カテゴリ:化粧品・温泉関連商品( 154 )

甘くてまろやか…地下1270m源泉から食用塩

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120514-OYT1T00014.htme0113829_23151171.jpg

 山形県酒田市山楯の温泉施設「アイアイひらた」が同市宮海の建築会社「高橋建築」と協力して、同施設の源泉から作る食用塩「平田湯の塩」を開発した。

 源泉の塩分濃度の高さを生かしたもので、まろやかさと甘みが特徴。同施設の佐藤純支配人(50)は、「塩を起爆剤として温泉を盛り上げたい」と話している。

 開発のきっかけは、2007年から建築現場の廃材を燃料に、日本海の海水で塩の製造を行っていた高橋建築の高橋充治社長(67)の直感。今年3月、同施設の温泉に入っていて、水の程良いしょっぱさと甘みに気づき、「今までにない塩ができる。源泉から作る塩は聞いたことがなく、話題性もあると思った」という。

 高橋さんはさっそく、同施設の佐藤支配人に塩の製造を打診。同施設では、ちょうど入浴以外での温泉活用法を模索中だったことから快諾し、共同で源泉からの塩の製造にあたることになった。

 源泉は、同施設の地下約1270メートルからくみ上げているもの。佐藤支配人らによると、苦みを感じる硫黄が含まれていない一方、塩分濃度は2・3~2・8%で、県内の他の温泉に比べると高めなのが特徴だ。このため、「濃すぎず薄すぎず、塩作りにちょうど良い」という。

 塩の製造は、高橋建築の施設を使用。約400リットルの平釜に源泉を入れ、1日8時間ほど煮詰める作業を4日間続ける。源泉には土なども含まれているため、3日目の作業終了後に一度取り出して不純物を除去し、再度煮詰めている。

 その後、さらに3日間かけて塩の水分を蒸発させ、10分ほど鉄板で熱すると、ようやく完成する。一つの平釜でできる塩は、6キロ強。市販されている一般的な塩に比べると、黄みがかっているのが特徴という。

 塩は、温泉でできていることと、施設のある地名を表すために、「平田湯の塩」と命名。同施設での5月末の販売開始を目指し、現在、パッケージデザインの制作作業や、成分表示を行うための専門機関による調査などが進められている。将来的にはインターネットを通じて、全国に販売することも検討している。

 佐藤支配人は、「新しい地元の特産物として全国に広めたい」と、意気込んでいる。

【写真】平釜で煮詰める温泉水の状況を見る高橋社長(酒田市宮海の高橋建築で)

(2012年5月17日16時30分 読売新聞)
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-05-17 16:30 | 化粧品・温泉関連商品

炭酸風呂でシュワーッと癒やし

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110114/trd11011407400059-n1.htm

 寒い季節の癒やしのひととき「お風呂」。入浴剤などを使い、お風呂ライフを満喫している人も多いだろう。そんな中、自宅のお風呂を「炭酸風呂」に変身させる商品が相次いで登場している。

 健康や美容に良いとされる炭酸泉だが、日本で天然を楽しめる場所は長湯温泉(大分県)などわずかしかない。こうした商品で手軽に体の芯から温まるのも一興だ。

 大手化学「三菱レイヨン」(東京都港区)は昨年11月、炭酸ガスを湯に溶かし「炭酸風呂」を作り出す家庭用装置「カーボセラ・スタンダード」(実勢価格約40万円)を発売した。脱衣場などに設置し、湯と炭酸ガスを混ぜ合わせて専用の蛇口から炭酸温水を浴槽に注ぐ。

 同社によると、家庭用炭酸風呂装置の発売は国内初。天然と同じ高濃度炭酸を家庭で楽しめるという。

 一方、「花王」(中央区)も昨年10月、粉末型の炭酸ガス入浴剤「マイクロバブ」(同約500円)を発売した。同社は「従来製品に比べ、微細な泡を約1千倍発生させ、素早くお湯に溶けることで健康効果を高めた」としている。

 国際医療福祉大(栃木県大田原市)の前田真治(まさはる)教授(リハビリテーション学)は「炭酸泉には血行促進などの効果がある。炭酸風呂商品が次々に発売されているのは、こうした効能の認識が広がっている証拠ではないか」と分析している。
[PR]
by mo_gu_sa | 2011-01-14 07:38 | 化粧品・温泉関連商品

温泉水使用の「洗顔せっけん」製造 龍神観光協

http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=201386e0113829_1642574.jpg

 和歌山県田辺市龍神村の龍神観光協会(龍神享一会長)は、龍神温泉の温泉水を原料に使った洗顔せっけんを作った。日本三美人の湯にちなみ、肌を美しくするイメージに合った商品として開発した。当面は龍神温泉の宣伝用品として活用し、将来的には商品化を視野に入れた研究をしたいという。

 せっけんは半透明で龍神温泉の文字と、龍のデザインマークが入っている。縦4・5センチ、横7センチ、厚さ0・5センチ。非売品で千個作った。製造費は約15万円。

 製造を請け負った透明せっけんの製造会社「マイティ」(大阪府東大阪市)によると、せっけんの約10%が龍神温泉水の成分になっているという。同社は「きめ細かい泡が肌に浸透し、保湿効果を高める。温泉に入った時のようにしっとりとした洗い上がりが期待できると思う」と話す。

 龍神観光協会は、11月20、21日に龍神村で開かれた翔龍祭で100人に配布したところ「すべすべとして使用感がとてもいい」「使用後皮膚が引っ張らない」などの感想が寄せられたという。

 協会は「龍神温泉の魅力を発信する非売品として使い、その後は関係各機関と協議して商品化できるか研究していきたい」と話している。

【龍神観光協会が作った「せっけん」】

(2010年12月01日更新)
[PR]
by mo_gu_sa | 2010-12-01 17:05 | 化粧品・温泉関連商品

源泉化粧水で町おこし=「信玄の隠し湯」-山梨・下部温泉〔地域〕

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010092800227e0113829_14463085.jpg

 戦国時代の武将、武田信玄が戦の後に体を癒やしたと言われ、「信玄の隠し湯」として知られる山梨県身延町の下部温泉。約30度の冷泉で、外傷ややけどなどに効能があるとされる。その源泉から作った化学成分無添加の化粧水「下部温泉うるおいミスト」がこのほど売り出された。
 町おこし策の一つとして、同温泉のおかみ会が提案し、県や町の補助金などで立ち上げた下部温泉魅力づくり協議会が中心となって開発。柔らかい泉質のため肌の弱い人にも適し、洗顔やひげそりの後、あせもができた時など幅広く使える。
 下部温泉で最も歴史がある源泉館のおかみ、依田由有子さんは「下部には繰り返し来てくれるお客さんが多い。肌にいいのは実証済み」と話している。(2010/09/28-10:38)
[PR]
by mo_gu_sa | 2010-09-28 10:38 | 化粧品・温泉関連商品

ランキング:入浴剤

http://mainichi.jp/select/biz/news/20100927ddm008020018000c.html

 1位 別府温泉入浴原料「湯の素」(1本入り)        村上商会        1050円
 2位 LCローションバス「トロケアウ マスカット」     LCラブコスメティック 1260円
 3位 塩素中和入浴剤「湯まいるど」(30包)        吉岡事務所        880円
 4位 ゲルマニウム温浴ボール(10球)           エムワンCARAT    300円
 5位 露天湯めぐり(18包)                アース製薬        498円
 6位 薬用入浴剤「綺羅の刻」ギフト(20包)        北陸化成        1722円
 7位 金塊入浴剤                      ジグ           200円
 8位 バスロマン スキンケア コラーゲン          アース製薬        398円
 9位 福袋ギフト入浴剤30包にプリザーブドフラワーを添えて eぷらすぐっず     3150円
10位 バスロマン ゆず                   アース製薬        399円

==============

 自宅のバスタイムを楽しむための入浴剤。ランキングでは、全国各地の温泉気分を味わえる液体や粉末タイプの本格的な入浴剤のほか、ボール形や金塊形など形状の変わったユニークな入浴剤も人気だ。

 1位の別府温泉入浴原料「湯の素」は、お湯の色が乳白色になり、温泉の硫黄の香りを自宅で楽しめるのが人気。液体タイプなのが特徴で、肩こりや腰痛などへの効能もあるという。5位の「露天湯めぐり」は、粉末タイプで、秋田、長野、青森、群馬の4県の秘湯気分を一度に楽しめるお得な商品だ。

 4位のゲルマニウム温浴ボールは、直径約25ミリのボール状の入浴剤。ゲルマニウムの効用で、体の芯まで温かくなるという。7位の金塊入浴剤は、金の成分を配合し、金塊の形をした入浴剤。香りは柑橘(かんきつ)系で、金色の豪華なお風呂に入る気分を味わえる。【浜中慎哉】(ヤフーショッピングでの9月16~23日の販売件数順。表は順位、商品名、メーカーか販売ストア、価格の順で、価格は最安値を表示)

毎日新聞 2010年9月27日 東京朝刊
[PR]
by mo_gu_sa | 2010-09-27 00:00 | 化粧品・温泉関連商品

鬼怒川の源泉で地ビール 宇都宮・ろまんちっく村と日光・登屋本店 25日発売

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20100923/387015e0113829_1843267.jpg

 【日光】鬼怒川温泉の源泉を使って醸造した地ビール「温泉麦酒~鬼怒川温泉水仕込み」が25日発売される。宇都宮市農林公園ろまんちっく村でビールを製造、販売する「ファーマーズ・フォレスト」が醸造、鬼怒川温泉大原の「登屋本店」が販売する。重厚感のある苦みが特徴といい、新たな鬼怒川ブランドの誕生で活性化にも期待が掛かる。

 ファーマーズ社は1996年から地ビールを製造、販売。宇都宮から出て手掛ける初めての地ビールとして「鬼怒川ブランド」の話を登屋本店に持ち掛けたのが5月だった。

 鬼怒川の名前だけでなく温泉の使用も模索。10年前に温泉を使った日本酒を目指し実現できなかった登屋本店にとっても好機で、法的にクリア可能なことが分かり話が進んだ。

 仕込み用温泉水は第三セクター「鬼怒川・川治温泉観光開発」の源泉から購入。ビール全体の30%に使う。アルコール分は6・5%と高く、やや濃いめの締まった苦みが特徴。

 330ミリリットル入りで580円。月間2400本の生産を目指す。観光振興、源泉保護を目的に、売り上げの中から1本当たり1円を鬼怒川・川治温泉旅館協同組合に寄付する。

 ファーマーズ社の醸造部門「クラフトブルワリー」の山下創所長は「栃木を全国にアピールしたい」、登屋本店の速水茂希社長は「温泉に入った後、みんなでおいしく飲んでほしい」と話している。

 問い合わせは登屋本店電話0288・77・0305。同店のほか同温泉の宿泊施設、物産店、ろまんちっく村でも販売する。
[PR]
by mo_gu_sa | 2010-09-24 05:00 | 化粧品・温泉関連商品

モール温泉の化粧水いかが 別海 サケの成分配合

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/new_product/252227.htmle0113829_1734221.jpg

 【別海】根室管内別海町の温泉宿泊施設、郊楽苑(藤代幹良社長)は、同施設のモール温泉の水と、サケの頭の軟骨から抽出された有用物質プロテオグリカンを使った化粧水「べつかい美泉(びせん)水」を発売した。

 モール温泉は植物由来の有機質が多いのが特徴。利用者から、美容のために温泉水を毎日肌につけていると聞いて、商品開発を思い立った。化粧品原料など製造のバイオマテックジャパン(釧路)からプロテオグリカンの提供を受け、粧薬研究所(札幌)に製造を依頼。サケ皮由来のコラーゲンや函館産ガゴメコンブのエキスなども配合し、香料にラベンダー水を使った。

 120ミリリットル入り3900円で同施設で販売。27日からは新たに30ミリリットルのお試しサイズを800円で販売する。通信販売にも応じる。問い合わせは郊楽苑(電)0153・77・9119へ。

【写真】自慢のモール温泉とサケ由来のプロテオグリカンを使った「美泉水」
[PR]
by mo_gu_sa | 2010-09-22 08:48 | 化粧品・温泉関連商品

地元有効成分入り化粧水発売/別海の郊楽苑

http://www.news-kushiro.jp/news/20100917/201009172.html

  別海町の郊楽苑は同社が運営する温泉宿泊施設「郊楽苑」の温泉水、サケの鼻軟骨から採取される保湿成分プロテオグリカン、ガゴメ昆布由来の褐草エキスなど道内産の肌に良い成分にこだわった化粧水「べつかい美泉水」(仮称・ネーミング公募中)を20日に発売する。別海町の第三セクター運営から民間の同社が「郊楽苑」営業を引き継いでほぼ一年。「別海町の新たな特産品に育てたい」と意気込んでいる。
[PR]
by mo_gu_sa | 2010-09-17 00:00 | 化粧品・温泉関連商品

クラシエホームプロダクツ、入浴剤「旅の宿 美肌の湯」を発売

http://mainichi.jp/select/biz/release/01/news/20100914p0400a007020000c.htmle0113829_218568.jpg

平成22年9月14日

 クラシエホームプロダクツは、薬用入浴剤「旅の宿」から、美容効果の新シリーズ「美肌の湯」(4種×3包・12包入り、医薬部外品)を9月21日に新発売いたします。“美肌・美人の湯”として知られる温泉に多いアルカリ性の湯質にこだわりました。まろやかな湯あたりのお湯が、肌表面の古い角質を落として、肌をやわらかくし、なめらかに整えます。

 「旅の宿 美肌の湯」は、“美肌の湯”、“美人の湯”として知られる温泉地をイメージした「美肌温泉入浴剤」です。「嬉野(うれしの)」、「喜連川(きつれがわ)」、「鳴子(なるこ)」、「龍神(りゅうじん)」の4種類の湯感触と風情漂う香り、無色透明から濃厚白濁まで4タイプの湯色で、温泉情緒が味わえます。「アルカリ温泉成分」、「生薬(チンピ)」、「温泉含有保湿成分(メタケイ酸ナトリウム)」、「温泉含有香気成分」の4つのこだわり成分を配合。お肌はつるつるで、体はあったか、リラックス効果が得られます。

 当社の調査によると、入浴剤に求める効果として「リラックス」、「疲労回復」、「温浴効果」のほかに、「保湿」や「美容」など、スキンケアに関するニーズが高まっています。また、お湯の質や感触を楽しみたいという声も多くなっています。

 温泉気分でリラックスしながら、美肌効果も求める30代~50代の女性をメインターゲットに発売致します。

 「旅の宿」は、1986年に発売を開始。以来、自宅にいながらにして、各地の温泉湯めぐり気分を楽しめる薬用入浴剤として、皆様に親しまれてきました。

 詳細は次の通りです。

1.商品特長

 古くから“美肌・美人の湯”として知られる温泉に多いアルカリ湯質の入浴剤。まろやかな湯あたりのお湯が皮膚の表面をやわらかくし、素肌なめらか、美肌効果が実感できます。

<配合成分>

▼アルカリ温泉成分:肌のキメを整え、つるつる美肌に整えます。

▼生薬(チンピ):温浴効果を高めて血行を促進。疲労、肩こり、腰痛等をやわらげます。

▼温泉含有保湿成分(メタケイ酸ナトリウム):肌にうるおいを与えます。

▼温泉含有香気成分:温泉水の採取・研究により生まれた、リラックス感のある香りです。

<効能>

 あれ性、しっしん、疲労回復、冷え症、肩のこり、腰痛、神経痛、リウマチ、あせも、しもやけ、ひび、あかぎれ、うちみ、痔、産前産後の冷え症

2.商品概要

▼商品名

 旅の宿 美肌の湯 シリーズパック[医薬部外品]

▼種類・容量

 「嬉野」「喜連川」「鳴子」「龍神」各30g・3包 計12包

▼価格

 オープン

<嬉野(佐賀県) pH9.2 お肌つるつる 千年桜の香り 無色透明>

▼日本三大美肌湯の一つ。「肥前風土記」(713年)にも登場する伝統の地

▼湯感触:ややぬめり感のある、まろやかなお湯

<喜連川(栃木県) pH8.3 お肌すべすべ 凛とした日本水仙の香り 透け感のある美白濁>

▼日本三大美肌湯の一つ。那須連山の自然に恵まれた城下町

▼湯感触:やわらかな、まろみのあるお湯

<鳴子(宮城県) pH8.6 お肌なめらか 新緑の渓谷の香り やさしく自然な白濁>

▼奥州三名湯の一つ。松尾芭蕉の「奥の細道」にも登場する観光地

▼湯感触:やわらかなお湯

<龍神(和歌山県) pH8.0 お肌しっとり 紅梅の花の香り 純白の濃厚白濁>

▼日本三美人湯の一つ。弘法大師が開湯して栄えたといわれる観光地

▼湯感触:なめらかなお湯

*pH値は弊社内試験での実測値(40℃の水道水180Lに本品1包を投入)に基づくものですが、ご使用の状況や水質により多少異なる場合があります。

3.発売日

 2010年9月21日

4.WEBサイト

 http://www.kracie.co.jp/khp/tabi/

5.販売チャネル

 全国のドラッグストア、スーパーマーケット等

■問い合わせ先■クラシエホームプロダクツ

 お客様センター

 TEL:03-5446-3210

※発表日 2010年9月13日

以 上

2010年9月14日 
[PR]
by mo_gu_sa | 2010-09-14 16:42 | 化粧品・温泉関連商品

わき水50%の日焼け止め 宮崎・美郷町 南郷温泉施設が発売

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/197308e0113829_1418919.jpg

 宮崎県美郷町南郷区の温泉施設「南郷温泉 山霧」が、地元のわき水を使った日焼け止め「紫外線あっちイケ」を発売した。化粧水のようなさらさら感が特徴。紫外線吸着剤や防腐剤を含まず、子どもなど肌の弱い人にも使いやすくした。

 南郷温泉は合併前の旧南郷村が造った三セク施設。低張性アルカリ温泉で独特のぬめりがあり「美人の湯」として知られる。一昨年、化粧品などを開発する別会社を発足させ、温泉水を使った保湿化粧水などを販売している。

 発売した日焼け止めはわき水を50%配合。ワサビ根やオリーブ葉の発酵エキスを使って防腐効果を補い、天然由来の糖質であるトレハロースなどで保湿効果も加えた。紫外線は10代で浴びすぎると、体内にダメージが蓄積される。

 開発主任の那須祐子さんは「肌に優しい成分にこだわった。子どものころから紫外線対策を習慣付けて」。

 60ミリリットル瓶1890円。インターネットでも販売中。同温泉=0982(59)0100。

【写真】宮崎県美郷町の「南郷温泉 山霧」が発売した日焼け止め「紫外線あっちイケ」

=2010/09/14付 西日本新聞朝刊=
[PR]
by mo_gu_sa | 2010-09-14 00:22 | 化粧品・温泉関連商品