋を詠んだ俳句紹介などで開幕。式典では、大吊橋をテーマにした歌や詩吟を寄せたり、大吊橋周辺に記念植樹をした人に感謝状を贈呈し、坂本和昭町長が「大吊橋は事業からみれば完成しているが、町づくり的には、どう付加価値を付けていくかが課題。町民が力を結集する時期。さらに喜ばれる大吊橋、来て良かったと思ってもらえる町、町民とともに夢を描ける町を目指していきます」とあいさつした。
 正午からもジャズライブやギターライブ、郷土芸能披露などのアトラクションがあった。終日、湯坪温泉おかみの会が野だての席を設けて、見物客らをもてなした。
 大吊橋は昨年十月三十日に長さ、高さともに日本一の看板を引っ提げ、華々しくオープン。当初は年間三十万人の入場者を見込んでいたが、その目標はわずか二十四日でクリア。ことし四月には百万人、九月には二百万人を突破するなど順調に客足を伸ばし、観光の町の新スポットとして完全に定着した。二十九日までの入場者数は二百三十万八千百七人。

【写真】(左)九重”夢”大吊橋からの眺めを楽しむ観光客=30日午前10時10分ごろ
     (右)式典に花を添える女性コーラスグループ=30日午前10時20分ごろ
[PR]
by mo_gu_sa | 2007-10-30 13:48 | 大分

嬉野ブランド確立へ 温泉や湯どうふを商標登録

http://www.saga-s.co.jp/view.php?pageId=1036&mode=0&classId=0&blockId=680970&newsMode=articlee0113829_12145994.jpg

 嬉野市は29日、嬉野温泉と「湯どうふ」の名称が入った図案3点を商標登録したことを発表した。地域間競争の中、統一したブランドを打ち出し差異化を目指すのが狙い。温泉地を登録するのは県内で初めて。各旅館や飲食店、観光パンフレットなどで積極的に利用して「安心感」の浸透を図る。

 商標登録したのは「嬉野温泉湯どうふ」「日本三大美肌の湯・嬉野温泉」「佐賀・嬉野温泉」で、3点とも「う」をモチーフにして温泉を表す嬉野のシンボルマーク「うれしのほほん」が入っている。市が昨年11月に特許庁に申請し、認められた。

 嬉野温泉湯どうふは、市内の店舗と関係団体で協議会を立ち上げ、製造や加工など商品の統一化を目指している。今回の登録を受け、湯どうふを提供する旅館や飲食店が商標を提示し、消費者に安心感を持ってもらう。また店舗やパッケージでの商標使用の可否を同協議会で検討しながらブランドの保護を図る。

 会見で、谷口太一郎市長は「温泉はのんびり、ゆったり、湯どうふはまろやかさを統一ブランドでアピールし、地域と協力して商標を幅広く活用しながら観光地の魅力を全国に発信していきたい」と話した。

【写真】会見する谷口太一郎市長(左から2番目)。後方には嬉野温泉や湯どうふの商標3点を紹介している=嬉野市の嬉野総合支所
[PR]
by mo_gu_sa | 2007-10-30 08:05 | 佐賀

柿「温泉美人」高品質で出荷/JAさが佐賀みどり支部【九州・沖縄】

http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/modules/bulletin8/article.php?storyid=3515

 【さが・佐賀みどり】JAさが佐賀みどり支部武雄営農事業所は、柿「刀根早生」のブランド「温泉美人」の出荷を始めた。武雄地区刀根早生柿研究会が5年前から売り出している、樹上脱渋法で栽培したブランド商品。

 樹上脱渋は樹上段階で一つ一つに固形アルコールの入った袋をかぶせ渋味を取る方式。「温泉美人」のネーミングは、地元武雄市の「武雄温泉」に漬かってポッと赤くなった姿を想像させるような姿から来たもので、甘くおいしい味と合わせ、消費者の人気を呼んでいる。

 初日は1.8トンを集めた。31日まで集荷を行う予定で、主に長崎、佐賀方面に出荷する。生産者は「今年は雨が少なかったので品質も良く収量も良い」と笑顔を見せる。
[PR]
by mo_gu_sa | 2007-10-29 18:00 | 佐賀