<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

7月豪雨8月火災で全焼 出水折尾野温泉 今月末にも復活 常連客の熱望に応え

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/kagoshima/20061222/20061222_001.shtml

 7月の県北部集中豪雨で被災、立ち直った8月には火事で全焼した出水市武本の折尾野温泉共同浴場が、今月末にも再オープンする。集落7戸が運営する同温泉。
1度は再建をあきらめかけた代表の茅房善行さん(70)は「常連客の熱い要望に応えたかった」と再開の日を心待ちにしている。

 茅房さんによると、同温泉は冷泉を薪で沸かす方式で、風呂たきなど集落の人たちが当番制で運営。200年以上の歴史があり、皮膚病に効くと評判で、遠くは東京からも湯治客が来るという。

 しかし、7月の集中豪雨で床上浸水。浴室の消毒や休憩室の畳を張り替えるなどして同月末には再開したが、8月28日に煙突の加熱が原因で出火、全焼した。

 運営戸数が減少し、メンバーの高齢化などから閉鎖も考えられたが、常連客から「再開してほしい」との電話や励ましが相次ぎ、再開を決意、建て直すことになった。

 新しい浴場は焼失前より狭くなったが、浴室には6人ほど入れる。11月中旬に工事を始め、今月25日ごろには完成する予定。茅房さんは「再開できてうれしい。今後も続けていきたい」と話している。この時期の営業時間は正午から午後7時半(水曜休み)。入浴料は大人300円。

=2006/12/22付 西日本新聞朝刊=
[PR]
by mo_gu_sa | 2006-12-22 11:20 | 鹿児島

温泉水「ひた粋」いかが、9400年前の地層から取水

http://kyushu.yomiuri.co.jp/local/044/044_06121502.htm
e0113829_14234469.jpg
 日田市で旅館を経営する「さつき観光開発」(古賀弘人社長)は、市内の約9400年前の地層からくみ上げた温泉水「ひた粋」を発売した。市内の水販売会社「竜石」が販売している温泉水を買い上げ、女性をターゲットにしたデザインのペットボトルに詰めた商品だ。

 温泉水は、「竜石」が、本社敷地内の地下約750メートルの約9400年前の地層からくみ上げ、非加熱で濾過(ろか)処理した。女性ホルモンの分泌やアルコール分解を促す働きを持つ亜鉛分を多く含み、水素イオン指数はpH7・7弱で体にスムーズに浸透するという。

 「竜石」は「竜石水」として売っており、「さつき観光開発」は、地場産品の販売促進を目的に商標を替えてみた。ペットボトルのデザインは、ピンク色に桜や氷の結晶のような模様を入れた。古賀社長は「日田市の良いものをどんどんPRして、観光客誘致につなげたい」と話している。

 500ミリ・リットル入り150円、2リットル入り400円。同市や福岡市の代理店で買える。インターネット(http://www.satuki.jp/hita)でも注文できる。問い合わせは「さつき観光開発」(0973・23・6969)へ。

【写真】発売された「ひた粋」
[PR]
by mo_gu_sa | 2006-12-15 00:00 | 大分

出水・折尾野共同浴場 復活へ住民立ち上がる

県北豪雨で浸水、1カ月後に全焼
http://373news.com/modules/pickup/article.php?storyid=1657e0113829_2351864.jpg

 8月の火事で全焼した出水市武本の「折尾野温泉共同浴場」の新築工事が、年内のオープンを目指して進んでいる。共同浴場は7月の県北部豪雨でも被災、度重なる悲運に運営する地域住民らは一時再建をあきらめたが、常連客の熱い要望に応え、歴史ある温泉の復活に立ち上がった。
 同温泉は折尾野集落の7戸が運営。風呂たきなど当番制で、冷泉を薪で沸かす。入浴料は大人300円。管理代表者の茅房善行さん(70)によると、同温泉は200年以上の歴史があり、切り傷や皮膚病などに効果があるとして大勢の人が県内や熊本県などから訪れるという。
 ところが7月の県北部豪雨で床上浸水。清掃、修理して同月30日に再開したが、8月28日の火事で今度は全焼した。運営戸数が減少したことや高齢化などを理由に閉めようとの話もあった。しかし、常連客らから「再びオープンしてほしい」などの電話などが相次ぎ、地区民が団結。再オープンすることになった。
 浴場は広さ約30平方メートル。浴室と脱衣場があり、浴室の広さは男女各約10平方メートル。焼失前は横を流れる川の上にせり出して作っていたが、新浴場は建築法でできなくなったため、若干狭くなった。浴室には6人ほどが入れるという。
 11月中旬に工事開始。12月4日の棟上げ式では約70人が詰めかけ、もち投げに歓声を上げて祝った。建設工事は25日ごろ終了する。茅房さんは「オープンできることがうれしい。再開へ向けて地区民が協力してくれたことに感謝したい」と笑顔を見せた。

【写真】営業再開へ工事が進む折尾野温泉=出水市
[PR]
by mo_gu_sa | 2006-12-07 07:20 | 鹿児島