ジオパーク国際会議:「もてなしの心、伝えたい」 「しまばら半島交流ク」語学ボランティア /長崎

http://mainichi.jp/area/nagasaki/news/20120510ddlk42040498000c.html

 12日に島原市などで開幕する第5回ジオパーク国際ユネスコ会議には、海外から280人が参加する。5カ国語のボランティアが集まる「しまばら半島国際交流クラブ」(前田力代表)の50人も準備に忙しい。

 クラブは10年に結成。07年に同市であった火山都市会議の外国語ボランティア経験者が多い。月2回、語学や地域の歴史・文化の勉強会を重ねてきた。

 会議参加者は中国からが最も多く、132人が参加予定だ。台湾出身で火山会議でも中国語通訳だった中間清子さん(46)は「私が感じてきた島原の温かいもてなしの心を中国の人に伝えたい」。中国・西安から昨年島原に移り中国語教室講師をしている鬼塚玲さん(46)も「ボランティアをすると島原をもっと知ることになる」と張り切っている。

 クラブは12日午後6時、島原市中堀町商店街である「歌で国際交流」コンサートにも出演。「島原の子守唄」などを披露する。【古賀亮至】

〔長崎版〕
[PR]
by mo_gu_sa | 2012-05-10 15:35 | 長崎


<< 武雄市と奈良市観光連携 雲仙・普賢岳:新登山道が開通 ... >>