カテゴリ:その他( 634 )

遺言ツアーが人気 親族らと温泉につかり気持ち整理

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120522/bdy12052208000000-n1.htm

 生涯をかけて築き上げた財産を、親族に有効に活用してもらうために作成する遺言。遺言がないばかりに、親族が骨肉の争いをするケースも後を絶たない。遺言を作成するには自分の生涯を冷静に振り返り、気持ちを整理しなければならない。こうした中、親族ら関係者が温泉地に集まり、リラックスしながら遺言を作成する遺言ツアーが人気だ。

 遺言と一言で言っても、自分がいつまで生きるのか誰にも分からない。いつ、どうやって遺言を作成すればいいのか分からない人が多いのも事実だ。

 静岡県熱海市で税理士事務所を開業している加藤崇夫さんは日本有数の温泉地という地の利を生かし、温泉旅館に宿泊する「遺言作成ツアー」を企画。自ら同行し、作成の指導も行う。

 加藤さんは「誰に手厚く財産を残したいのか、墓は誰が守るのかなど、相続には一筋縄ではいかない問題がある。温泉という非日常の空間であれば、温泉や料理を楽しむことでお互いの心が和み、普通に話を進めるよりも円滑に気持ちの整理が行える」と話す。ツアーは1泊2日か2泊3日で、料金は参加人数や宿泊先によって異なるという。

 遺言作成のタイミングについて、加藤さんは「遺言は何度でも書き換えられる。何歳であっても早すぎるということはありません」とアドバイスする。

 編集プロダクション「プレス・サリサリコーポレーション」(大阪市北区)はこれまでに、行政書士と心理カウンセラーが同行する「遺言ツアー」を4回開催した。行き先は主に有馬温泉(神戸市北区)。心理カウンセラーが同行するのは、参加者の気持ちを落ち着かせ、心の整理をしやすくするためという。

 同社の松原宏子さんは「財産がなくても、人生について考える機会として参加することもできまする」としている。
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-05-22 07:58 | その他

登別観光協会らが検討委立ち上げ医療ツーリズム商品化

http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2012/05/19/20120519m_04.html

 登別観光協会と登別市、登別厚生年金病院、登別温泉旅館組合の4者は月内にも、温泉と医療を組み合わせた医療ツーリズムの商品開発・販売へ向け、検討委員会を立ち上げる。ターゲットは中国の富裕層。早ければ年内の販売開始を視野に入れている。

 同観光協会が新年度事業計画に盛り込んだ。医療ツーリズムは、外国人観光客らが温泉旅行中などに人間ドックや血液検査などの各種検診を日程に組み込む旅行のこと。

 健康への効果が期待される温泉と、アジア地域にある日本医療のブランド力を背景に、近年注目を集めている。道内では旭川市の取り組みが知られ、大手観光業者も専門部署を設置し注力する。

 同協会誘客宣伝委員会によると、近く委員会を立ち上げ、年内の商品化を目指す。具体的には気軽に現地で申し込めるオプショナルツアー形式を想定。個人客が多いホテルにパンフレットを置き、利用してもらう。

 現時点では、言葉の問題などの受け入れ態勢整備、利用料金の精算システム構築などの課題が想定され、これらを研究しながら、実現を目指していく方針だ。

 桂政勝委員長は「登別の泉質の良さは、上海や北京の富裕層に広がっている。3年計画で販売促進に努めたい。将来的には日本人旅行者も対象にしたい」と話している。
(鞠子理人)
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-05-19 00:00 | その他

奥道後国際観光:「海栄館」が支援 雇用は維持 /愛媛

http://mainichi.jp/area/ehime/news/20120518ddlk38020547000c.html

 奥道後温泉の「ホテル奥道後」を経営する民事再生手続き中の「奥道後国際観光」(松山市)が、ホテルグループ「海栄館」(愛知県)の支援を受け、再建を目指すことが17日、分かった。海栄館によると、施設や従業員の雇用は現状維持。接客サービスなどの質を向上させ、日帰り温泉利用の地元客を重視するといった手法で経営の建て直しを目指すという。

 奥道後国際観光は、不況による観光客の減少に加え、東日本大震災の影響で同ホテルへの外国人観光客のキャンセルが相次いで経営悪化。今年1月に松山地裁に民事再生法の適用を申請。負債総額は約10億円だった。

 海栄館は、愛知県や今治市の「ホテルアジュール」など計12のホテルや旅館を経営している。11年9月期の売上高は約50億円。従業員は約300人。【津島史人】
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-05-18 16:45 | その他

トリンドル玲奈、「鳥取王女」に 「はわい温泉に行きたい」

http://www.47news.jp/CN/201205/CN2012051701001444.htmle0113829_23551079.jpg

 モデルでタレントのトリンドル玲奈が、東京都内で開かれた鳥取県の「国際まんが博」(8月4日~11月25日)のPRイベントに、「まんが王国とっとり」の“トットリンドル王女”として登場。「トットリンドル王女だでぇ。てへぺろ」とあいさつした。

 CMで鳥取県出身の留学生を演じ、この日「とっとりふるさと大使」にも任命されたオーストリア出身のトリンドル。「日本の地元は鳥取にしちゃおうかな。(鳥取のことを)勉強して立派な王女になりたいです」とやる気十分。

 ただ、まだ鳥取を訪れたことはなく、「これから行く予定です。新しい王女の形ということで…」と苦笑い。CMにちなんで「鳥取砂丘や、はわい温泉に行ってみたいです」と話した。

【写真】「国際まんが博」のPRイベントに登場した鳥取県の平井伸治知事(左)とトリンドル玲奈=17日、東京都内

2012/05/17 16:33 【共同通信】
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-05-17 16:33 | その他

トリンドル「はわい温泉に行きたい」

http://www.sanspo.com/geino/news/20120517/oth12051716260022-n1.htmle0113829_23521767.jpg

 モデルでタレントのトリンドル玲奈が、東京都内で開かれた鳥取県の「国際まんが博」(8月4日~11月25日)のPRイベントに、「まんが王国とっとり」の“トットリンドル王女”として登場。「トットリンドル王女だでぇ。てへぺろ」とあいさつした。

 CMで鳥取県出身の留学生を演じ、この日「とっとりふるさと大使」にも任命されたオーストリア出身のトリンドル。「日本の地元は鳥取にしちゃおうかな。(鳥取のことを)勉強して立派な王女になりたいです」とやる気十分。

 ただ、まだ鳥取を訪れたことはなく、「これから行く予定です。新しい王女の形ということで…」と苦笑い。CMにちなんで「鳥取砂丘や、はわい温泉に行ってみたいです」と話した。(共同)

【写真】フォトセッションに応じるトリンドル玲奈
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-05-17 16:24 | その他

JR九州の豪華寝台特急「七つ星」に

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20120517-952437.html

 JR九州が計画している九州一周豪華寝台特急の名称が「七つ星」に決まったことが17日、分かった。九州各地の温泉などを巡る3泊4日の旅で、料金は約40万~50万円の予定。2013年秋に運行を開始する。

 車両は7両編成で、定員は30人程度。部屋数は5両で計14室。うち2室は1人50万円の「デラックススイート」になる。ラウンジ車と食堂車も設ける。

 「七つ星」は博多駅を出発し、大分県の由布院で温泉を楽しんだ後、車内で1泊。太平洋沿いに南下し、2泊目は鹿児島県霧島市の温泉旅館などに宿泊する。その後、鹿児島を観光し車内で宿泊して博多駅に戻る予定。

 「七つ星」という列車名には、九州7県の魅力を発信するという意味が込められているという。

 JR九州は、熊本県の熊本―人吉間で、蒸気機関車(SL)がけん引する「SL人吉」、鹿児島中央―指宿間で、ドアが開くと玉手箱の煙に見立てた水蒸気が出る特急「指宿のたまて箱」などの人気観光列車を運行している。(共同)
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-05-17 12:49 | その他

豪華寝台特急の名称「七つ星」に 3泊4日で九州一周

http://www.47news.jp/CN/201205/CN2012051701001035.html

 JR九州が計画している九州一周豪華寝台特急の名称が「七つ星」に決まったことが17日、分かった。九州各地の温泉などを巡る3泊4日の旅で、料金は約40万~50万円の予定。2013年秋に運行を開始する。

 車両は7両編成で、定員は30人程度。部屋数は5両で計14室となる。食堂車も設ける。博多駅を出発し、大分県の由布院や鹿児島県の霧島温泉などを巡る予定。

 「七つ星」という列車名には、九州7県の魅力を発信するという意味が込められているという。

2012/05/17 11:49 【共同通信】
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-05-17 11:49 | その他

ジオパーク会議参加者 玄武洞など視察で但馬入り

http://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/0005059402.shtmle0113829_23445386.jpg

 長崎県島原市で開かれた「第5回ジオパーク国際ユネスコ会議」の参加者が16日、兵庫県豊岡市を訪れ、玄武洞公園(同市赤石)などを視察した。会議は31カ国の約600人が参加して15日に閉幕。その後、希望者らが九州地方はじめ、国内のジオパークの現地視察に出掛けている。

 山陰海岸を選んだのは、台湾の行政、学術関係者ら5人。18日までの2泊3日で3府県の見どころを巡る予定で、16日は京都府京丹後市の立岩や琴引浜を見学した後、玄武洞公園を訪れた。

 公園で豊岡市のマスコットキャラクター「玄さん」が出迎えると、5人は独特の表情や動きが気に入った様子で、早速、記念撮影。続いて地元ガイドが、玄武洞が誕生した経緯について解説すると、熱心にメモをとるなどしていた。台湾・北海岸地域にある自治体の観光局職員施照輝さん(42)は「同じ海岸線の観光資源をどう活用しているか、しっかりと学びたい」と話していた。

 一行は城崎温泉に宿泊した後、17日には神鍋高原の溶岩流のほか、香美町の猿尾滝、新温泉町の山陰海岸ジオパーク館などを訪れる。

 2015年、山陰海岸でアジア太平洋ジオパークネットワークシンポジウムが開催されることが今月決定。300人前後の出席が見込まれ、エリア内の各地域で各国の参加者の視察が予想される。(長嶺麻子)

【写真】玄さんと記念写真に収まる台湾からの参加者ら=玄武洞公園
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-05-17 09:15 | その他

愛知の海栄館に譲渡、雇用維持へ ホテル奥道後

http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20120517/news20120517267.htmle0113829_2133288.jpg

 ホテル奥道後(松山市末町)の運営会社で民事再生手続き中の奥道後国際観光(同市、一色誠社長)の支援先が、愛知県のホテル・旅館運営会社、海栄館(渡辺幸一社長)でほぼ固まったことが16日、分かった。関係者によると17日にも正式決定する見通し。ホテル事業譲渡額は約4億円とみられる。
 海栄館は愛知県を中心に国内で12の旅館・ホテルを経営している。2011年9月期の売上高は約50億円。従業員は約300人。県内では、昨年7月に民事再生法の適用を申請した、ホテルアジュール(今治市湯ノ浦)の運営会社ナウシス(同市)を資金・運営両面で支援している。
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-05-17 00:00 | その他

草津町、温泉情緒演出へ助成

http://www.yomiuri.co.jp/homeguide/news/20120515-OYT8T00789.htm?from=yoltope0113829_0494112.jpge0113829_0494845.jpg

 草津温泉の情緒あふれる雰囲気を維持するため、群馬県草津町は、昨年12月から湯畑周辺など町中心部で昔ながらの建物や看板などに改修を希望する旅館や飲食店に費用を助成している。すでに10件以上の申し込みがあり、観光客の減少を懸念する民間業者の関心の高さをうかがわせる。

 同町は、2011~14年度に共同湯「御座之湯」を新築したり、観光施設「熱の湯」を建て替えたりする湯畑周辺の公共施設整備事業を実施。加えて、今回の「街なみ環境整備事業」を進めることで、観光客が今以上に散策を楽しめる環境を整備する考えだ。

 事業の対象となるのは、町景観条例で「クラシック草津」と位置づけられている湯畑地区や西の河原地区など町中心部の5地区計約24・3ヘクタールのうち、通りに面した場所。

 各地区の土地所有者や建物の所有者、テナント出店者らは、地区ごとに「街づくり協定」(街なみのルール)を策定する。協定には、▽外壁には、塗り壁や板張りなど自然系の素材を使用する▽空調設備やガスボンベなどは格子の囲いや植栽の設置で通りから見えにくくする――といったルールを盛り込む。協定に強制力はないが、その協定に沿った改修を希望すれば、町が原則として上限200万円まで助成する仕組みになっている。昨年12月に助成制度を創設し、300万円を予算措置したところ、昨年度中に旅館や飲食店などから4件の申し込みがあった。

 同町内でそば店を経営する川島武さん(40)は西の河原地区の店舗脇のエアコンの室外機と灯油タンクを木の板で目隠しした。総額約30万円のうち、自己負担は約10万円で済んだという。「周囲でも、ゴミ箱を通りから見えないように隠したりする人も出てくるなど意識が変わってきている」と話す。

 この事業は20年度まで続ける予定で、今年度は800万円を計上しているが、すでに8件の申し込みがあるという。

 こうした町の取り組みの背景には、温泉の入り込み客数が、1994年の307万人をピークに、2011年は264万人と減少傾向にある危機感がある。

 町企画創造課の長井英二課長は「街並み整備の理念を掲げるだけでなく、助成制度を設けたことで事業者も負担が軽減され、実効性が出てくる。観光客が減らないように、魅力アップを図りたい」としている。

【写真】(左)通りから丸見えの灯油タンク(右)木製の塀で囲われ街並みに溶け込んだ(草津町提供)

(2012年5月16日 読売新聞)
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-05-16 00:00 | その他