カテゴリ:佐賀( 772 )

玄海原発:町、廃炉後の現実に不安「国は支援を」

http://mainichi.jp/select/news/20120525k0000m010183000c.html
http://mainichi.jp/select/news/20120525k0000m010183000c2.htmle0113829_23264575.jpg

 佐賀県玄海町が九州電力玄海原発の廃炉を想定した財政試算は、これまで原発に依存してきた立地自治体の脱原発後の現実を突き付ける。原発マネーに漬からせることで国策を進めてきた国も、脱原発後に自治体が進むべき道を考えるときだ。

 財政試算について、岸本英雄町長は取材に「まったく原発に依存しないではやっていけないことが分かった。町民に犠牲になってもらうことが多くなる」と打ち明け、隣の唐津市との合併も「将来考えなければならないかもしれない」と可能性を否定しない。

 町にはこれまで265億円以上の電源三法交付金が注がれ、町民会館や温泉施設などのハコモノを造ってきた。これらの維持管理費がかさむ一方、年を経るごとに原発の資産価値が減るため町の固定資産税は毎年十数%ずつ減少。町は原発の増設を繰り返すことで財政を立て直してきた歴史がある。

 震災前、町長は老朽化が問題となっている1号機が廃炉になった後の増設や中間貯蔵施設設置の可能性にも言及していた。だが原発事故の恐ろしさを目の当たりにした今、政府は脱原発を掲げ、増設に伴う新たなカンフル剤(原発マネー)の望みはゼロと言っていい。

 原発が造られる場所は全国のへき地だ。玄海町でも人口は減り続け、原発以外の企業誘致は進まない。原発が突然奪われることの町民の不安は大きい。

 福島大の清水修二教授(地方財政論)は廃炉の場合でも「廃炉作業にともなう雇用は維持される」と述べた上で「国は早く脱原発に向けた計画を立て、立地自治体の財政が急激に落ち込むようなら法律を変えて電源三法交付金を充てられるようにすべきだ」と話す。【関谷俊介】

【写真】岸本英雄・玄海町長
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-05-25 03:19 | 佐賀

解説:原発依存に望みゼロ/町民に不安「国は廃炉後支援を」/玄海町財政試算

http://mainichi.jp/area/news/20120525sog00m040003000c.html
http://mainichi.jp/area/news/20120525sog00m040003000c2.html

 佐賀県玄海町が九州電力玄海原発の廃炉を想定した財政試算は、これまで原発に依存してきた立地自治体の脱原発後の現実を突き付ける。原発マネーに漬からせることで国策を進めてきた国も、脱原発後に自治体が進むべき道を考えるときだ。

 財政試算について、岸本英雄町長は取材に「まったく原発に依存しないではやっていけないことが分かった。町民に犠牲になってもらうことが多くなる」と打ち明け、隣の唐津市との合併も「将来考えなければならないかもしれない」と可能性を否定しない。

 町にはこれまで265億円以上の電源三法交付金が注がれ、町民会館や温泉施設などのハコモノを造ってきた。これらの維持管理費がかさむ一方、年を経るごとに原発の資産価値が減るため町の固定資産税は毎年十数%ずつ減少。町は原発の増設を繰り返すことで財政を立て直してきた歴史がある。

 震災前、町長は老朽化が問題となっている1号機が廃炉になった後の増設や中間貯蔵施設設置の可能性にも言及していた。だが原発事故の恐ろしさを目の当たりにした今、政府は脱原発を掲げ、増設に伴う新たなカンフル剤(原発マネー)の望みはゼロと言っていい。

 原発が造られる場所は全国のへき地だ。玄海町でも人口は減り続け、原発以外の企業誘致は進まない。原発が突然奪われることの町民の不安は大きい。

 福島大の清水修二教授(地方財政論)は廃炉の場合でも「廃炉作業にともなう雇用は維持される」と述べた上で「国は早く脱原発に向けた計画を立て、立地自治体の財政が急激に落ち込むようなら法律を変えて電源三法交付金を充てられるようにすべきだ」と話す。【関谷俊介】
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-05-25 03:00 | 佐賀

「古湯の国道 歩きやすく」住民がアイデア

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saga/news/20120524-OYT8T01220.htme0113829_005129.jpg

 佐賀市富士町古湯地区の住民が、国道323号バイパスの開通を今秋に控え、古湯温泉街付近を貫く現在の国道323号の改善策について、議論を重ねている。これまでの話し合いで、歩道を設けたり、街路樹を植えたりして、温泉客らが歩きやすい道路にする意見が出ている。今後、意見を集約して県や市などに要望していく方針。(佐々木浩人)

 県などによると、古湯地区の国道323号は片側1車線で歩道がなく、交通量は、2010年の調査で1日4656台(午前7時~午後7時)。バイパスは全長9・5キロで、一部で供用が始まっており、地区中心部から離れた地域を通っている。今秋に残る2・1キロが開通する予定。バイパスが全線開通すれば、今の国道の整備や管理は、県から市へ移管されるという。

 この機会に望ましい道路の姿を探ろうと、自治会が中心となり、昨年9月から勉強会を定期的に開いている。

 今月22日に古湯公民館で開かれた5回目の勉強会では、地域づくりプロデューサーの砂田光紀さん(48)(福岡市)が、自分で制作した国道一帯の100分の1の模型(長さ約5メートル)を披露。「観光客が周遊できるように」といった参加者の意見を踏まえ、模型では、車の速度を抑えるために所々道幅を狭めたほか、街路樹をふんだんに植えて道路そばで歩行者が休むことができるようにした。

 出席者からは「国道だけでなく、周遊のための道も合わせて整備してはどうか」などの意見が出た。

 各地でまちづくりのアドバイスをしてきた砂田さんは「住民主体で道路のあり方を一から議論するのは意義がある」と評する。住民の間には、バイパス開通後は、現在の国道の交通量が8割減るとの見方もあり、自治会長の山口澄雄さん(63)は「細かい点を早急に詰め、自治会の総意として要望を行政側に伝えたい」と話している。

【写真】模型を前にして意見を述べ合う住民ら

(2012年5月25日 読売新聞)
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-05-25 00:00 | 佐賀

ロンドン五輪:女子柔道、嬉野で強化合宿 昨年の世界選手権で好成績−−来月7〜12日 /佐賀

http://mainichi.jp/area/saga/news/20120523ddlk41050535000c.html

 ロンドン五輪に向けた女子柔道の嬉野強化合宿の日程が22日、嬉野市役所で発表された。6月7〜12日、嬉野市体育館で練習する。嬉野合宿は昨年の世界選手権前に続き2回目。五輪代表の福見友子選手(48キロ級)ら7階級の7選手と監督、コーチのほか次世代を担う強化選手ら約100人が参加。午前10時以降は見学自由(無料)だが、撮影は禁止。激励パーティーや柔道教室なども開かれる。

 女子の嬉野強化合宿は昨年6月4〜9日に初めて実施。同8月のパリ世界選手権で女子は全階級でメダルを獲得した。こうした好成績に加え、温泉が選手に好評だったので2回目の実施となった。市も体育館の施設を改善して準備した。

 谷口太一郎市長は記者会見で「全階級制覇を」とエールを送った。

 日程は次の通り。

 【練習】7日16時〜18時半▽8、11日10〜12時と16時〜18時半▽9、10日10〜12時

 【五輪激励パーティー】9日19時半、和多屋別荘。1万円。ビュッフェ形式で約300人の一般参加を予定。

 【合宿記念少年柔道教室】10日15〜17時、嬉野市体育館。小4以上の参加者を募集中(男子は小学生までだが、女子は中高生も)
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-05-23 15:33 | 佐賀

ウオーキング「九州オルレ」武雄 韓国マスコミが取材

http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2209284.article.htmle0113829_2243397.jpg

 韓国人観光客の誘致に向け、温泉や史跡巡りを取り入れたウオーキングコース「九州オルレ」をPRしようと、九州観光推進機構などは21日、県内から唯一選ばれた武雄コースに韓国のマスコミ関係者を招いた。コースの一部を歩いた記者たちからは「武雄神社の大楠を見るだけでも歩く価値がある」と好評だった。

 韓国では近年、済州島を歩いて巡る「済州オルレ」が人気。そこに目をつけ九州のウオーキングコースを提案、東日本大震災や円高の影響で激減した韓国人旅行者を呼び込む狙い。同機構は今年2月、武雄のほか、熊本・天草維和島、大分・奥豊後、鹿児島・指宿開聞の4コースを選定。すでに韓国からの個人・団体客が訪れているという。

 今回は韓国の新聞や旅行雑誌の記者8人に各コースを歩いてもらい、情報発信につなげる企画。武雄コース(全長は14・5キロ)では、JR武雄温泉駅を起点に白岩運動公園や貴明寺、武雄温泉保養村の山岳遊歩道などを巡り、最後に武雄温泉で汗を流した。

 記者たちは「山岳遊歩道が良かった。平らな道ばかりだと飽きるし、山が好きな人にはいい」「大楠は巨大でパワーをもらった」「最後に温泉に浸かるだけでも魅力。潜在力があることを伝えたい」と話していた。

【写真】「九州オルレ」武雄コースにある「武雄の大楠」の写真を撮る韓国の記者たち

2012年05月21日更新
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-05-21 14:56 | 佐賀

ふるさとの小唄60年ぶり復活 嬉野市大草野地区

http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2208788.article.htmle0113829_22212919.jpg

 嬉野市塩田町大草野地区の情景を歌った「大草野小唄」と「蛍橋小唄」が、地域の人たちの手で約60年ぶりに復活した。当時の踊り手の証言や写真などの資料を総動員して復元。住民たちは小唄を地域の宝として歌い継ぐことを誓った。

 「大草野小唄」は戦中、戦後に「物が何もないのでせめて歌でも」と、地域の会合などのたびに歌われていた。出だしは「世にも名高き大草野の蛍」。茶畑やアユといった豊かな自然とそれを誇りに思う人たちの心意気を歌う。「蛍橋小唄」は嬉野温泉の宿泊客が船を仕立ててホタル見物に訪れる名所を歌ったもの。

 小唄は戦後いつしか途絶え、歌詞にある蛍の乱舞もアユの遡上(そじょう)も見られなくなってしまった。「小唄を次の世代にも伝えたい」。当時を知る人の強い要望を受け、地元のまちづくり組織「大草野地区コミュニティ」が、昔の小唄を覚えていた山下ユク子さん(85)の証言を基に、山下さんのめいで、藤間流師範の中野辰子さん(59)が振り付けにアレンジを加えた。

 20日に大草野小であったお披露目会では、地元の有志が小唄に合わせて踊りを披露。山下さんは「素晴らしい。貧しくても隣近所で助け合って生きていたあの頃を思い出す」と絶賛。諸岡博子さん(64)は「小唄は地域の宝物。活性化と絆を深めるためにも歌い継いでいきたい」と決意を新たにした。

 同コミュニティは昨年7月に人工川を作って幼虫を放流、蛍の再生にも取り組んでいる。夜には蛍火がわずかにともり、間もなく見ごろを迎える。前田弘一会長(70)は「地域一丸で活動する機会をたくさんもうけることで蛍も小唄も守っていきたい」と話す。

【写真】ふるさとの情景を歌った小唄に合わせた踊りを披露する地元住民有志=嬉野市の大草野小

2012年05月20日更新
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-05-20 15:57 | 佐賀

ゆうらく跡に清掃センター 多久市長、臨時議会で答弁

http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2208389.article.html

 2007年に閉館した複合温泉施設「ゆうらく」跡地を取得する方針の多久市は18日、跡地に同市と小城市のごみを処理する清掃センターを建設する考えを示した。同日開会した臨時議会で、横尾俊彦市長が明らかにした。跡地取得の関連議案は全会一致で可決した。

 横尾市長は小城・多久地区広域清掃センター建設促進協議会で「小城市・多久市による共同ごみ処理」「候補地は多久市内」などを確認した経緯や現在の清掃センターの使用期間が20年3月までとなっていることを説明、「清掃センター予定地として跡地購入を決めた」とした。

 議員は「建物の撤去や整地費用はいくらか」「地元の理解は得られるのか」などと質問。渕上哲也副市長は「撤去と整地で2億5千万~3億円を見込んでいる」「24日から地元6地区で説明会を開く」などと答えた。

 多久、小城両市は今後、協議会や準備室などを立ち上げ、新清掃センター建設に向けて議論を進める。

2012年05月19日更新
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-05-19 10:18 | 佐賀

閉館施設「ゆうらく」跡地、ごみ処理場へ 多久と小城市が共同で

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/303074

 多久市の横尾俊彦市長は18日、2007年に閉館した同市北多久町の温泉施設「ゆうらく」跡を購入し、小城市と共同でごみ処理場を建設する方針を明らかにした。多久市は同日の市議会臨時議会に跡地(約10万5800平方メートル)と建物(延べ床面積約1万7900平方メートル)を約7900万円で購入する議案を提案し、可決された。

 同施設は、地元業者が1996年に開業。ホテルや物産館などを構えたが、経営悪化で06年に閉館。翌年には県外業者が営業を再開させたが、約5カ月で再び閉館となった。県外業者の破産後、跡地は4回競売に掛けられたが、落札されなかった。

 一方、多久市のごみ処理場は老朽化で20年3月、地元と定めた使用期限を迎える。小城市は旧久保田町と共同運営していた処理場が10年3月に廃止となり、現在は「クリーンパークさが」(唐津市)に持ち込んでいる。

 多久市は近く地元住民への説明会を開く。横尾市長は「ゆうらく跡地活用と処理場建設は懸案だった。住民の理解を得ながら、小城市との協議を進めたい」と話した。

=2012/05/19付 西日本新聞朝刊=
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-05-19 01:36 | 佐賀

多久市、温泉施設跡地にごみ施設計画

http://mytown.asahi.com/saga/news.php?k_id=42000001205190001

多久市の横尾俊彦市長は18日、閉鎖した温泉保養施設「ゆうらく」(同市北多久町小侍)の跡地にごみ焼却施設を整備する計画を明らかにした。小城市と共同で建設、使用する予定で、24日から住民に説明する。

 18日の臨時市議会で跡地の土地(約10万5800平方メートル)と鉄筋・鉄骨コンクリート6階建てなどの建物(延べ床面積1万7800平方メートル)を7884万円で購入する議案を提出し、全会一致で可決された。

 市によると、現在の市清掃センター(同市北多久町小侍)の供用期間は、地元6区長との公害防止協定で2020年3月末まで。

 横尾市長は、県のごみ処理広域化計画に基づく佐賀、小城両市との協議が進んでいないことなどを理由に、「多久市として方向性を示す必要があった」とした。今春ごろから小城市と協議し、候補地を多久市内にすることなどを確認したという。この日の議会では、施設の撤去費用などに約2億5千万円かかる見込みも報告された。

 「ゆうらく」は、採石業などを営む「タニグチ」が1995年に開業。経営難で売却された後、07年に閉鎖された。佐賀地裁で競売にかけられたが買い手がつかず、最初に申し出た人が購入権を得る特別売却の手続きに入っていた。
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-05-19 00:00 | 佐賀

多久市、ゆうらく跡取得の方針 18日、議案提出

http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2207407.article.htmle0113829_20494910.jpg

 2007年に閉館した多久市の複合温泉施設「ゆうらく」の土地や建物を、同市が取得する方針であることが17日、分かった。取得予定価格は7884万円で、市は18日開会の臨時議会に関連議案を提出、取得理由や活用方法を説明する。

 取得するのは、敷地約10万5800平方メートルのほか、ホテル・公衆浴場として使用された鉄筋コンクリート造り6階建ての本館や、鉄骨造り4階建てのホテル増築部分、店鋪5カ所など建物17棟合わせて延べ床面積1万7800平方メートル。

 ゆうらくは1995年、多久市の「タニグチ」がリゾート施設としてオープン。経営難で2006年に「日中医療会」(神奈川県)に買収されたが、翌年閉鎖された。08年の同医療会破産後、4回の競売が行われたが、いずれも買い手が付かなかった。

【写真】多久市が取得する方針を明らかにした「ゆうらく」跡地=多久市北多久町

2012年05月18日更新
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-05-18 10:40 | 佐賀